スオーナダフェリー乗船

以前、徳山(周南市)を訪れたときに見つけて気になっていたスオーナダフェリーに乗る。
といっても、大分の竹田津港近辺は、公共の交通機関が路線バスのみ。
本数も少ない。
そこで、広島からの高速バス「別府ゆけむり号」を利用した。

徳山港の待合所はトイレと自動販売機しかない。
弁当などは少し離れた所にあるコンビニで買うように指示される。

車の同乗者という扱いなので、バスに乗って乗船。
バスから降りると、他の乗船客と同じ扱い。
子供の頃に乗ったことのある、淡路フェリーよりも小さい。

早速、船内を探索。
車両甲板の上は、客室になっていて、空調も完備されている。
船首側から、座席、座敷席、ゲームコーナー。
ゲームコーナーには、カップ麺の自動販売機がある。
売店は閉まっていて、その場所が授乳室になっている。
さらに上の甲板にも座席があるが、こちらは吹きさらし。

そうこうしているうちに、船が港を離れる。
だんだん徳山の石油化学コンビナートが小さくなっていく。
前方に、軍艦のように見える島を発見。
...近づくと、島だった。

このあたりから陸地を大きく離れる。
携帯電話の電波は捕まえている。
普通にネットにも接続できる。
瀬戸内海よりも密度は低いが、ずっと他の船が見えていた。
そろそろ入港の時間、と思ったら、左手に陸地が見えてきた。
前方を見ると、前方にも陸地が。
ぐんぐん陸地が近づいてくる。
ここは漁港のようだ。
下船の準備を促されるので、バスに戻る。

「別府ゆけむり号」は、ここから大分市に向けて走る。
私は豊後高田で降りた。
ちなみに、豊後高田のバス停は、普通の道沿いにある。
ここから観光地の昭和の街はすぐ近くだ。

スポンサーサイト

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

tag : 九州・沖縄

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

owl1192

Author:owl1192
楽天ブログから引っ越し中。
もうオッサンになってしまった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR