エアフェスタ那覇2013

例年、スタートが遅いのに今年は8時台からプログラムスタートの那覇基地航空祭。
しっかり寝坊してしまい、エプロン地区に向かう途中でP-3C+F-15の編隊飛行を見物。

那覇基地と言えば、軍用機よりも民間機をかなり近い位置で見ることができる。
だが、その民間機もLCCの台頭で、小型化が進んで今ひとつ面白くない。
スカイマークが目立つ中、南西航空なる航空会社の派手なオレンジのB737も。
海上自衛隊のヘリが離発着するのは訓練か。
天候は時々晴れ間が見える程度の曇り。
気温の割に風が冷たい。
淡々と、民間機を撮影する。

だが、T-4+F-15の編隊飛行で、最後のF-15のペアが低空で離陸直後にブレイクしたのでテンション上がる。
編隊飛行は、民間機の離着陸に阻まれて、かなり間延びするのだが、編隊自体は立派なものだ。
JTAのジンベイザメ塗装機も見ることができた。
そこでふと気づいた。
あの「南西航空」って、JTAの昔の社名がそんな感じだったのでは?
ちょうど「南西航空」が離陸の順番だった。
尾部にJTAの名前が入っていたのが確認できた。

編隊飛行を終えたT-4とF-15が全機着陸したのを見届けてトイレタイム。
さて、いよいよブルーインパルス。
前回訪問時は、トイレに行っている間に人だかりができてしまっていた。
今回は、ウォークダウンが見える位置を確保できた。
時々、後ろにいる子供が当たってくるのが気になるが、子供なので仕方が無い。

ブルーの離陸は、4+2機編隊の、普通の離陸。
スモークを炊くと民間機の離陸の邪魔になるので仕方が無いか。
久しぶりの滑走路が見える位置。
レンズを振れる範囲が狭い。
といっても、編隊飛行なので、支障はないが。

何度目かの航過飛行で、スモークも炊かずに、微妙な隊形で飛んでいく。
放送がほとんど聞こえなかったのだが、ピンときて、超広角レンズを準備。
やっぱり「サクラ」だった。
だが、背景が灰色の曇り空で、スモークの軌跡が映えず。
次のキューピットも同様。
那覇特有の、距離がある形での演技。
背景が青空だったら、那覇でしか見ることができない最高の状況だったのに。
最後は、クリスマスツリーローパスで演技を終了。
普段はあきらめている展示飛行後のセレモニーも、久しぶりに見た。

結果的に満足して、展示をさらりと見て帰ろうとしたときに、雨が降ってきた。
展示飛行の間、よくもってくれた。
スポンサーサイト

tag : 飛行機

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

owl1192

Author:owl1192
楽天ブログから引っ越し中。
もうオッサンになってしまった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR