第64回正倉院展 (2012)

今年も閉館90分前からのオータムレイト狙いで行く。
奈良の喫茶店で時間を少しつぶして、奈良公園へ。
行ったら、オータムレイトのチケット購入の行列ができていた。
チケットを買うのに10分ほど待つ。
さらに、入館までに5分ほどかかった。
オータムレイトでの入場開始直後に入館しようとすると、時間つぶしなどせずに、17時頃に奈良公園に入るべきだった。

そんなこんなで会場はいつもの混雑。
誰かの感想で「清盛シフト」と言われていたが、双六やら賽やらが展示されている。
大河ドラマ「清盛」、低視聴率で話題だが、個人的にはめちゃめちゃ面白いのだが。
吉川英治の新平家物語を読んでいる親族や、その周辺にも評価が高いのに。
登場人物のが多いうえに
「藤原」「平」「源」さんが多いのと、
「天皇」→「上皇」→「法王」と肩書きが変わるので、中学以降歴史が苦手だった人には敬遠されるのか。

今回の目玉「瑠璃坏(るりのつき)」は、一部屋が割り当てられている。
最前列で見るためには、20分ほどの行列に並ぶ、とのことだったので、2列目から見て次へ。

最後にある紫檀小架[したんのしょうか]まで見れるところだけ見て、振り出しに戻る。
(順路と逆に戻るときには、他の人に注意)
閉館まで一時間を切る頃になると、入場者も減って、最初の部屋はガラガラ。
螺鈿紫檀琵琶[らでんしたんのびわ]の周りも、だいぶ人が減ってきた。
ここから、ゆっくりと見て回る。

最後に、瑠璃坏の行列に並ぶ。
待ち時間は15分。
閉館の案内放送が流れた頃に最前列で見ることができた。
紫檀小架をじっくり見て、追い出される前に帰路についた。

スポンサーサイト

テーマ : イベント
ジャンル : 地域情報

tag : 関西

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

owl1192

Author:owl1192
楽天ブログから引っ越し中。
もうオッサンになってしまった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR