くろしお1号、(ほぼ)乗り通し

3連休の旅行は、くろしお号を乗り通すことも考えた。
が、一番の目的を那智の滝を見る、に据えたので、終点の一つ手前の紀伊勝浦駅で降りることになった。
子供の頃に、勝浦までは来ているはずだが、熱を出したこともあり、記憶はあいまいだ。
当時も特急「くろしお」で、天王寺から乗ったことは覚えている。
はっきりとは覚えていないが、線路の終端だったような記憶がある。

1週間前に予約したので、早割が適用されて、格安でグリーン車に乗ることができた。
4時間ほどかかる旅も、グリーン車なら快適だ。
ただ、近くの労働者が、仕事の話をしているのが気になった。
(話している内容が面白くて。ここに書けない内容なのが残念)

勝浦まで乗ったが、「やくも」のような不自然な揺れは感じなかった。
車両がかつてオーシャンアローだった新型だからかもしれないが。

車内販売が、和歌山-白浜の間しかないのは寂しい。
確かに和歌山-白浜間は乗客も多かった。

子供の頃に訪ねたときは、帰りは急行で帰ってきたはず。
途中で、何度か車内の灯りが消えたことと、冷凍ミカンが熱でほてった体に美味しかったのを覚えている、

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

tag : 鉄道 関西

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

owl1192

Author:owl1192
楽天ブログから引っ越し中。
もうオッサンになってしまった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR