FC2ブログ

大晦日

2008年最後の日。
例年通り実家で過ごす。
今年は紅白歌合戦にPerfumeが出る。
実家ではアナログだし、家で録画予約はしてあるが、Perfumeの出番の時にテレビの前にいたので見た。
普段はテレビでやらないポリループを見せたが間奏と後ろは省略されていたなあ。

と、いうわけで、2008年の日記も終了。
次は、うちに戻ってからかな。

スポンサーサイト

年末行事2008

正月前で帰省している兄の一家と、祖母の見舞いに行く。
前と状況はあまり変わっていないが、祖母にとっては見慣れない人が多かったのか、ずいぶんと祖母がそわそわしている。
...足の骨を折って入院している祖母は、何も出来ないのだけれど。
認知症も進んでいるのだが、話しているうちに記憶が繋がってくるようで、結構まともに会話も出来る。

見舞いに行った後、夕食時だったので、回転寿司へ。
均一料金ではない回転寿司だったが、大人5人と中学生と高校生で、2万円近くかかった。
私も、高校生の時なら、あのくらい食べていたかなあ。

帰省準備

失敗した年賀状の分を調達するために街に出る。
が、昨日まで臨時で売っていた場所に、郵便会社の人はいなかった。
帰り道、家電量販店の近くで年賀はがきを売っているのを発見。

後で立ち寄ろうと先に家電量販店に入る。
ここではお年玉袋を閉じるシールを買う。
名前用のシールとして、はがきサイズの紙に9片とか16片のカットしてあるシール用紙が売っている。
それを買おうとしたが、よく見ると顔料インクのプリンタには使えません、と書いてある。
うちのプリンタMP810は、顔料インクなのでダメだ。
探してみたが、この店には顔料インクが使える用紙は少ない。
仕方がないので、カットされていない用紙を買った。

で、外に出ると、先ほどの年賀はがき移動販売が消えていた。
しまった。
あとはどこで売っているだろう。
ふと思い出したのが、郵便局。
そうだ、郵便局が開いているかも知れない。
行ってみたら、ちゃんと営業していた。
これで年賀はがきもゲット。

年賀状作成

昨日の作りかけの年賀状を、頭がリセットされた形でもう一度見る。

楽々はがきの画面を見ると、画面上のガイドに「背景」という項目がある。
ここにあるサンプルを選ぶと、背景にその画像が適用される。
これだけで、飾り文字と写真を配置しただけの年賀はがきのイメージが、がらりと変わる。
これはいい。
これぞ求めていた物だ。

いろいろとある素材を当てはめてみて、それに合わせて文字色も変える。
一番ぴったりとくるデザインに決定。

あとは印刷するだけだ。
こんな時のために、はがきサイズの試し刷り用紙を用意してある。
と言っても、年賀はがきではない、というだけで、切手を貼って出せる上等の紙だが。


FUJIFILM 画彩 光沢仕上げ はがき 100枚入り C2100


これでレイアウトを確認する。
しまった、フチなし印刷にすると、文字が端に寄りすぎている。
再びレイアウトを調節して印刷。
これでOK。
あとはプリンタに任せておけばよい。

うちのプリンタキヤノンのMP810は、はがきの両面印刷に対応している。
楽々はがきも両面印刷対応なので、あとは放っておくと一通り印刷されて出てくる。
これに署名をすれば、出すだけ。

...しまった。
出さなくていい人の分を印刷してしまって、年賀状が足りなくなった。
明日、追加で年賀状を買いに行かないと。

年末・年始休暇

毎年、この季節はばたばたしていて会社は休みでも休めない。
今日は、だらだらと過ごしている間に太陽が沈んでしまった。

これではあまりにももったいないので、夜になってからがんばった。
もう、外に出て何かをする気にはならないので、年賀状のデザインだけでもしてしまうことにする。
年賀状ソフトは、買うつもりはあまりなかったがジャストシステムに寄付、ということで買ってしまった。
で、買ったソフトをどこへやったっけ?

というわけで、先日ケーブルテレビの工事が来たときに、適当に押し込んだモノたちの中を探す。
たしか、大きな封筒に入って来ていたよな。
などと、一つ箱を開けて、ふと目線を上げたところにその封筒はあった。

さっさと「楽々はがき」をインストールしてデザインを考える。
デザインは、頭の中で決めてあるので、あとは今年大量に撮影した画像の中から適切な絵を選ぶだけだ。
解説が必要な絵は避けて、ぱっと見て判る絵を選んで貼り付ける。
写真としては今ひとつでも、はがきの上に縮小して印刷するのなら問題ない。

あとは文字を入れて完成。
...したけど、なんか少し寂しい。
まだ年賀はがきも買っていないし、続きはまた明日。


仕事納め

今日、一足早く仕事納めを迎えた。
会社としては29日も営業日なのだが、29日は有給休暇、ということで。
年内に済ませたい事はいろいろとあったのだが、今週はトラブル対応に追われて、あまり作業が進まず。
さらに、司令塔になるリーダーが別の案件で出張となってしまい、意志決定が進まない。
そんなわけで、できるかぎりのことだけをやって、あとは来年に持ち越し。

来年の年明けが怖いような。
まあ、正月休みですっかりリセットされているところから、どん底に落ちるくらいだろうけど。

ガスファンヒーター故障

ある日の朝、ファンヒーターを消そうと電源ボタンを押したが反応しない。
コンセントを抜いて、強制的に電源を切った。

再度コンセントを入れたが、温度表示部が“00”で点滅して一切の操作を受け付けない。
しばらく暖かかったので、そのまま放置していたが、ここのところ冬の寒さが戻ってきた。
修理に出すと帰ってくるまで時間がかかりそうだったので、ガスファンヒーターを買い換えた。
待望のおやすみタイマーも付いている。

【送料無料】★大阪ガス 【暖房器具】ガスファンヒーター(都市ガス13A用 木造7畳/コンクリート9畳)【税込】 1-140-9252-24W-13A [1140925224W13A]

うちのエアコンは、あらかじめ部屋に付いていた物だ。
旧機種で安物なので、性能が低い。
ガスファンヒーターと、暖房能力では雲泥の差がある。

前にも書いたが、石油ファンヒータと違い、給油の必要がないのと小さいのがガスファンヒーターの強み。
その代わり、ガス管が必要だが、昔の水色の奴と違って頑丈で抜けない安全設計になっている。
ちなみに、都市ガスは、地域によってガスの種類が異なるのだが、東京ガスと大阪ガスは両方とも13Aになっている。
ひょっとすると、各会社の地域内でも異なるかも知れない。

これで、朝もすぐに部屋が暖まり、目覚めも良くなった(?)
壊れた方も、基幹部品の故障ではなさそうなので、修理して置いておこうかな。

MORE! MORE! MORE! - capsule

「JUMPER」が入ったcapsuleのアルバムMORE! MORE! MORE!を探す。
発売は先月で、初回限定版にはDVDが付いている。
こうなったら、初回限定版を探すしかないでしょう。

と言うわけで、まず月曜日は仕事を早めに切り上げて、会社近くの家電量販店に終業間際に入り込む。
が、ここには通常版が一枚置いてあるだけで、限定版がない。
蛍の光を聞きながら何も買わずに店を後にする。

火曜日は天皇誕生日でお休み。
散髪を済ませて梅田に向かう。
が、梅田のCDショップも通常版しか置いていない。
あと、大きなCDショップと言えば、日本橋か。
と言うわけで日本橋まで足を伸ばす。

日曜日も大阪市営地下鉄に乗ったところだ。
録画した番組を消すか、その場で最後まで見ていれば、こんなの事にならなかったのに、と後悔しつつ、日本橋のディスクピアへ。
大きなお店は、入ってくる量も多いが回転も速そうだ。
あるかどうか心配だったが、ここには置いてあった。
しかも、ポスター付き。

家に帰って聴いてみる。
JUMPERを、うちのオーディオで聴くと、低音の鳴り方が暴力的だ。
思わずボリュームを下げてしまった。
これが、PCで鳴らすとそこまで強烈ではない。
やっぱり、うちのオーディオは素晴らしい。
こうなると、PCのロスレス音源をオーディオで鳴らしたいところだ。


MORE!MORE!MORE!/capsule[CD]

師走の散髪

最近は、少し早めに家を出て、会社近くの8時から開いている散髪屋に行くのがお気に入りだ。
しかし、最近は「少し早めに家を出る」ことが辛くて、これができていない。
そろそろ髪の毛もうっとおしくなってきたので、あきらめて近所の散髪屋に行く事にした。
理髪店、と言ってもいいのだが、1500円のお店なので散髪屋でいいだろう。
ちなみに会社近くの店は1800円だったと思う。

よく混むので、混雑していると時間がかかるだろうなあ、と思っていたら、待ち時間なしで散髪できたので拍子抜け。
師走で休みの日なのに。
運が良かったのか。
ここは、黙っていると長めになるので、短めに切ってもらうように頼む。
久しぶりにうっとうしくなるくらい伸ばしていたので、かなり短くなった気がする。

でも、この季節にこれだけ髪の長さが変わると、頭が涼しいなあ。

JUMPER-capsule

昨日、BDZ-X95が勝手に(自動的に)録画した番組を見ていたら、capsuleのライブが入っていた。
JUMPERと言う曲を演奏?しているのだが、テレビを通してみていると、盛り上がり方が尋常ではない。
中田ヤスタカが機械で怪しい成分の入った音を信者?に送っているように見える。
などと書きつつ、私の耳から脳みそにかけても、その怪しい成分に毒されてしまったようだ。
一度聞いてすっかりハマってしまった。

調べてみたら、capsuleの新譜らしい。

capsule『JUMPER』

これは買わねば。
是非地デジの音ではなく、CDの音質で聞きたい。

中田ヤスタカは
「音楽で伝えたい事とか、あまりないんで」
と言い切ってしまうところは、そこまで言うか、と思いつつも凄いと言わざるを得ない。
ボーカルすらコンピュータを通して変えてしまうとは、数年前には考えもしなかった。
しかも、それを音響効果ではなく、メインに持ってくるなんて。

NHK気象予報士カレンダー2009

実家から戻る途中、ナンバの旭屋書店で買った。
今年は、見本もなく、適当に並んでいるカレンダー売り場から探し出す、といったかんじだ。
中身は、去年以上に微妙な感じ。
2007年はかなり話題になって、楽天ブックスでもかなり早い時期に売り切れになったが、最近はすっかりNHK関連のカレンダーの一つになっているようだ。

カレンダー、といえば
昔、銀河英雄伝説のカレンダーを買った事がある。
内容はいいのだが、カレンダーの文字の部分が小さくて、実用性はなかった。
あと、年が明けてから半額だったので買った国仲涼子さんのカレンダー。
これは、なかなかよかった。

カレンダーは、種類が多くて短期勝負の商品だ。
だから、お気に入りの銘柄を探すのが難しい。
「猫めくり 番外編2009」を手に入れる事ができるのだろうか。

お見舞い

祖母のお見舞いに行ってきた。
年回時間には少し早かったが、気にせずに入る。

話で聞いていたよりも元気そうだった。
入れ歯を入れていないのと、酸素マスクのためか、話しにくそうだ。
認知症が進んでいて、今ひとつ会話がかみ合わない。
が、私が孫だという事は判ったようだ。
この調子なら、年を越せそうだ。
少し安心した。

ただ、持病が悪化する可能性があるので積極的な治療はしない。
リハビリも、認知症があるので、大幅な改善は望めない。
という現実も。
ついでに、医療制度の関係で、入院期間も限られている。
祖母の場合は、ケアマネージャーさんががんばってくれたおかげで、退院させられても居場所はあるそうだが。

長生きできるようになったのはいいが、また別の問題があることを再認識させられる。

派遣切り

昼休みの食堂で。
工場で働く人が、契約社員との契約を更新しない、という話をしていた。
一人切るなら、遅刻や欠勤が多いあいつだな、という話をしていた。
誰かは知らないが、契約期間満了で、再契約されないようだ。

今の会社の製品は、比較的不況の波を受けにくく、波が来るにしても遅れてやってくるのだが。
今の会社は、キヤノンのように、法律スレスレで労働者を使い捨てる非道な会社ではないようだ。
それでも、今後を見越して、特に製造業務に携わる派遣社員は減らしていくようだ。

昔のように、ときどき残業もするけど、一日8時間機械のように働いて、生活の糧を得る。
それで衣食住不自由せずに生きられる時代は、もう来ないのだろうか。

一時期「派遣という生き方」なんてもてはやされた?事がある。
正社員の私が様々なトラブルの為に延々と残業している中、与えられた事だけをやってさっさと帰れる彼らを、少しうらやましく思った事もある。
しかし、転職の時は、派遣という生き方は全く考えなかった。

出張-新幹線編

新大阪発6時台の「ひかりレールスター」で九州へ。
前日に予約したときは座席指定せずに窓側が予約できたので、さほど混雑してはいないだろう、と思っていた。
が、甘かった。
新大阪駅ですでに隣に人がいる。

新大阪を出たときは、まだ車内には空席が目立っていたが、新神戸、姫路と停車するごとに客が増える。
岡山を出たところで、空いている列は見えなくなった。
次の福山で何人か降りる。
その次の広島で半分くらいの人が降りて、降りた人の三分の一くらいの人が乗ってきた。
広島で、私の隣にいた恰幅のいい紳士も降りた。

のどが渇いたのでジュースでも、と思ったが、ペットボトルのジュースしかない。
暖房もゆるめで体を冷やしたくなかったのでもういっぱいコーヒーを飲む。
パーサーさんが、新大阪と広島ではコーヒーの豆が違うんですよ、と教えてくれた。

コーヒーを片手に、大きく減速して通過していく徳山の工場群を楽しんだ後、新山口駅に停車。
ここでも何人かの乗り降りがあった。
そういえば、この間の0系さよなら運転の時、撮影を邪魔したレールスターがあった。
今日乗ったのは、まさにその列車だったようだ。

厚狭と新下関の間で、不思議な雲を発見。
よく見ると、川に沿って雲が発生していた。

小倉駅で、何人かの人が降りて、その倍以上の人が乗ってきた。
小倉-博多間は、自由席特急券で、空いている指定席に乗ってもいい、と言う噂があるが本当だろうか?

帰りは、いつものように500系の「のぞみ」で帰る。
博多なら時間を潰すところに困らないので、18時まで待つ。
前回博多に来たときよりも、さらに空が暗い。
冬至も近いので、撮影には厳しい条件だ。
この明るさでは動いているところは期待できない。

博多駅に入った500系を迎えて、思いつく姿を撮影した後、車内に入る。
博多駅を出発したときには、私が取ったE列のとなりに人はいなかった。
東京からなら、新横浜を過ぎれば当分停車しないので安心だが、山陽新幹線はあちこちで停車する。
だから、隣に人がいなくても、途中駅で乗ってくる可能性が大いにあるのですぐによけられるようにしておく。

小倉を出ても隣に人は来ないし、車内は空席が目立つ。
広島までは混雑しないだろう、とみて弁当を広げる。
車内販売がやってきたので、開放感も手伝ってついついビールを買ってしまう。
ここのところ、毎日酒を飲んでいる気がする。

徳山でも数人乗ってきて、広島で一気に空席が減った。
が、私の隣は空いたままだ。
岡山でもさらに乗客は増えたが、私の隣は空いたまま。
結局、新大阪まで、私の隣に人は来なかった。
東京に向かう500系を見送ったが、まだ空席はちらほらと残っている。
そうと判っていれば、もう少しくつろげたかな。

出張

0系新幹線さよなら運転の興奮がまだ残っている中、再び新幹線で出張。
今回の同行者は仕事はできるのだが普段から態度が大きくて、苦手な人だ。
こちらはお客様を訪問する、というのに、約束の時間に遅れるか?
Webの経路検索ソフトの時間ぎりぎりで日程を組む奴があるか

と、内心腹が立っていたが、それを表面に出さず、淡々と仕事をこなして帰ってきた。
この野郎、いつか吠え面かかせてやる

祖母の急病

母親からメールが届いた。
祖母の具合がよくないので、都合が付けば週末に来るように、とのこと。
そういえば、この祖母の顔は長い間見ていない。
実家にいた頃は、年末に会っていたのだが。
最近は父がときどき顔を見に行くのと、祖母が施設にショートステイを始めた、とかで、私の都合と合わなくて、祖母の顔を見に行く機会がない。
前に実家に帰ったときに、父が撮ったビデオを見た。
認知症が進んでいるらしいが、見たところ私の記憶とあまり変わっていない。
いい機会だし、週末のお見舞いツアーに便乗するか。

さよなら0系新幹線-その3

今回は、13, 14日とも広島駅でいったん改札の外に出た。
13日は、新岩国駅でもいったん改札の外に出たが、周りは何もなさそうだったので、すぐに中に戻った。
これをすると、少なくとも特急券は買い直しになるので費用はかかるが、新幹線の「新」の字が付いた駅では、駅の中の施設にはあまり期待できないので。

そんななか、すべての列車が停車する、広島駅では、いくつかのイベントを開催していた。
ちなみに、13日の昼には、0系引退関連の弁当などは売り切れていた。
そのうちの一つ、0系引退記念、昔懐かしのカレーがあったので、それを食べてみる。
出てきたのは、金属の皿にのった、色が薄い黄色っぽいカレー。
大きなジャガイモがゴロンと転がっている。

味は薄味で、最近の凝ったカレーとは別の味がする。
後ろの年配の男性が、
「昔はこれにソースをかけて食べた」
と言っていたが、濃い味の食べ物が欲しいときは、確かにソースをかけたくなる。
ちなみに価格は特別価格の380円。

特別価格のカレーだけを食べるのもなんだか気の毒だったので、コーヒーを付けた。

さよなら0系新幹線-その2

新山口で迎えた朝。
目が覚めるのは早かったが、体が動かなかったのでそのままだらだらと過ごす。
とりあえず、上りの0系は新山口駅で見送ることにする。
宿が在来線側だったので、新幹線に乗るには反対側に行かなければならない。
とりあえず乗車券だけでも、と思ったが、新山口駅の在来線側にはクレジットカードが使えるみどりの券売機が見あたらない。
仕方がないので窓口で乗車券だけを買う。

で、結局新山口駅にいったん戻ってくるか、大阪に帰るか決心が付かず、とりあえず新岩国駅で降りて、昨日と同様500系の通過を待つことにする。
しかし、ここで問題が発生。
エクスプレス予約で新山口駅から新岩国駅までの特急券を買おうとすると、
「その時間に予約できる列車がありません」
と出てきて買わせてくれない。
時間もないし、昨日と同じコースでいいか、と広島までの自由席券を買う。

いよいよ上りの0系がやってくる時間が近づいてきた。
新山口駅は、16両編成の「のぞみ」もやってくる。
じゃまをされたら悲しいが、案内表示によると、あと2本は「レールスター」なので、ホームの端でなくても撮影できそうだ。
そう読んで、8両の列車が停車してもじゃまにならないところで0系の通過を待つ。
そろそろ、と言うときに、無情にも下りの「レールスター」がやってきた。
点字ブロックの内側に下がって、早く来てくれ、と念じているうちに目の前を700系レールスターがゆっくりと通過していく。
そのとき、博多方から列車の音がした。
まさか、と思ってカメラを構えたら、それが0系だった。
夢中でシャッターを切る。

0系の撮影を終えて帰ろうとすると、今度は16両編成の「こだま」が。
何が来るのかと思ったら、JR西日本の300系だった。
博多総合車両所へ列車を送り込むスジだろう。

お土産を買って、新岩国駅に停車する「こだま」を待つ。
今回は、特急券がエクスプレス予約で買えなかったせいで、新岩国駅に貢献できないのが残念だ。
新岩国駅で、500系「のぞみ」を待つ。
昨日と同様、8両編成の500系「こだま」がやってきた。
昨日はこれを300系「のぞみ」が追い抜いていったのだが、今日はそれはなかった。
そのまま待っていると、昨日と同様、回送の0系がやってきた。
せっかくなので、近づいて撮影しまくった。

0系を見送ると、広島までの一駅「こだま」の旅。
広島駅で、昼食にする。

ここで重要な判断を下す。
昨日と同様、新山口駅に行って500系を追い抜くところを撮影するか、このまま大阪近くで明るいところで0系の通過を見送るか。
迷ったが、当初の計画通り、岡山ー広島間で通過待ちをすることに決めた。
昨日は曇っていたとはいえ、かなり暗かったし、今日、たとえ晴れたとしても、シャッター速度は稼げないだろう、との判断だ。
広島から新大阪駅までの自由席特急券を買って、再び新幹線に乗る。
目指すは岡山駅の一つ手前、新倉敷駅。

広島を出た後、0系らしき車両とすれ違った。
しまった、と思ったがもう遅い。
新倉敷の手前で、雨の音がした。
天気がかなり悪い。
シャッター速度を稼ごうとすると、露出が確保できない。
たっぷり待つ間、通過列車を撮影しながら露出を決める。
そろそろ待ちくたびれて、体が冷えた頃に、ようやくお目当ての0系がやってきた。
新山口駅の時と同様、夢中でシャッターを切る。
結果は、やっぱりもう少し日がないと無理だ。
50mm F1.4のレンズを持ってこなかったことが悔やまれる。
飛行機と違って、鉄道なら広角から標準レンズでもうまくやれば撮影できる。
今日とか、昨日の新山口駅みたいな場面では、明るいレンズが必要だったのだ。
今回は「まさにこれ」といった成果は上がらなかった。
まずい、明るい標準レンズが欲しくなってきた。

さよなら0系新幹線

前日帰るのが遅くなったけど、それにもめげずに出発。
新岩国駅で「ひかり356号」を待つ。
下りホームには500系「こだま」が停まっているところにやってきた。

その後、回送で再び0系が現れる。
実は、ひかり356号を待っていたファンに、新岩国駅の警備員さんが教えて回っていた。
こちらは本線を通過しないけど、じっくり観察することができた。
明日走ればお役御免のはずだが、ぴかぴかに仕上がっていた。

今度は下り。
「ひかり355号」を、同じく新岩国駅で待つ。
午前中は逆光だった上りホームで待つ。
曇っているおかげで、ちょうどいい感じの光だ。
親切にも
「あと3分ほどで通過します」
「間もなく通過します」
と放送された。

次は新山口駅に移動して、0系新幹線が500系新幹線を追い抜く世紀の瞬間を待つ。
が、新岩国駅では味方だった曇り空が災いして、辺りが暗い。
感度を1600にしても、シャッター速度を上げると露出がアンダーになる。
上りホームには、世紀の瞬間を待つ人が並んでいる。
上りの「のぞみ」が停車している間に、下りの「500系のぞみ」が通過してしまったのが残念。

新山口駅に500系こだまがやってきて、いよいよ世紀の瞬間が近づいてくる。
あたりはさらに暗くなっていて、感度を上げても撮影すると真っ暗だ。
仕方がないのでシャッター速度を下げたところで、0系がやってきた。
警笛を鳴らしながら新山口駅を通過。
私はファインダー越しにその姿を見た。

これで今日の祭りは終了だ。
明日も天気が悪いらしいので、新山口駅での撮影はかなり厳しいだろう。
さて、明日はどこで撮影しよう?

紙の爆弾 2009年1月号

月刊誌の悲しさで、そろそろ世間が忘れた頃にオバマ大統領の特集。
なぜか、紙の爆弾にはオバマ氏に批判的な記事が多い。

ついでに、今頃麻生さんの批判記事が出ている。
麻生さんの人気がここまで下がるとは、「紙の爆弾」編集部も考えていなかっただろう。
ついでに、麻生首相邸見学ツアーの不当逮捕に関する記事が出ている。
しかし、未だに「ころび公妨」とは。
アンサイクロペディアのJASRACの項目を思い出してしまった。
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/JASRAC

あと、キラメキ☆東京漂流記に「お肉の情報館」という施設が紹介されていた。
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/syokuniku/rekisi-keihatu/rekisi-keihatu-03-01/
行ってみようか、と思ったが、土日祝日は休み。
残念。

出張は新幹線で

出張に行く事になった。
私はどちらかというと飛行機の方が好きだ。
が、勤務先では飛行機で出張する場合は上司の許可が必要になっている。
もしも、無許可で飛行機で行って、遅刻でもしようものなら問題になりそう。

前の会社だと、上司が飛行機に理解のある人だったし、一緒に行く先輩社員が関空の近くの泉佐野に住んでいる人で、彼が持ってくる仕事だと、東京でも関空発の飛行機にぴったりの時間に予定が入る。
料金的には前日予約の割引運賃(特便割得1や特割1)でも新幹線の方が多少は安かったと思うが、文句を言われたことはない。

とはいえ、今は飛行機の運賃が上がってしまって、新幹線の方が東京でも福岡でも安く付く場合が多い。
JR西日本に儲けさせるのはいいのだが、確実な運行こそ最大のサービス、とばかり、画一的で面白みに欠けるJR東海を儲けさせるのは面白くない。

2時間以上、席にじっとしているのは疲れるのだけれど、今回は新幹線だ。





一時金

世間ではボーナスと言う。
が、これには月給に本来は含まれるべき部分も含んでいる、という労働組合の意見に賛同しているので一時金、だ。
前の会社も今の会社も成績に連動した分がある。
前の会社は今の会社よりも会社の業績と個人の業績によって変動する額が多かった。

で、先期は会社の業績もよく
(金融恐慌の前の業績に連動しているので)
個人の業績も一つ大きな開発が終わったので、ご祝儀評価だったので、金額も多めだ。

来年は、業績連動分ががくっと下がることは避けられそうにない。
しばらくは、こんな金額をもらえないだろうなあ。

アップデート完了

BDZ-X95の時計表示部に、メールのマークが付いている。
メニューをいじっていると、メールが読めた。
(「設定」→「お知らせ」→「メール」→「自己メール」)

ソフトウェアの自動アップデートが終了した、らしい。
何が変わったのか調べてみた。
http://www.sony.jp/bd/support/information/20081208.html
大したことは書いていないのでリンクにはしていないが、まあ何かあったようだ。
「その他の改善」が気になるが。

それにしても、家電もPCにちかくなったもんだ。

久しぶりの飛行機

築城基地へ行くときは、三連休を甘く見たおかげで飛行機の予約が取れなかった。
が、今回は普通の週末ということで、宮崎への航空券は直前に予約した。
「ビジネスきっぷ」だが割引率は高くない。
しかも、運行が日本エアコミューター(JAC)なので、JALの株主優待券が使えない。
だからJALの株主優待券の市場価格は安いのだ、と思う。

飛行機に乗るのは、先月初めの入間基地航空祭へ向かう東京便以来。
天候が悪くて宮崎空港へのアプローチ中は結構揺れた。
伊丹空港から離陸時に昆陽池が見えるA列を予約したが、宮崎空港に海側から
着陸する場合は、反対側だとシーガイアが見えそうだ。
ちなみに、土曜日の昼なのに宮崎行きは満席だった。

帰りの便。
雨がぱらついている。
帰りもJACのプロペラ機。
雲の中を上昇するときは、いつ大きく揺れるかとドキドキだった。
が、怖い揺れを体験することなく、雲の上に出た。
途中、四国の海岸線が少し見えただけで、あとは雲の上の飛行。

大阪に近づいてきて、再び降下を開始する。
降下時にもあまり揺れる事はなく、雲の下に出ると、関西国際空港が見えた。
あまり昼間に伊丹への着陸はしないので、たまにはこんな風景もいい。
天気が悪いので南に向かって着陸するか、と思ったが、いつものように北向きに着陸。

前回は大分まで鉄道で往復したが、帰りは混雑していたこともあって、かなり疲れた。
飛行機だと、満席でも1時間程度なので我慢もできる。

新田原基地航空祭

新田原は初参加。
で、客足が読めないので、バスの出発点までタクシーで移動。
おかげで座って会場まで行く事ができたが、ラスト2kmくらいが渋滞で時間がかかる。
会場に着いたら、オープニングフライトに向けてF-15が飛び立っていくところだった。

オープニングフライトも、12機も出てきて派手。
しかも、エプロン地区の上を通過していく事もあるので、見ていて面白い。

先にF-4が離陸していった後、飛行教導隊の機動飛行。
それが終わった後、先に飛んでいったF-4が帰ってきて地上攻撃のデモを行う。
築城のF-2と同様、飛行機が突っ込んでくるのが興味深い。
次に、築城からやってきたF-2の機動飛行。
F-2の緑の塗装は、新田原の山に溶け込んでしまうので、見失うと発見するのに苦労する。

その後は救難展示。
パラシュートで降下するのは初めて見た。
パラシュートは2つなのだが、もう一つ空に物体が見える。
何か判らなくて、望遠レンズで見たら、なんとジャンボジェットが遙か上空を飛んでいた。

続いて、飛行教育航空隊のF-15の機動飛行。
さらに、F-4の機動飛行が行われた。
F-4は、私が今まで行った航空祭ではあまり飛ばなかったので、ここで派手な機動を見せてくれるのは面白い。

昼休みを挟んで、昼一番は空挺降下。
入間基地で展示機だった特別塗装のC-1が登場。
こいつが飛んでいるところを見る事ができるとは。

最後はブルーインパルス。
私が参加する今年の航空祭はここで最後。
今年は美保(天候不良でほとんど飛ばず)、小松(雨)、浜松(曇り)と、天候に恵まれなかった。
が、最後の最後に晴天の下、最高の演技を見る事ができた。
隊長機のパイロットが、これで最後のアクロバット飛行、とのこと。
この後、那覇基地航空祭があるが、あちらはアクロバット飛行とは呼ばないようだ。
最後は晴れて大満足で基地を後にした。

ホテルに帰って、顔の出っ張ったところが日焼けしているのに気づいた。
南国宮崎の日差しは12月に入っても強いようだ。

宮崎空港線

大阪から宮崎まで、飛行機でやってきた。
一度乗ってみようと思っていた、宮崎空港線の駅まで行く。
ところが、列車は出たばかりなのか、約1時間待ち。

とりあえず宮崎空港で時間をつぶす。
再び宮崎空港駅に戻ってきたときには、改札が始まっていた。
宮崎空港駅から宮崎駅までは、特急料金なしで特急列車に乗れる。
が、特急型車両に、新田原基地航空祭に行くとおぼしきカメラバッグやら脚立やらを持った人たちであふれている。
しかも、宮崎までの途中駅からも客が乗ってくる。
このままどこまで行くのかと思ったら、宮崎駅でかなりの人が降りた。

前に来たときと変わらず、宮崎駅は自動改札ではなかった。
県庁所在地の代表駅なのに。
それだけ、鉄道が重要視されていないのかな。

tag : 九州・沖縄

小集団課外活動

社内の組織で、忘年会を開くことになった。
正式な部署の忘年会なら、部署の人数が多いから、一人くらい欠席しても分からないのだが、今回は人数が少ないので逃げられない。
というわけで、参加することにした。

人数が少ないし、若手が多いので、最初は盛り上げることに徹する。
アルコールが入って、場が盛り上がってきたら、私の役目は終了だ。
今回の忘年会を主催した人のノリが分からないので、ある程度場が盛り上がったら、聞き役に徹することにする。
...やっぱり、この人は説教型か。
予定より1時間ほどオーバーしたが、お開きになったので、二次会はパスしてそのまま帰路に就いた。

私は酒は飲めるが、どうもあの宴会の雰囲気が苦手だ。
前の会社では、飲めない奴が多かったが、アルコール抜きでも結構盛り上がったのだが。
年長者の私がいるのに、いきなり転職願望を熱く語る奴もいたし
ちなみに、その彼は私より先に無事に転職して、前の会社よりもやりがいのある仕事に就いた。

郵便-その2

不在時にポストに入らない郵便物が届いたので、不在配達通知が入っていた。
そこで、確実に家にいる夜の時間を指定。
会社から戻ってくると、なぜか同じ荷物の不在配達通知が。
あれ、時間の指定をし忘れたっけ。

と思ったが、指定した時間帯に、郵便屋さんがばつの悪そうな表情で
「どうもすいません。」
と謝罪して荷物を持ってきた。

ところが、同じ番号の荷物について
「連絡がないなら、送り主に荷物を返しちゃうぞ」
という連絡ハガキが。

どうなっているんだ、郵便屋さん。

外勤

久しぶりに営業所を訪問。
商談のためだが、その前にデモ用PCの準備がある。
デモ用のPCをセットアップしている間、営業さんはどこかに行ってしまった。
営業さんは、一部では名の知れた人で、上司からもうまくやるよう言われている。

以前訪問した同僚から、
「ここには気むずかしい人がいる」
と脅されていたが、何事もなく終了。
後で聞いたら、その気むずかしい人は異動していなくなったらしい。
よかった。

どうでもいいけど、営業所のアシスタントの女性。
同僚と話しているときの声と、電話に出たときの声でトーンが全く違う。
あの営業ボイスはどこから出ているのだろう?

デノンのヘッドフォン娘

とあるお店に貼ってあったデノンのヘッドフォンのポスター。
この娘は誰?と思って調べてみた。

一度目は出てこなかったが、いくつかの検索語を試してみると、出てきた。
http://ameblo.jp/ganbaema/entry-10150823472.html
このブログのエントリによると、彼女は「田中あさみ」さん。
公式ページにプロフィールが紹介されている。

うちにはデノンの前のDENON(デンオン)時代のオーディオ機器がアンプ、スピーカ、チューナー、それにパイオニアからのOEMだけれどレーザーディスクプレーヤと、結構揃っている。

このポスターに惹かれたから、デノンのノイズキャンセルヘッドフォンを買おうかな。

【期間限定特価!】【送料無料】★DENON ノイズキャンセリングステレオヘッドホン(シルバー)【税込】 AH-NC732-S [AHNC732S]
FC2カウンター
プロフィール

owl1192

Author:owl1192
楽天ブログから引っ越し中。
もうオッサンになってしまった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR