なんで?

W62SHは、PCで作ったテキストファイルをコピーできない。
W31Tは、テキストファイルを携帯電話で開いて、本文をコピーできたのに。
やろうと思ったら、メールで送るしかない。
ついでにPCファイルビューアのテキストも見るだけ。
俺様からパケット代ををむしり取る魂胆か。
スポンサーサイト

秋なのに

再びスポット冷房がOnになった私の職場。

私が勤めているビルの空調は集中管理だ。
ここ数日は冷え込んでいるので、(余計な)気を利かせて暖房にした。
ところが、レイアウト変更の後、ずらりと並んだOA機器が発する熱は予想以上で、あちこちから苦情が出たらしい。

これまでも正午頃は暑かったが、一部で暖房をかけてそれに拍車がかかった。
とりあえず、うちの大部屋の空調は止めてあるらしい。
そして、柱には温度計がぶら下がっていて、これで数日様子を見て、対策を練るそうだ。

ちなみに、人が減ってくる夜7時を過ぎたあたりから、過ごしやすくなる、というかひんやりしてくる。
こんなところに秋を感じる。

Cool Idea

新幹線ネタをもう一つ。
「どの席でもよい」
で予約したら、3列席の窓側を割り当てられた。
やってきた列車に乗り込むと、私の席は進行方向と逆を向いている。

さっさと座席を回そうとすると、前の座席が倒されているので回らない。
前を見ると、金髪の家族連れだ。
幸い、話しているのは英語だ。

「Excuse me」
お父さん?が振り向いた。
「Please your seat back.....???」
え~っと、飛行機が離着陸する前は、何て言ってたっけ?
と、考えながらあとは身振り手振り。

ちゃんと通じたので、お父さん?とお母さん?は協力してくれた。
が、機嫌が悪い女の子が
「さっき倒したばっかりなのに!」
とごねている。
「ちょっとだけだから、ね。」
と諭されて、彼女もようやくシートを元に戻した。

シートが動くようになったので、進行方向に向ける。
ゴネていた女の子は、すぐにまたシートを倒してきた。

「俺たちもやろうぜ」
と前の親子連れが言っている。
私の2つ前の人たちと同じ団体のようだ。
向かい合った、たぶん二組の家族。
「Cool idea!」
と言っている。

シートが進行方向を向いているのが当たり前なのは、日本だけ、と言う話を聞いたことがある。
そういえば、アメリカで乗った鉄道は、シートが回るような機構は付いていなかったなあ。
もっとも、あれは新幹線のようなExpressではなかったけど。

W05K on 山陽新幹線

九州出張のお供に、W05Kをもちろん持って行った。
新大阪から博多までは新幹線で2時間以上ある。
その間も、どこでもネットにつながっている、はずだったが。

山陽新幹線はトンネルが多くて、結構途切れる。
電波が弱くなると、通信が停まる。
それがしばらく続くと、回線が切れてしまう。
現状、新大阪からなら姫路あたりまでと、後は駅の近くしか安心して使えない。
それ以外の場所だと、タイミングが悪ければページを読み込んでいる途中で停まってしまう。

浜松に行ったときは、携帯電話だったが、通信が途切れた感じはなかった。
確か、東海は携帯電話が使えるよう対策してあったと思う。
西日本は、トンネルが多いので、全線を東海と同じようにするには費用と時間がかかるのだろう。

まずは、新大阪から西に順番に対策していってくれればうれしいが。

さよならSCSI

メインのデスクトップPCには、SCSIボードが刺さっている。
大昔のメインPCに
「WindowsNT4を使うのなら、やっぱりSCSI」
と思って、当時でもずいぶんIDEが安くて大容量だったが、さほど大きくない容量の高価なSCSIドライブを購入して悦に入っていた。

その後、私のような一般人レベルではあえてSCSIを選ぶ利点がないくらいに、IDEが進歩してしまい、何度かPCをアップグレードするうちに、SCSIのハードディスクは使わなくなってしまった。
それでもSCSIボードが刺さっているのは、SCSI接続のスキャナがあったから。
ところがそれも処分してしまったのでSCSIボードは起動を遅くするだけの、いわばお荷物になっていた。

今回、埃をかぶっているSCSIドライブと一緒に処分することにした。
まず、PCの筐体を開けて、SCSIボードとドライブを接続する。賑やかな音とともに、ドライブが数年の眠りから覚めて動き出した。
それから、中身をとりあえずIDEのドライブにコピーする。
買ったときから大容量ではなかったが、2台合わせて30GBに満たない容量は、時代を感じる。
それが終わると、ドライブの中身を完全消去ツールで消去した。

最後に、SCSIボードを引き抜く。
最後の抵抗か、なかなか抜けなかったが、ネジがSCSIボードのバックパネルに引っかかっていただけだったので、それをよけるとあっさりボードが抜けた。

念のため、ケースを開けたままPCを起動する。
起動直後のSCSI BIOSの画面がでなくなった分、起動は早くなった。
もちろん、Windowsは何事もなかったかのように動いている。

これでOK。
さて、余ったSCSIボードとドライブはどう処分しようか。

Premiere Elements7

こちらは初めて使う。
とりあえず、いつのか判らないTVを録画したデータがあったので、これを読み込んでみる。
が、動画を作成するソフトは久しぶり
(というか、買って放置だったので本気で使うのは初めてかも)
なので、何をしていいのかよく分からない。
といいつつ、少し触っている間に、カット編集くらいはできるようになった。

もっとも、カット編集だけにエレメンツとはいえプレミアを使うのは贅沢な気がする。

MPEG2のビットレート変換をやってみたが、思ったよりも早いし、以前使っていたソフトで頼んでもいないのに強力な圧縮をかけるようなこともしないので、安心して使えそうだ。
元の映像も、テレビ放送だし、さほどの思い入れもないので、ビットレートを半分にしても十分高画質に感じる。
とりあえず、ため込んだ動画の容量を減らすことはできそうだ。

Photoshop Elements7

Photoshop Elements 5は買った。
Photoshop Elements5を買ったおかげでWindows2000を捨てた。Photoshop Elements5の動作環境はWindowsXP SP2以降だからだ。
これがインストーラで環境をチェックしているのでインストールすらできない。

その後、6にはアップグレードしなかった、理由はCaptureNXで十分かな、と思ったからだ。
今回、なぜアップグレードする気になったかというと、Premiere Elementsが欲しかったから。
以前、(コピーガードがかかっていない)DVDを編集する安いソフトを買ったが、これをつかうと画質が悪くて見る気がしなくなる。
このソフトは操作を簡単にするためか、画質に関するパラメータを触ることができなかった。
(どこかに設定があったのかも知れないが、見つけられず)
YouTubeで左右反転や倍の時間で再生とか、面白い加工をした動画をみかけるので、それが自分でできれば楽しいかな、と。
たまたま、お店でAdobeの人がデモをしていたので、それを見て新機能を確認。
Premiereの再生時間を延ばすとか、左右反転もできることを確認したのでPhotoshopとPremiereのElementsが両方入ったパッケージを購入した。
Adobeの人と話したおかげで、壁紙を簡単に作る(縦横比を決めてトリミングする)方法を教わった。
できそうでできないなあ、と思っていたが、簡単にできた。
で、家に持って帰って来てとりあえずインストール。
Photoshop Elementsのインストーラはかなり待たされる場面があったが、それ以外は順調にインストールできた。
5から7にアップグレードして、「写真の整理」の起動が早くなったような気がする。
これから、追加や削除をがんがんするとまた遅くなるかも知れないが。

てんやわんや

愚かな事に、準備が必要な会議が連続である。
というか、日程の調整くらいやれよ >上司。

1つは、半分を別の人に任せられるが、もう一つは私がメインだ。
そんな中、通常業務は待ってくれない。
とはいえ、この状況になると、期日が近い順にこなしていくしかない。
人の時間は平等だ。
忙しいと嘆いてみても、一日が30時間にはならない。
しばらくは忙しくなりそうだ。

といっても、会議が終われば一段落。
こういう場合は、精神的に
「この日を乗り切れば...」
と思えばマシだ。

終わったと思ってほっとしていると、3日後にまた....
なんて言われるとげんなりするけど。

さよならSuica

W62SHは、おサイフケータイに対応している。
モバイルSuicaも申し込んだので、カードのSuicaはもう要らない。
関西に住んでいるので、JR東日本のエリアに行かないと、もう要らなくなったSuicaを返却できない。
というわけで、甲府に行ったとき、Suicaを返却して、デポジットの500円を返してもらった。

事前に調べると、Suicaのチャージされた金額を返してもらうのに手数料が必要、ということがわかった。
手数料を支払うのもアホらしいので、事前にSuicaに対応したお店で使い切った。

あいにく「みどりの窓口」は行列ができている。
が、改札口にも、遅れている特急の運行状況を確かめようとする人々がぞろぞろといる。
私が乗る特急の出発時刻まではまだ時間があるので「みどりの窓口」に並ぶ。

窓口は3つあるので、列は長くても思ったより進むのが早い。
みんな、申し込む内容が決まっているのだろう。
ほどなく、私の順番が回ってきた。
「このSuicaを返したいのですけど、ここでできますか?」
「あ、もちろんここでできますよ。
 中身は使い切っていますか?」
「はい」
係の男性は、手続きを終えると、私にぴかぴかの500円玉を渡してくれた。

これで、おしまい。
私が持っていたSuicaは、おサイフ機能には対応している古くないタイプだったが。
これからは、Suicaエリアでは携帯電話でピッ!だ。
もっとも、JRなら西日本エリアでクレジットカードを使ってチャージできて、ポイントも溜まるSmartICOCAがあるので使わないけど。

山里柿 - 松山(愛媛県)

松山のおみやげ。
道後温泉の商店街で購入。
ここは、Edyが使えるのでついつい余計におみやげを買ってしまう...

松山も旧城下町なので、それらしきお菓子がいろいろとある。
今回選んだのがこの「山里柿」。
久しぶりに楽天で売っているお菓子を買った。
蘊蓄(うんちく)は、リンク先にある。

Googleで検索したらちゃんと楽天のお店が出てきたのに、写真付きの商品リンクが貼れない。
というわけで、どんなお菓子か見たい方はこちらをどうぞ。

ちなみに、食べた感じは羽二重餅に似た食感がある。
味は餡(あん)の部分に柿の甘みが入っている。
日本茶にぴったりの味。
価格の割には高級感があるので、おみやげにぴったりかも。


2017.047.25築城
リンクが切れているので外しました。「山里柿 松山」で検索

多機能ストラップCS-1A

名古屋で携帯電話のバッテリが切れて痛い目に遭ったので、日本橋で見つけたこんなものを買ってみた。

■税込■[新品]ノーブランド 携帯充電&カードリーダーau用 [CS-1A] 【中古パソコン イオシス】

これがあれば、PCの電源を入れっぱなしにしておけば、携帯電話のバッテリが切れても充電できる。
それだけでなく、しっかりしたストラップだけでなく、余計な変換アダプタなしでMicroSDを読み出すことができる。
さらに、ストラップ形なので、携帯電話と常に一緒にある。
言い方を変えると、肝心なときにアダプタが「ない」という事態に陥らない。

喜び勇んで試してみる。
まず、ストラップ。
これについては問題ない。
次に、MicroSDカードリーダ。
これも逆には差し込めないようになっている。
カードリーダの保護用の部品が小さいし、なくしてしまいそうだが、問題なく使える。

最後に充電機能。
携帯電話のACアダプタを差し込むところと、PCのUSBポートにケーブルを差し込む。
が、充電できない。
W62SHだと「WIN」のマークが赤く光って、音も出るのだが、両方に差し込んでもうんともすんとも言わない。
CS-1Aのランプは光っているのだが。

不良品か?と思って、会社でauの携帯電話を持っている人に電話機を借りて試してみた。
W52SA(たぶん)では、W62SHと同じように充電が始まらない。
やっぱり不良品か。

もう一人、W53S(おそらく)を持っている人がいた。
彼がうれしそうに持ってきたので、無駄だと思うけどやってみた。
すると、なんと彼のW53S(おそらく)だと動いた。
う~ん、ケーブルの不良ではなかったようだ。

CS-1Aは彼が買い取ってくれた。
個人的にはストラップとMicroSDが使えただけでもよかったのだが。



ソフトバンク用

USBケータイ充電器とマイクロSDカードリーダーが一緒になった【在庫限り】多機能♪携帯電話ストラップ SoftBank USB充電器&microSDカードリーダー CS-1S【PointClub5周年】


NTT DoCoMo用

USBケータイ充電器とマイクロSDカードリーダーが一緒になった【在庫限り】多機能♪携帯電話ストラップ FOMA USB充電器&microSDカードリーダー CS-1D【PointClub5周年】

銀行周り

今日は会社を休んで銀行周り。
私が持っているキャッシュカードはクレジットカードと一体型になっている。
が、これを分離して、電子マネーiDを使えるようにしたい。

とりあえず銀行に行く。
5,10日に当たっているからか、銀行はかなりの混雑。
きょろきょろしていると、すぐに案内係の人がやってきた。
事情を説明すると、書類に必要事項を記入するよう言われた。

書類を書き終わって、さらにしばらく待ってようやく私の番になる。
カードを分離する理由を聞かれて
「電子マネーiDを使いたいから」
というと、別の種類のカードなら、キャッシュカード、クレジットカード、iDを一枚にまとめられる、とのこと。
さらにクレジットカードの年会費も無料になる、という。

それを早く言って、と言いたいところだが、これだけ商品の種類が多いと、覚えるのも大変だ。
銀行の窓口は、預金の扱いと、その他の相談で窓口が分かれている。
その他の相談に対応する人は、別の訓練を受けた人なのかもしれない。
お客様係は年配の方だったから、iDとか電子マネーと言っても、気づかなかったのか。
その場でもう一種類、クレジットカードの申し込みの書類を書いて、手続き終了。
粗品が入った銀行の袋を持っていると、銀行の人の愛想がいいような気がするのは気のせいか。

電車に乗ってさらにもう一件の銀行に向かう。
こちらは通帳が切れてしまったので、新しい通帳を発行してもらう。
ATMでできるかと思ったが、ATMの方に行列ができていたので窓口で対応してもらう。
こちらは地域限定の銀行なのでこぢんまりとしている。

私は今は頭も体も冴えているので、新しい機械でも説明を見て操作できる。
おかげで大抵のことは自動機で済ます事ができる。
やっぱり、窓口に並ぶのは面倒だ。
でも、窓口だと振り込め詐欺はかなり防げそうだけれど。

子規記念博物館と道後公園

日曜日は道後温泉近くにある子規記念博物館に行った。
大街道の観光案内所で自転車を借りようか、とも考えたが、路面電車の一日乗車券を使う事にした。
一日乗車券は、車内で買う事ができる。

正岡子規は、教科書にも出てくる巨匠だが、何をした人かはあまり記憶にない。
が、ここの展示を見ると、当時とその後の文壇に、いかに大きな影響を与えたかが判る。
面白かったのは、正岡子規は自分が大将でないと気が済まない人、だったこと。
そのくらいの気概がないと歴史に名を残すような事はできない、ということか。
晩年は病に苦しんだ、というが、最後まで仕事を手放さなかったそうだ。

その後、道後公園を一周した。
この一帯は、別の形で整備しようとしたら、14世紀頃に築かれた湯築城(ゆづきじょう)の遺構が見つかったため、城跡として残されているらしい。
といっても、松山城のように当時の何かがあるわけではないが。
道後公園の展望台からは、松山市街地を眺める事ができる。
さほど高くないところだが、湯築城の櫓からの風景はどんなものだったのだろう、と思いを巡らせる。

道後温泉近くの土産物屋でお土産を買う。
その後、昨日撮影し損ねた、坂の上の雲ミュージアム近くの洋館(萬翠荘)へ向かう。
正式には愛媛県美術館分館郷土美術館といい、偉い人の別邸だったらしい。
館内は、無料で入れて展示物以外は撮影も可能。

さらにその奥には愚陀沸庵という夏目漱石ゆかりの建物がある。
こちらも撮影して帰ってきた。

今回は、国語の文学史で覚えさせられた文豪が身近に感じられた旅だった。
これを勉強したときに来れば、文学史ももっと身近に感じられたかも知れない。

秋山好古・真之兄弟の生家と坂の上の雲ミュージアム

東北にでも行こうと思ったが、宿が取れなかったので断念。
直前でも飛行機に乗っていけるところ、ということで、松山にやってきた。

松山の市街地に出て、昼食を食べながら決めた行き先が、坂の上の雲ミュージアム
ミュージアムは2007年4月オープンだから、まだ一年ほどしか経っていない。
以前、松山を訪れた後、この施設を作ることが決まって、軍国主義を賛美するのか、という人がいた、という報道を見て気になっていた。

伊予鉄の松山市駅から路面電車の大街道駅近くに坂の上の雲ミュージアムはある。
ここから「Ezナビウォーク」に従って行ったら、ミュージアムに続く道が見つからず。
案内の看板が出ていた秋山好古・真之兄弟の生家に立ち寄る。
住宅地を歩いていくと、それらしき建物が見えるが、それは常磐同郷会の道場。
その隣の新しい建物が、復元された秋山好古・真之兄弟の生家だった。

ここを見てからいよいよ坂の上の雲ミュージアムへと向かう。
Ezナビウォークに従わず、県庁の方に歩いていくと案内が見つかった。
入場料を払って中に入ると、チェロとピアノのミニコンサートがあるという。
毎月第三土曜日にはこのような催し物を行っているらしい。
時間もあるし、せっかくなのでありがたく鑑賞させてもらった。
無料でプロの生楽器の演奏を聴けてありがたい。
コンサートの中で「千の風になって」をみんなで歌う、というのがあった。
私も一緒に歌ったが、思ったよりも声が出ない。
長い間大声を出すことはなかったからなあ。

クイズの問題冊子をもらって、いよいよ展示スペースに。
が、思ったよりも「坂の上の雲」の時代に関する展示が少ない。
関連はあるのだがちょっと期待はずれ。
が、その中でアラーキーとしりあがり寿の作品が秀逸だった。
もっとも、私は坂の上の雲は読んでいない。
読んでおけば感想は変わったかも。

とりあえずクイズの解答を探す。
それが終わったら、資料コーナーで資料を眺める。
PCのデジタルデータになった資料は量は少なくて発展途上だ。
書籍の方は、一般の本屋や図書館ではなかなか見られない写真集などがある。
日露戦争時の軍艦の写真集に見入る。
窓の外に撮影向きの洋館があるが、もう暗くなってきたので明日にしよう。

クイズの回答を提出して、回答編の冊子と粗品を受け取る。
ミュージアムを出た頃には、あたりはずいぶんと暗くなっていた。

そういえば「坂の上の雲」は、高校の時の日本史の先生推薦の作品だった。
高校の時は、選択教科は教室を移動する。
日本史の時間は、クラスの違う好きだった子と同じ教室で授業を受けられる唯一の時間だった。
遠い昔?の、甘酸っぱい思い出だ。

とりあえず「坂の上の雲」を読もう。

平日の博多駅

出張の帰り、狙って500系新幹線に乗った。
このときのためにD70と18-200のレンズをビジネスバッグに忍ばせてきた。

夕方の500系は、博多総合車両所から来るものと思っていたら、博多駅で折り返しだった。
おかげで入線を撮影し損ねた。

平日で、もう暗くなりかけている撮影には厳しい夕方なので、鉄道ファンっぽい人はいない。
私と同じようにスーツ姿の男性が、携帯電話で写真を撮影している。
前回は、フォーカスを"M"のままで撮影してしまい、ピンぼけ写真を量産してしまったが、今回はそんなヘマはしない。
ビジネスバッグにお土産の袋、それにデジタル一眼レフカメラを首からぶら下げた私はなかなかマヌケな姿だったかも。

九州出張

九州に出張に行った。

数年前に行ったときは、
「飛行機のほうが新幹線より安いから飛行機で行け」
と言われたが、今は新幹線のほうが安い。

会社の決まりでは「上司の許可を得ること」となっている。
こっそり飛行機で行って万が一遅れたときは責任問題になるので、おとなしく新幹線で行くことにした。

今回は営業さんから事前に日時の指定があったので、新幹線も早割が予約できた。

行きはN700系。
久しぶりに徳山駅を通過する列車。

帰りは500系。
予定では博多でのんびりできるはずだったが、仕事が長引いて駅で暖かい食事を食べる時間がなくなってしまった。

Perfume First Tour [GAME] DVD

会社近くの家電量販店で購入。
店頭には並んでいなかった。
予約していてよかった。
まあ、この店は補充がなっていないのか、きっと週末には並ぶだろうけど。

中身は、アップを撮り逃していたり、お遊びが目につく前作と違ってカメラもばっちり。
テレビ放送みたいにカメラがやたらと動き回る事もない。
贅沢を言えば、全身や3人のフォーメーションを撮ったのが、もっと長ければうれしかったが。

画質もデジタル録画のようで、動画共有サイトにアップされた映像や、テレビ放送よりはるかにクリアでキレがある。
(当たり前だが)
これ、ブルーレイで出ればもう一枚買うところだ。

武道館ライブも映像で発売されないかな。

夏の残り

夜中に目が覚めた。
足がかゆいのでボリボリかきむしる。
かきむしる。
...ん?
虫に刺されたのか...

明かりを付けると、ふとももの数カ所に虫に刺された跡がある。
でも、虫はどこからわいてきたのだろう。
気味が悪いのでシーツをはがす。
そのまま洗濯機の中へ。

そのとき、シーツに蚊がくっついているのを発見。
こいつのせいだったのか。

まだ動いていたのでとどめを刺した。
これで安眠できる..はずだ。

福うさぎ - 金沢(石川県)

福うさぎ

五郎島金時というさつまいもを使った、お芋の味がするお菓子。
見た目は可愛らしいうさぎの形をしている。
お菓子のしおりもうさぎの形をしていて、なかなか徹底している。

今年はホテルに、金沢駅内のコンビニエンスストアの5%割引券があった。
これを使おうと行ってみたら、3年連続で買っていた諸江屋の生落雁の、今回買おうと思っていた種類がなかったので、こちらにしてみた。

包み紙も含めて、見た目が愛らしく、女性には非常に好評だった。
でも、これを買ったのが9月の後半の3連休。
年中売っているのだろうか。

バイオノート延命計画

SSDが気になるので、久しぶりに日本橋へ見に行った。
気になるパーツを探しに、日本橋に行くなんて久しぶりかも。
SSDはがんばれば購入可能なラインまで値段が下がっているが、SATAのみなので、バイオノートZのHDD換装には使えない。
これがショック。

バイオノートZは、昔使っていたDynabook Portege300のように、ネジを外すだけでHDD交換できない。
壊してしまっては元も子もない。
と思って調べてみたら、IDEでもSSDはある。
でも容量が小さくて使えない。

バイオノートZは、持ち出しはあきらめて据え置きで使うしかないか。
実はグラフィックボードのメモリが少ないので、デュアルディスプレイで無茶をするとトラブルが起こりそうだし。

Type U用小型キーボード

以前、キーボードを壊したことを書いたが、その後不便なので別のキーボードを買った。

【在庫販売】シリコンボディのフルキーボード。ふにゃふにゃキーボード FKBJ-109W フル・ホワイト

私が買ったのは、多分これよりもさらに高級な、ケーブルを巻き取れるタイプのものだ。

キーを押す感覚は悪くて、押したはずなのに認識しないことが多々あったが、フルキーボードの快適さには変えられない。
と思ったら、一度持ち出しただけで、ケーブル部分が断線してしまい、使えなくなってしまった。

でも、やっぱり不便なので、上野に行ったときにヨドバシカメラがあったので、小型キーボードをまた買ってしまった。

【送料無料】SKB-SL10BK 超ミニタイプのテンキー無しのコンパクト&スリムパンタグラフキーボードサンワサプライ USB&PS/2スリムキーボード SKB-SL10BK

今回のは、前回のに比べるとずいぶんと入力しやすい印象がある。
滑り止めが付いているのか、Type Uを斜めにする支えにして、手を離しても動かない。

これはいい買い物だったかも。

携帯電話の電池切れ

小牧-浜松航空祭行脚ネタをもう一つ。
大阪を出発する前、携帯電話の電池が目盛り1つになっていることに気づいた。
新幹線の駅で、列車を待つ間10分ほど充電したが、ほとんど回復しなかったようで、航空祭からの帰りの地下鉄ですでに電池切れ。

普段ならこれでもいいのだが、今回はそうはいかない。
名古屋から浜松へ向かう新幹線の予約を取っていないのだ。
駅に行けば切符を買うことは出来る。
が、せっかく年会費1,050円(だったかな)の年会費を払って東海道・山陽新幹線のエクスプレス予約が出来るようにしているのに、今さら普通に買うのは面白くない。

こうなると、携帯電話を充電できる場所を探せばよい。
ネットカフェでもコイン充電器でもいい。
が、地理不案内な名古屋だし、もう疲れたのであまり歩き回りたくない。
というか、携帯電話を充電する間時間をつぶすのがもったいない。

しかし、私には強い味方がいる(ある)。
VAIO Type Uとデータ通信カードW05Kのセットだ。
W05Kの電源は、PCから取るのでPCのバッテリがある限りは大丈夫だ。

と言うわけで、休憩も兼ねて、名古屋駅のカフェに立ち寄り、Type Uでエクスプレス予約した。
やれやれ、持っててよかったW05K。
こういう時のために、月額1,800円の維持費を払っているのだ。

予約した「こだま」の指定席は混雑していた。
自由席の方が空いていたような気がする。
でも、逆だったら疲れが倍になるので、まあいっか。

EX-IC使い損ねた

小牧-浜松航空祭行脚は、両方ともJR東海エリア。
なのだが、何を勘違いしたのか、乗車券を先に買ってしまった。
しかも往復。
往復割引が効く距離でもないのに。

おかげでEX-ICを使い損ねてしまった。
私は、大阪-東京なら飛行機に乗ってしまう人なのに。
大阪市外からなので、EX-ICを使っても全く損をしない人なのに。

紙の爆弾 11月号

今号は「弁護士だってワーキングプア時代の恐怖」が興味深い。
なんだかんだ言って敷居の高い法曹界を身近な物にする、という趣旨には賛成していたのだが、これを読むと考え方が変わってしまう。
新制度で、これまでは試験を通れば誰でもなれた弁護士や裁判官に、法科大学院を卒業する事が義務づけられて、しかも卒業して試験に3回落ちれば、法科大学院に通った事自体がムダになってしまう。
このため、法科大学院に通うのにもリスクが伴い、学費が払えない人はその時点で法曹界への道が閉ざされる。

法科大学院を卒業しても、試験を通らなければ何も役に立たない。
医学部みたいだ。
以前、医学部を卒業しても医師国家試験の受験資格以外は職業に直結する物は得られない、という話を聞いた事がある。
これは改善されたのだろうか?


月刊 紙の爆弾 2008年 11月号 [雑誌]

哀愁の300系

浜松から帰るときに乗った「こだま」は300系。
次の駅で停車するときに「いい日旅立ち」が流れてきた。
JR西日本所属の車両だ。
300系では、外見上の差はほとんどないので気づかなかった。
JR西日本の車両が、JR西日本のエリア外しか走らない東海「こだま」で使われる。
100系G編成の末期のようだ。

初代「のぞみ」型車両として華々しくデビュー。
その後、新型が続々デビューして、すっかり影が薄くなってしまった。
ついに、2世代後になるN700系がデビューして、廃車が始まった。

今年で、初代新幹線0系が完全に引退する。
しばらくは100系と500系が「こだま」として新大阪より西を走ることになる。
300系は、3両で1単位+1両の構成なので、100系のように短い編成を作るのは難しそうだ。
そうなると、このまま東海区間「こだま」として使われることで余生を送るのだろう。


tag : 鉄道

こんにゃくゼリー騒動

こんにゃくゼリーでまた死者が出た。
今度こそは販売中止になるかも。

あちこち見ていると
「こんな危険な食べ物を販売するメーカーはけしからん!」
という論調が目につく。

が、ちょっと待て。
数年前ならいざ知らず、一時期いろいろと報道されたので、こんにゃくゼリーの危険性は認知されていたはず。
それを、今度の事件では、与えてはいけない子供に与えてしまったのが原因ではないか。

と、思って事件を起こした製品の、販売元のWebサイトを見てみた。
パッケージには、さほど大きくない画像データからも見える警告表示がある。
が、開封して個包装されている製品を、バラで保存すると、この表示が見えなくなるのが問題らしい。

これを個包装にまで警告文を表示させるのに時間がかかる。
だから販売を一時中止する。
というのがメーカーの言い分。

個人的には納得。
だが、これだけ叩かれたのだから、Webサイトにも警告文を載せるくらいの配慮は欲しい。


あれだけ報道されているのに、というのは被害者にはちょっと酷かもしれない。
だからといって、何でもかんでもメーカーの責任にするのはいかがなものか。

報道を見ていると、メーカーを叩く論調が多いが、実際のところはどうなのだろう?
担当者がポロッときついことを言ったのかも知れない。
が、報道機関が「言った」を「うそぶいた」などと、悪意のある書き方をした可能性もある。
と、ちょっとメーカーに同情してしまった。

エア・フェスタ浜松2008 「航空祭!いざ出陣!(404)」

今回はがんばって早く起きた。
が、ホテルで優雅に朝食を食べている間に時間が過ぎてしまい、会場に到着した頃にはオープニングフライトが終わりかけた頃。
空は雲が多い。
が、高いところにあるので展示飛行には差し支えはなさそうだ。

次がAWACSの展示飛行。これは民間機のB-767を改造したものなのででかい。
会場の混雑は、天気が今一つのためか、去年ほどではないようだ。
今年はT-3Jrの展示走行はない。
展示機も浜松基地にある機体が主で、外来機は美保の鬼太郎C-1、岐阜のF-4、三沢のE-2、入間のU-4くらいか。

小松のF-15は、もうちょっと飛んでいて欲しかった。
岐阜のF-2はいつも通りの派手な展示飛行を見せてくれた。
US-2は今年で最後らしい。

トリはブルーインパルス。
雲が多く、5番機がロールしながら垂直上昇すると、雲に突っ込んでしまった。
が、こんな天候でもハートは貫くし、星は出るしのフル演技を見せてくれた。
08浜松ブルーインパルス

帰りは岐阜のF-4を見送ってから出発。
バス乗り場ががらがらだった。
焼きそばなどが在庫処分の投げ売り状態だったが、2日連続冷たいメシを食べ
る気がなかったのでパス。

小牧基地航空祭2008

今年は午後から参加。
もっと早く行きたかったが疲れて体が動かなかった。
基地に着いたらちょうど昼休み。
なるべく滑走路に近いところに陣取る。
天気は秋晴れ。
ここは、C-130の基地だ。
世界規格の輸送機なので、今もイラクに派遣されている。
今回は、通常の緑の迷彩色一機と、イラク向けの水色二機が演技を見せてくれた。
あと、救難隊の教育隊があるので、新旧塗装のUH-60を見ることが出来た。
が、こちらは他の航空機の関係で途中で演技を中断されたりで、知らない人は何の演技か分からなかったかも。
結局、すべての演技が終わったときには予定の時間をオーバーしていた。
今年はブルーインパルスの予備機が来ていた。
外来機の帰投を見送ると、土産物屋が閉まった後で、特売の栗おこわ弁当しか変えなかったのが残念。
C-130

松屋の牛めし割引

最近、値上げして低価格外食産業界に話題を提供した松屋が、期間限定で牛めしを値引きした。
某店に行くと、店長が働いているからか
「牛めしいかがですか?」
と、客が来る度に声をかけている。
その勢いに押されて、牛めしと豚汁のセットを注文。
見ていると、松屋はいろんなメニューがあるのにみんな牛めしを注文している。

私がもう少しで食べ終わる頃、一人の男性が入ってきた。
店員は彼にも
「牛めしいかがですか?」
と、声をかける。
しかし、彼はカレーを注文していた。
なかなかやる。
ただカレーを食べたかっただけかも知れないが。

乞食

これは放送禁止語。
会社の隣の席の人に、たばこをせびりに来る人がいる。
たばこを吸う人は、ときどきたばこの貸し借りをするようだが、この人、いつも人からモノをもらってばかりで、人にあげているのを見たことがない。

厳密に言えば、彼が異動するときにお菓子を持ってきたが、あれも彼の奥さんが用意したモノらしい。
こんな人とは一緒に仕事をしたくないなあ。
FC2カウンター
プロフィール

owl1192

Author:owl1192
楽天ブログから引っ越し中。
もうオッサンになってしまった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR