コードブルー -ドクターヘリ緊急救命- 第5話

プロ野球のオールスター中継があったので、予約をたっぷりめにしていた。
家に帰ったのは放送が終わった後だった。
関西テレビにチャンネルを合わせると、お笑い番組を放送していた。

オールスター中継は定刻で終わったようだ。
...しっかり時間延長して録画したときはこういうもんだ。
というわけで、タイムシフトして見た。

今回、印象に残ったのは緋山(戸田恵梨香)が患者の死に動揺する場面。
先輩に叱咤されていったんはその場を後にするが、戻ってきて謝罪の言葉をかける。
患者を搬送するために病院に戻るヘリの中でも彼女はまだ動揺している。

さらに、今後の展開に向けての伏線がいろいろと張られているように思う。
三井(りょう)の裁判や藍沢(山下智久)が壊れるような予告があって、次の話が気になる。

...このドラマも展開が早いなあ。
これなら倍の話数にしても十分な内容にできそうだけど。

スポンサーサイト

たったひとりの反乱(NHK)

雪印の食肉偽装事件で、実名で告白した倉庫会社、西宮冷蔵の物語。
西宮冷蔵の話は、雑誌「紙の爆弾」に出ていたので、断片的に知っていた。
ドラマの中でちょっとだけ出てくる、社長父子が梅田の繁華街で売っていた本は、紙の爆弾を出している鹿砦社の本だ。

世間の人は、雪印食品が解散したところまでは知っているだろう。
が、その告発を行った西宮冷蔵が、告発後に雪印以外の取引先が激減し、一度解散したことまでは知られていないのではないだろうか。

この番組で圧巻だったのが、
「もし、同じようなことが起きたら、もう一度告発しますか?」
との問いに、実際に告発した社長も、その息子も明言を避けたところ。
(言葉では伝えられないので、再放送があればぜひ見てください)

ドラマなら
「何度でも告発します!!」
と言わないと「正義感たっぷりの主人公」にならないのできっとこう言わせるだろう。

この番組中の再現ドラマでも描かれているが、社長は最初、雪印に偽装で補助金をかすめ取るのを止めさせようとしたらしい。
それが聞き入れられず、苦悩の末、告発したそうだ。
社長は、ドラマの登場人物のように、正義感あふれる熱血漢だったわけではない。
普通の経営者だったのだろう。
それが、自分の良心と照らし合わせて告発を決断した。

ちなみに私は社長ではなく雇われ労働者だ。
もし、不正を働くよう命令されたら、それを
「絶対にやらない」
という自信は、ない。


月刊 紙の爆弾 2008年 08月号 [雑誌]
楽天ブックスでも売っていたとは。

W62SH

朝のテレビでPerfumeの曲が流れていたので見てしまった。
ワイドVGAというのがうれしい。
VGAなら、Ezナビウォークの地図をもっと広い範囲で表示してくれるだろう。

もうFMラジオ付きのウォークマンを買ってしまったけど、こっちもFMラジオを受信できる機能がある。

FeliCa(おサイフケータイ)とLISMO!は当然装備している。
それに、W05Kがあるからもう使わないと思うけど、Bluetoothも付いている。
さらに、PCドキュメントビューアーもある。
どの程度使えるか疑問だが、文字主体のPDFを見ることができれば私には十分だ。

カメラ機能が300万画素と今ひとつだが、携帯電話のカメラは非常用と割り切って、かつ200万画素で最低の画質と言われている現状よりもよくなればいいだろう。
今ひとつといっても、オートフォーカスはあるし、長い間使っていた2代目デジカメは300万画素だった。
それを考えると十分かも。

これは、買ってもいいかな。
....値段を調べてみたら、かなり高い。
新製品だし、これだけのスペックなら仕方がないか。
でも、ぱっと買える値段ではないな。

あんどーなつ 第4話

今日はPSXでタイムシフトさせて見た。
今回は主人公の安藤奈津だけでなく、職人仲間のうなぎ屋師弟の物語も入っている。

職人の世界では、技は教わるのではなく自ら学び取るもの。
その中にも、言葉でないと伝わらないこともある。
こんな感じか。

企業人の私は、短期間に一定の能力を身につけることが要求される。
教えられることは極力文書化(マニュアル化)することが推奨されている。
その中でも、文書化できないノウハウは直接教える(OJT)ことになっている。
職人の世界と逆だ。

もう一つのドラマの物語は
「あたりまえのことをあたりまえにこなす」
「時間が無い」とか理由を付けて手を抜いてしっぺ返しを食らっている今の私には耳が痛い。

Tomorrow~陽はまたのぼる~第4話

今日は長谷部瞳の出番が少なかった「どうぶつ奇想天外」の後のこのドラマ。

.....展開早っ!
年に4シーズンもあると、こうならざるを得ないのか。

今回のテーマは「社会的入院」だったのだ、と思う。
退院させたくても、患者や家族のためにならないから、病院に入院させる。
それは本来は地域社会や老人ホーム、孤児院などの役目なのかも知れない。

もっとも、老人ホームに入るのにはお金がかかる。
地域社会も、都会では期待できない。
これまでは、それを病院が補っていたのだが、医療費を減らせと言われている今、病院にもその余裕は無い。
制度が変わっても、それまで病院が担っていた役割を代行する受け皿は、まだない。

祖父がそんな状態で、しばらく病院のお世話になったので、実感がある。
なかなか鋭いところを突いてくる。
ドラマでは、半強制退院したおばあちゃんは、安住の地を見つけたと思ったら天に召されてしまった。
このまま長生きしたら、最期はどうなっていただろう。
見ていて後味の悪いし、物語の本質と関わらないのでこういう展開にしたのだろうか。

そうそう、今のところ悪役の病院長(だったかな)の過去もちらほらと出てくる。
彼女も医療ミスを引きずっていて、それから逃れようと今の仕事をしていることを暗示させる。

P.S.
うちの近所の暴走族、うるさい。
夏になると害虫のようにどこからともなく湧いてくる。
ガソリンの値段も上がっているのに、無駄に使いやがって。

SmartICOCA再発行

SmartICOCAを紛失してしまった。
SmartICOCA、駅のチャージ機で現金なしでもチャージでき、その分はクレジットカード会社から請求される。
しかも電子マネーの機能があって、利用価値も高い。
なのでSmartICOCAはクレジットカード並みに悪用される可能性がある。

家に帰ってなくしたことに気づいたので、すぐにサービスセンターに電話して、利用を停止してもらった。
再発行は、大阪駅で即日発行してくれる、とのことなので行ってみた。
今まで、ここにSmartICOCAだけでなく、J-Westカードのサービスコーナーがあることは知っていた。
が、異様な混雑だ。

並んでいる人の会話からすると、J-Westカード以外のクレジットカードで引き落とし可能なSmartICOCAが発行できるようになったので、即日発行してもらうためにここに並んでいるらしい。
なんとも悪い時期に当たってしまったもんだ。

しばらく待っていると、事前に案内をするため一人一人に係の人が聞いて回っていた。
私も聞かれたので、事情を話すと、最前列に割り込ませてくれた。
ここからは数分で終了。

残額もたっぷり残っており、悪用はされていなかったようだ。
SmartICOCAは、所有者名が登録されているので、コンピュータに記憶されている残額がそのまま引き継がれる。
所有者が登録されていない普通のICOCAやEdyならアウトだが。

ちなみに、SmartICOCAを紛失したときの連絡先は、Webサイトに掲載されていなかった。
たまたますぐにSmartICOCAをもらったときの案内が見つかったので対処できたが、見つからなければ悪用の心配をしながら一晩を過ごしていたかも知れない。
というわけで、携帯電話の電話帳に登録しておいた。
もう使うことがないことを祈りつつ。

アナログ

昨日から、画面にこんな表示が出るようになった。
見たのはNHKニュース9と「コードブルー」。
「コードブルー」は番組開始時のみだったと思う。
アナログ放送終了まで3年を切ったので、注意喚起するためらしい。

ちなみに、うちはこのまま2011年を迎えると、VAIO Type Uでしかテレビを見ることができなくなる。
Type Uはワンセグチューナーが付いているが、残りはみんなアナログ。

兄の家庭にはすでに32型の液晶テレビがある。
実家にも20インチの液晶テレビがある。
この分野では私だけが遅れている
ちなみに、ちょっと調べたら今一番安いワンセグではないデジタル対応テレビは3万円台。
ずいぶんと安くなったものだ。

テレビは買えないわけではないが、今ひとつ食指が動かない。
うちのテレビは時々「カチカチ」と音が出て、同時に画面が乱れる。
火を噴かないかちょっと心配だ。

3年以内にはテレビを買うことにはなると思うが。
はたして、どうなることやら。

コードブルー -ドクターヘリ緊急救命- 第4話

今日も忘れずにリアルタイムで見た。
見終わってから気づいたが、今のところほぼ1話完結で、見逃してもついて行ける。
出演者が豪華すぎて、今ひとつ物語にのめり込めないが、私の好きなタイプのドラマだ。

出演者と言えば、中心となるフェローの4人を指導する医師。
時には厳しく指導する彼は、誰が演じているのだろう、と番組のWebサイトで調べてみた。
...柳葉敏郎だった。
そう言われてみればそういう風に見えるが。

「陽はまたのぼる」の竹野内豊といい、私が知っている雰囲気とは違っていて気づかなかった。

PSX不調

HDDがいっぱいになってきたので、整理をしようとDVD-RWを挿入する。
ダビングを選ぶとディスクのチェックが始まる。
...99%で考え込んでいる。

しばらくすると
「認識できないディスクです」
PCでは問題なく認識するのだけれど。
と言うわけで、ディスククリーナーを買ってきた。

探せばうちのどこかにありそうだけれど、急だったので。
クリーニング前に失敗していたもう一枚のディスクは、無事に認識できた。
しかし、もう一枚はやっぱりダメ。
この調子なら、テレビより前にPSXがダメになりそうだ。

ウイルスバスター更新案内

更新期限が迫っている(一ヶ月ちょっと)のに、何も手続きしていないと、タスクトレイのアイコンから
「更新時期が近づいてきました」
という案内が出る。
それでも放っておくと、今度は郵送で更新の案内が送られてきた。

....もう、新しいのは買ってあるのだが。
しかも、3年パック。
なぜかというと、販売店のキャッシュバックを考えるとオンラインで更新するよりも安いから。
クレジットカード情報を渡すのもあまりいい気はしないし。
それに、バージョンアップ前の在庫一掃キャンペーン?で引いたくじ引きで、USBから携帯電話に充電するアダプタとエコバックをもらった。
USB充電アダプタ、買わなくてよかった。

ウイルスバスター2008は、私の期待によく応えてくれた。
検出能力は判らないが、とにかく軽い。

せっかく3年パックを買ったんだから、この軽さを失わないようにしろよ。
もし、また重くなったら、乗り換えるぞ。

あんどーなつ 第3話

感想。
...職人の世界って、厳しいんだなぁ。
と、思ったが、私がやっているソフトウェア開発にも、似たようなことがないわけではない。
違うのは、経験がモノをいうわけではないことか。
この業界は次から次へと新しい技術が出てきて、過去の経験に頼っていては、下手をすると置いて行かれる。

とはいえ、
「アンタの昔話は聞きたくない」
などと言うような跳ね上がりの後輩を、今の会社では見たことがない。
前の会社にはここまで直接的ではなくても、自分でよく勉強しているな、と感心するような奴がいたのだが。
今の会社は皆、おとなしくてちょっと寂しい。

Tomorrow~陽はまたのぼる~第3話

今日も、長谷部瞳が出ている「どうぶつ奇想天外」の後、しっかり初めから見た。
思わせぶりに母親のお腹に傷があるところを見せたなあ、と思ったら、そういうことだったのか。
あと、次の話になるのかな、と思っていた航平の医療ミスの話が、最後に出てきて「つづく」。
気になるけど、予告以上は見ないようにしよう。

それにしても、人工透析って、そんなに儲かる物なのか。
ずーっと前、ドキュメンタリーで病院再建の話をしていたのを見たことがある。
このときは、街中のさほど大きくない病院だったが、コンサルタントを入れて、収益を上げるという話。
あのときも、診療報酬を稼ぎやすい医療機器を導入して、患者一人当たりの診療報酬を上げていく話だったと思う。

その一方で、保険が効かない医療行為は患者の全額負担。
有効性が高いと保険での治療が認められるまでの間、有効だと判っていても事実上使えないことになる。
「海外では認められているのに、日本では保険が効かないから...
 厚生労働省は何をやっている」
という感じで、マスメディアに取り上げられることもしばしば。

もっとも、アメリカのドラマ「ER」みたいに
「金がない奴は死ね」
という国に日本はなって欲しくないなあ。

プロバイダ乗り換え計画

W05Kを使うのに、au系のプロバイダに乗り換えようと検討している。
ちょうどキャンペーンを開催していたので調べてもらった。が、残念ながらauのひかりoneは対象外。
マンションにはNTT系の光が入っている、とのことだった。
さらに、うちの光はIP電話に対応していないので、電話の基本料金を安くすることはできない、とのこと。
これで今日はプロバイダを乗り換える気がなくなった。
お礼を言ってその場を後にする。

うちにはNTT系のプロバイダから勧誘がガンガン来るので、ひかりoneは期待していなかったけど、IP電話もダメというのはショックだ。
これだと、光にすると月々の費用が高くなってしまう。
当分は見送りか。

ウォークマンのバッテリ

ここのところ、PCと接続するのは本当に転送している時間だけ、という具合に使っていると、バッテリの残量が最後の一目盛りまで来た。
前はここでフル充電まで持って行ったが、今回はどこまで持つかを試すために、オプションのスピーカを接続して、家で再生しっぱなしにした。

ところが、1時間経ってもバッテリが切れる様子はない。
そこで、もっと負荷が高そうな、動画の再生を行った。
すると、1時間弱でついにバッテリを使い切った。
動画のデコードもさることながら、動画再生中は液晶画面が点灯したままなのがバッテリに負担をかけるのだろう。

それにしても、Walkmanのバッテリ持続時間はなかなかだ。
ちょっとした旅行なら、家を出る前にフル充電しておけば大丈夫そうだ。
もっとも、せっかくの旅の間、ウォークマンで耳を塞いでしまうのはおもしろくないだろうけど。

あと、ウォークマンの場合、こまめに充電するのと、一旦放電してから充電するのとどちらがバッテリの寿命が延びるのだろう。
昔からこの手の機械を使っている身からすれば、こまめに継ぎ足し充電をすると、バッテリの寿命が縮みそうで違和感がある。

松屋の山かけ漬け鮪丼

会社で間食を食べたので、あっさりとした物が食べたい。
でも、夜遅くなったので食べるものが限られている...
と言うわけで食べてみた。

感想。
悪くないです。
ただ、漬け物の量が私には多く感じる。
もうちょっと漬け物を減らしてマグロを増やしてくれたらうれしいけど。
マグロの量はコストに直結しそうだから無理だろうなあ。
ご飯の量は食べ応えを考えると減らすわけには行かないだろうし。

定番になるかどうかは判らないけど、メニューにある間は、肉が食べたくないときの有力な選択肢になりそう。

遅刻83人にゲンコツ、宇和島の中学教諭

(7月11日11時55分配信 読売新聞)
今はこんなことでも新聞沙汰になるのか。
83人だったら、殴った方も拳が痛くなりそうだ。

私は中学時代に3回、教師に殴られた。
そのうちの2回は、頭に血が上るとと生徒を殴ることがある子供みたいな教師で、担任だったこともある人だ。
私が殴られたときも、彼は興奮状態だったのだろう。
最初に殴られてから、彼が嫌いになったのは言うまでもない。
中学生だった私にも、彼の子供っぽさが判る程度の奴だった。

他にも、合唱コンクールでの不正採点疑惑事件、というのがあった。
合唱コンクールは、各クラスの担任の先生が相互に採点するのだが、彼のクラスに高得点を入れた先生がいて、その先生のクラスに彼もまた高得点を付けた、という話を聞いた。
真偽の程は定かではないが、この年は優勝した彼のクラスはずば抜けてうまかった訳ではなかったので、不正をしたに違いない、と思ったものだ。
そんな思い出があるので、彼が担任だったクラスの同窓会には参加していない。
当時は大学生だったが、「先生が来るから」と誘いの電話がかかってきた時点で行く気が失せた。

Fan Service ~Bitter~ -Perfume

まとめ買い第二弾。
まだブレイクする前のライブを収録した一枚。
「カメラ1、2台の...」
などと自虐ギャクを披露しながら歌って踊る3人。

映像的には3人の動きにカメラがついて行ってなかったりするのが、Perfumeの当時のポジションを彷彿とさせる。
顔のアップを抑えたいのは判るが、画面からはみ出してしまったり、アップになってすぐに横向いたりしゃがんだりで...
また3人の表情を撮るために、頻繁にカメラが切り替わったりで忙しい。

とはいえ、動画共有サイトのしょぼい映像ではなく、DVD画質&音質で見ることができるのは価値が高い。
Perfumeのパフォーマンスもすばらしいし、会場もアイドルっぽく盛り上がっている。
でも、今の私がこの観客の渦で一緒に盛り上がったら途中で倒れるかも。

「ポリリズム」でPerfumeを知ったファンも絶対見るべき。
ああ、GAMEツアーか予定されている武道館ライブも映像化されないかなあ。

GAME-Perfume

まとめ買いした中で、最初に聴いたのがこれ。
発売直後に、手に取ったときに買っておけば、プロモーションビデオのDVDが付いた初回限定版だったのに。
といってもこの中の曲はYouTube等で、映像付きで見ているのも多い。
Yahoo!動画で無料配信されているので、これなら高画質、高音質?のプロモーションビデオを無料で見ることができる。

いや~、やっぱり音だけでもいいわぁ~。
まだPerfume中毒は癒えていない。
個人的には「セラミックガール」「シークレットシークレット」「チョコレイトディスコ」あたりかな。

完全休養

というわけで、昨日はCDを聴いて、DVDを見て、だらだらしているうちに、日付が変わってしまった。
Wii Fitを買ってから初めて「からだ測定」をサボってしまった。

平日の時間が無いときも、一泊二日の旅の時も出発前に測っていたのに。
敵は、身近なところにあったか。

今日も、遠くへ行く気がしない。
部屋を少し片付けて、その途中で懐かしい漫画を見つけて、読みふけっているうちに辺りが暗くなってきた。

だらだらしていても、あまり疲れは抜けないのかな。

CD・DVDまとめ買い

某量販店の特売に参加する。
CD/DVDが割引になると言うので、欲しいと思っていたのを買うのを待っていたのだ。

平日の疲れが溜まって、予定よりも遅かった。
が、朝マックでフィレオフィッシュのセットを食べて、開店してしばらくしてからのお店に入る。

今、私がハマっているPerfumeの「GAME」をまず確保する。
次に、水曜日にリリースされたシングル「Love The World」の初回版があれば買ってやるのに...と思ったら、あった
昨日のミュージックステーションで、一位になってウルウルきていたあ~ちゃんを思い出してこれも買うことにする
もちろん初回版。

その次は映像ソフトコーナー。
遊佐未森のライブがDVDになっていたのを、水曜日の事前調査で発見したので、これも確保。
さらに、事前調査時には発見できなかった、Perfumeの「Fan Service~Bitter」を発見。
これ、ここになかったら別のところで買おうと思っていたので、見つかってよかった。

最後に、値引きしていた時期もあったが買いそびれて、通常価格に戻って見送り状態だった愛内里菜のTRIPも買うことにする。

さっさと会計を済まして、店を後にした。
これだけまとめて買うと、見たり聴いたりするのもそれなりのパワーが要る。
近頃はCDを買ってもウォークマンでしか聴いていないような気がする。
今日はじっくり我が家の高級オーディオで聴いてみよう。

「納入業者にもメリット」ヤマダ電機会長、公取委に反論

(7月10日20時2分配信 読売新聞)
ヤマダ電機の会長が
「納入業者側にも販路拡大のメリットがある。大手などは『お金は不要だ』と言っている。(派遣は)相手からの要望で、いなくてもいい」
と反論したらしい。

納入業者側にも販路拡大のメリット、をちらつかせながら派遣を暗に強制するのが、公正取引法に抵触するのだと思うのだが。
この会長は理解していないのだろうか。

消費者にとってはポイント還元やらで安く家電を手に入れられるのはありがたいことだが、あまり無茶をすると家電を作る側が困る。
ヤマダに逆らえない、などといわず、メーカーが一致団結して
「ヤマダに一定価格以下では商品を卸さない」
とやってくれればいいのに。
あ、これも談合で公正取引法に抵触するかも。

こうなったら、ヤマダ電機からはポイントマシーンと利益が低そうな商品だけを買うことでささやかな復讐をするか。
LABI1なんばの無料送迎バスもなくなったことだし。
これもきっと「来月から止めます」といって、委託業者を困らせたのだろうなあ。

アボガド

居酒屋でアボガドという食べ物を食べた。
植物のようだが、刺身のような感じだ。
食べ方も、醤油と刺身を付けて食べるらしい。

一切れいただいたけど、可もなく不可もなし。
こういう場なら食べるけど、自分から進んで食べるものでもないか。

他所者

最近、転職してきた人と話をする機会があった。
この人は、同業他社からの転職。
そういう人もいるもんだ、と感心。

話をしていると、前の会社のカラーをかなり引きずっている。
この人の目から見た今の会社像は、なかなかいいところを突いている。
たぶん、他の部署の人と軋轢を生みそうだけど。
こういう人がたまにはいないと、組織は活性化しないのだろう。

耐える

夕方から来客。
事前連絡が不足していて、出席するように言われたのは今朝だった。
しかも、主催者もリーダも忙しくて、来客の時間に集合することに。

準備を言い渡された若手にまで、別の呼び出しがかかり、会議室の準備でせいいっぱい。
仕方がないので私が来客用の正門まで出迎えに行くことになった。

顔は覚えていないけど2回ほど会ったことがある人のはずだった。
が、今回は4人で、そのうち一人は外人だ。

会議室にお通しする。
が、出席者が少ない。
肝心の出席者が出ている別の会議がまだ終わっていないらしい。

お客様の説明が始まる。
説明は英語。
たぶん、日本語で聞いても判らないような内容だ。
日頃の疲れと、プロジェクター用に落とされた照明も手伝って、途中で意識が飛んでしまった。

それにしてもうちの会社、何でこんなに段取りが悪いのだろう。

あんどーなつ

ビックコミックなんとか(調べたら「オリジナル」だった)で連載している漫画。
家に着いたらちょうど始まる時間だったので(9時からだと思っていた)録画して買い物に出かけた。
で、見てみる。

内容は...普通の人情劇です。
原作は、ビックコミックオリジナルを見たときに見る程度なので、思い入れが少ないから素直に見ることができるのかも。
舞台となる和菓子屋さんは、セットを組んであるみたいだし。

これがもっと思い入れのある作品なら、細かいところが気になって、話に入り込めないのだろうけど。

Tomorrow~陽はまたのぼる~第1話

いつも長谷部瞳が目当てで見ている前番組の「どうぶつ奇想天外」に、このドラマの宣伝で陣内孝則さんが出ていて興味を惹かれたので見た。

内容は昨今の時事問題から取っている。
ツッコミどころはないわけではないが、素直に見ることができた。

個人的には竹野内豊さんを長いこと見ていなかったので、私が知っている竹野内豊さんとのギャップにびっくりした。
竹野内豊さんが出演しているドラマを真剣に見るのは、木村佳乃目当てで見ていた「世紀末の詩」以来かな。
Wikipediaで調べたら、このドラマは1998年だから10年前か。
と思ったら「瑠璃の島」にも出ていたのか。
こちらもWikipediaで調べてみたら、かなり重要な人物。

まだアイドルだった(?)「世紀末の詩」の頃からいい芝居していた、と思っていた。
(当時の彼のイメージと著しく異なる役だった、らしい)
「瑠璃の島」の役も、彼の名前は覚えていなかったけど、難しい役だったと思う。
このドラマも「瑠璃の島」と同様、過去を持った役だ。
これからの展開に期待。

「瑠璃の島」は、コブクロの歌があったからドラマを見て、そのうちにドラマ自体にはまってしまった。
だから出演者はあまり覚えていないのかな。

ぱうだー☆

Perfumeの歴史を見ていて、私の記憶にヒットした物があった。
週刊少年マガジンの「トッキュー!!」という漫画で、アキバ系のアイドルのコンサートに行くくだりがある。
それってひょっとして...
と思って単行本をチェックした。

予想通り、16巻に掲載されている第149話「腑抜けの集団」に
「いのしか」「あっち」「のーちゃん」の3人組のアイドルが出ていた。
もちろん「あっち」は「のっち」、「のーちゃん」は「あ~ちゃん」だと判る人には判る。
アキバでビラ配りの記述も、Perfumeのプロフィールと一致している。

「いのしか」は「かしゆか」に今ひとつ似ていないけど、資料の写真が画のような感じだったのだろう。
ストレートのロングヘアーの写真ならもっと似せて描けたはず。
この漫画の画を描いているの久保ミツロウさんは女性だし。

この作品が掲載された頃は、「ポリリズム」でブレイクする直前か直後だと思う。
週刊少年マガジンにパロディで出てくるとは、Perfumeもメジャーになったもんだ、というファンのブログも見た。
一部で注目されて、木村カエラがラジオでかけまくったのがブレイクのきっかけと言われるPerfume。
この漫画のスタッフにもPerfumeファンがいたに違いない。

ANAがA380を導入!?

現在、世界最大の旅客機であるA380をANAが導入する。
こんなニュースが流れている。
羽田で真っ白なジャンボジェットを見かけて、日本の航空会社は大型機はもう導入しないだろう、と思っていたのに。

日本の航空会社が導入するとは思っていなかったなあ。
MRJに続いて話題の機種なので、話題性では文句なしだ。

ANAは、小型機でA320をやめてB737の新しい機種に統一していくことを決断したのに、大型機でエアバスを導入するのだろうか?
それとも世界に先駆けて導入を決めたB787が未だに納入されず、ボーイング社に愛想を尽かしたのだろうか?

ヨーロッパやアメリカなら、これだけの大型機を飛ばしてもよさそうだ。
整備コストなどを勘案しても、運行コストでB747よりもA380の方が有利なのだろうか。

夕立

家からの最寄り駅に着いた。
駅ビルを抜けて、出口の前で人が集まっている。
何だろう、と出口に近づくと、外は音が聞こえるほどの雨。
今朝の天気予報で
「雨対策は万全に」
と言っていたのを信じて、大きめの傘を持ってきた甲斐があった。
傘を差して外へ出る。
雨はますます激しくなってくる。
しまった。
これだけ降るのなら遠回りしてもアーケードのあるところにすればよかった。
家にたどり着いたときには、ズボンはぐちょぐちょに濡れていた。
こんんなに激しい雨が降るのも、地球温暖化のせい?

ウォークマンで動画再生

せっかく動画が再生できるウォークマンなので、一度試してみる。

前の機種からSonicStageは使っていたので、添付のCDは使っていなかった。
動画はエクスプローラなどで転送してもいいようだが、今回は動画以外の部分でトラブルを避けるためにソフトをインストール。

これで面倒なのが、動画の形式を選ぶこと。
昔はAVIかMOVかリアルオーディオくらいだったが、今はもっと複雑になっていて、正直私もついて行っていない。
今回は、某世界的規模の動画共有サイトの動画をファイルにしたものを素材にする。
そのままではウォークマンでは再生できないので、さらにそれをMPEG4に変換する。
これで準備完了。

ウォークマンに転送して再生してみる。
素材の音量が小さいのか、ボリュームをかなり上げないといい感じにならない。
が、元々いい液晶を使ってるのか絵はそれなりにきれいだ。

それにしても、画面の上下が空いている。
縦長の小さい画面の真ん中にさらに小さく表示されるのは...
と思ったら、ちゃんと設定があった。
「オプション」に「ビデオ表示方向」というのがあって、これを「横」にすると画面いっぱいに表示される。

画面が小さいので、強力な圧縮によるノイズもあまり目立たない。
ワンセグと同じで、しょぼい素材でもそれなりに美しく見える。
(これを「ワンセグ効果」とでも呼ぼう)
さすがに素材がしょぼいと、小さな画面でもしょぼさが判ってしまうこともある。
言い方を変えると、それが判るくらい、液晶画面の性能がいいということかも。

ただ、はっきり言ってPC主体で使うのは面倒くさい。
せっかく付属ソフトを付けているのだから、任意の動画を選んで転送、にしてくれないと。
(PCで再生できる動画の形式が多すぎて、すべてをカバーしきれないのは承知だが)

せめて、DVDからウォークマンに自動転送...
これは技術的には可能だが、著作権保護の観点から現実的には無理だ。
本格的に使いたいのなら、ウォークマンに直接転送できるレコーダなりを買え、と言うことだろう。

【送料無料】★SONY 320GB HDD搭載 ブルーレイディスクレコーダー映像を持ち出す「A」/2番組同時録画/たっぷりハイビジョン録画【税込】 BDZ-A70 [BDZA70]
FC2カウンター
プロフィール

owl1192

Author:owl1192
楽天ブログから引っ越し中。
もうオッサンになってしまった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR