スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道路特定財源の暫定税率分復活

会社から帰ってきて、ニュースを見ていると、案の定このニュースが。
中継の映像を見ていると、ガソリンスタンドには長蛇の列。
...今、選挙をすると、与党は惨敗だろう。
この怒りを次の衆議院議員選挙まで持続させないと、日本はいつまで経ってもこのままだろうなあ。

道路をいくら造っても、儲かるのは建設業者だけだろう。
「生活与党」と言っているあの党も、結局は「与党」にいることが重要なんだろうなあ。

「道路がないと企業誘致ができない」と知事が言っても、それ以外にも企業に訴えることはあるだろう。

今でも日本中のあちこちに工業団地があるのでは。
そこに企業を誘致できない理由は、道路だけではないと思う。

「goo」の「ニュース畑」に
「道路特定財源の暫定税率分がなくなると、地方交付金が少なくなる。
 地方交付金が少なくなるから、福祉予算を道路整備にまわす(ここがおかしい)。
 福祉等に影響がでる。
 地方交付金が少なくなるから、新しい道路整備をやめる(これが普通でしょ)」というのがあったが、全くその通りだ。

私は車に乗らないので、直接影響を感じることはない。
けど、車がないと生活できない地域の人は大変だろうなあ。
車で配達する宅配便を初めとする運送業の人も大変だ。
バスやタクシーなど、人を運んでいる業種も。
これらの料金もいずれ値上げされるのではないだろうか。
すでに高速バスの値上げは体験済みだ。
スポンサーサイト

昭和の日

今日は「(昭和)天皇誕生日」→「みどりの日」改め「昭和の日」でお休み。
会社は製造業なので、こういう場合は29日を出勤にして30日を休みにすることがあるが、今年は暦通り。

私にとっては、長い間祖母の誕生日だった。
子供の頃、年に一度、泊まりがけで旅行に連れて行ってもらったっけ。
そのときの記憶が、時を隔てた最近、突然目を覚まして、旅好きになったわけだが。

この「昭和の日」の名前は、首相の時は何もしなかったくせに今は政界の影の実力者気取りの「サメの脳みそ、蚤の心臓」森喜朗が「日本は天皇を中心とする神の国」などと、明治から第二次世界大戦前の発想の発言をしたおかげで、しばらくは「みどりの日」になった。

私が生まれたのは、戦争も、高度成長期も過ぎてからだが、昭和の期間の変化を考えると、休日の名前にしてもおかしくはないだろう。
「平成」は歴史の中に埋もれても「昭和」はずっと歴史に名を残すだろう。

大型連休の始まり?

今日は普通に出勤。
電車も普通に混雑していた。
休んでいる人が多いかな?と思ったら、事務の派遣の方が休んでいるだけで、ざっと見たところ休んでいる人は見つけられなかった。
子供が休みじゃないからでは休まないのでは?との同僚の弁。

私は、11連休にしたいところだった。
仕事が忙しくなければ
年休なんて、後生大事に取っておいても、取得期限が過ぎるとなくなってしまうし。
もっとも、長期休暇を取っても、先立つものがなければ引きこもりになるだけ。

...この時期は、本当は桜を追って北東北にでも行きたかった。
桜の名所の角館や弘前には、桜のない季節に行ったし。
来年こそは、大型連休をさらに大型化、したいなあ。

ウォークマンをリセット

ウォークマンをPCに接続したら、今日聴いた曲が消えていた。
ウォークマンに音楽を転送するソフトをSonicStageCPに変えた頃から、「Unknown」というタイトルとアーティストが再生中に出てくるようになった。
気にせず使っていたが、そろそろ潮時か。

と言うことで、いったんウォークマンの中に入っているデータをフォーマットした。
これでウォークマンの中身はいったん空っぽになる。

新たに数枚のCDを取り込んでウォークマンに転送。
さらにランダム転送も行う。
このランダム転送が面白くて
「ランダムに30分」
「転送していない曲10曲」
というのがある。
PCのOSをVistaに変更したときにいったん転送した曲の情報は消えているはず。
だから、ランダム転送を繰り返すと、最近転送していない曲が転送されることになる。

いったんリセットして空っぽになったウォークマンの2GBという容量は、かなりある。
PCに接続するたびに転送しても、しばらくはいっぱいにならないだろう。

請求をまとめる

W05K使用料の請求書が届いた。
(ゼロ円で)買った時に、案内をもらっていたが、放置していたためだ。
支払いはコンビニで済ませたが、これを毎月するのは面倒だ。
Edyで支払えればいいのだが、最近は出来なくなっている。
振り替えの書類はもらったはずなのだが見つからない。
そこで、近所のauショップに行って聞いてみることにした。

とりあえず見つかったのはauショップではなく旧ツーカーのショップ。
ツーカーはすでになくなってしまったので取り扱っているのはすべてauの製品だ。
中に入って、きょろきょろしているとすぐに声をかけられた。

携帯電話とW05Kと持っているのだが、請求を一つにまとめたい、と言うと座って待つように促された。
書類でも取ってくるのだろう、と思ってしばらく待つ。
店内には「研修中」の札をつけた人もいる。
店内に置いてあるアメを一ついただいて待つ。

様子がおかしいぞ、と思った頃に最初の店員が再び現れる。
「お待たせしました、確認しておりますのでもうしばらくお待ちください」
と今度は私の前でどこかに電話している。
聞いていると、一人で2回線の契約をまとめることはできそう。
だが、W05Kは発信専用なので、電話番号が...ということでやりとりしているようだ。

私は(ゼロ円で)買った時に、W05Kにも電話番号があることを聞いていた。
持参した契約確認のはがきにも、W05Kの電話番号が書かれている。
その旨を店員さんに伝えたところ、店員さんも了解したようだ。
客に教えられて、店員さんはバツが悪そうだ。
が、こんなことでメガネっ娘の店員さんをいじめるのは紳士的ではない。

書類を書いて、署名をして手続き終了。
5月分には間に合わないが、6月分からはまとめて請求されるだろう、とのこと。
こんな手があるのなら、売った時点で教えてもらいたかった。
通信カードがauで、携帯電話は別の会社、というのは普通はないと思うが。

夜の電車

会社から疲れて帰る通勤電車。
夜も10時を過ぎると、アルコールの入った人の姿が目に付く。

駅で待っているときに、隣のベンチに座った白髪の紳士。
貧乏揺すり?がやたらと大きくて、怪しい度が高い。

電車に乗ったら乗ったで、前のオッサン声がでかい。
まあ、私も酒が入ったらあんな感じになるのだろう。

さらに、昨日も悪臭を漂わせていたオッサンも乗っている。
彼は今日も裸足だ。
裸足の足が青い、というか黒い。
夜になるとまだ寒いのに。

最寄り駅に着く。
今日もコンビニ弁当だ。
反射で姿が映るところでは、若者がダンスの練習をしている。
練習するのはいいのだが、ちゃんと後片付けをしろよ。
買ってきたジュースやらを散らかす輩もいるからな、と思う。

自宅でヤケ酒

会社でムカツクことがあった。
大人なのでその場は穏便に済ませたが。

こんな日は、悔しいやら腹が立つやらで平常な気分に戻るためには何か策を施す必要がある。
幸い、うちには千歳基地航空祭で買ったワインが残っている。
これをいただくとしよう。

帰りはカマっぽい店長のコンビニは避けて、駅のコンビニにする。
酒を飲むのでカロリーを気にして夕食は助六寿司。
つまみはチーズ系。

家に帰ってワインを開ける。
見てみると、ワインはハーフボトルだった。
これなら一度で飲みきることができる。
ハスカップの赤ワインとケルナーの白ワインの詰め合わせだが、ハスカップは甘そうなので白ワインを選択。

本格的にコルクで封をしてあるので、コルク抜きを使って開封。
早速一口飲んでみる。
あ、甘~い。
久しぶりにこんな甘いワインを飲んだ。
ラベルには確かに「甘口」と書いてある。
でも、自然な甘さだから飲める。
ラベルは千歳基地航空祭のラベルになっているが、中身はこれだと思う。

2006年JWC銅賞受賞!千歳ワイナリー北ワイン 2005ケルナー 甘口
というか、こっちの方が高級だろう。

だんだん酔いが回ってきた。
何もかも忘れたい、こんな日もたまにはある。
全部飲んだら何もせずにさっさと寝よう。

光市母子殺害事件、被告に死刑判決

やっぱり、死刑判決が出たか、というのが正直な感想だ。

昔は死刑廃止論者だったのだが、大人になってから考え方が変わってきた。
もちろん、冤罪の可能性がある場合なら、徹底的な検証が必要だろう。
だが、この事件の場合にはちょっと、と思ってしまう。

裁判員制度と絡めて、刑罰が重くなる傾向にあることを危惧する論調もある。
一面ではそう思うが、この事件のように被害者に何の落ち度もない場合には、犯人に厳罰が加えるべきというのが今の世論の流れだと思う。

今の司法は、貧しさのあまり犯罪に走ることが多かった時代に合わせてできているように感じる。
万引きのような軽犯罪から自分の欲望を満たすために行う今の世の中とはずれがあると思う。

今回の犯人に死刑判決が下ったからといって、この手の犯罪が減少するとは思わない。
が、犯した罪にふさわしい罰をあたえることも必要だと思う。

ニッポンの「課長」が危ない!

(4月12日10時0分配信 日刊ゲンダイ)

Yahoo!ニュースで目に留まった記事。

私が社会人になった頃には、みんなが同じように出世していく制度は崩壊しつつあった。
新入社員だった頃「課の長」ではない「課長」の大規模な配置転換
(俗に言う「リストラ」というやつ)
を見せられて、社会の厳しさを感じたものだ。
その後、(前の)会社は大規模な人事制度の変更を行って、今に至っている。
(と、言っても辞めた後のことは知らないが)
今の会社で3つめの人事制度かな。

作っているモノが違うので、単純に比較はできないが、前の会社の、新しい人事制度では、課長(という呼称ではなかったが)には、絶大な権限が与えられていた。
査定も厳しくて、成果が上がらなければ半年ごとの人事異動で肩書きがなくなるような制度だった。
問題点も多々あるのだが、最大でも20人ほどの部下を率いる前の会社の組織には合っていたと思う。

それに比べると、今の会社の課長さんは、この記事に当てはまるように上と下との板挟みだ。
私の直属の課長は、まさにこれ。
前のプロジェクトの時に、いろいろとあって痩せたのだが、その体重が回復する日は当分来ないだろう。
もう一人、今のプロジェクトの責任者にされてしまった課長。
今の会社では、プロジェクトの規模によって責任者になる人のランクが決まる。
彼は、誰もが難航必至と見られた巨大プロジェクトの責任者に、課長になるとすぐに任命されてしまった。
元々普通の体型だったのだが、今は激やせ状態で、メタボくんとは無縁だ。
もっとも、精神的には病んでいるのだろうけど。

ホテル白山

島原で泊まったのはホテル白山
着いた頃にはあたりも暗くなってきたので夕食をホテルのレストランで摂る。
なかなかおいしかった。このとき、レストランは広い部屋一つだった。

翌朝、朝食を摂るため同じレストランへ。今度は二部屋になっていて、違う部屋に来たのかと戸惑った。
大きなホテルではないので、2つもレストランがあるとは思えない。
中に入ってホテルにチェックインするときに選んだ和食の食事券を渡す。
朝食が運ばれてくるのを待つ間にレストランを見渡す。
そうか。
朝食は少人数の場合が多いので、しきりを設けてそれに沿わせて4人掛けのテーブルと椅子を配置しているのだ。
きっと夕食の時間が終わった後、従業員の方がレイアウト変更を行っているのだろう。
西日本なので、私の苦手な納豆は出てこなかった。
朝食のご飯はおかわりができる。
飲み物は飲み放題だ。

ここのホテルのスタンプカードをもらった。
無期限で12回宿泊すると現金で還元してくれる。
でも大阪に住んでいる私があと11回島原に来るとは思えないけど。

どうぶつ奇想天外

番宣のため田中麗奈が出演。
これでレギュラー長谷部瞳の出番がますます減る…
と思ったら、ヘビの登場に腰を抜かしていた。
こういう場でヘビを首に巻き付けるほしのあきの芸人根性はさすがだ。

その後、盲導犬の引退後の話がでていた。
泉ピン子が盲導犬が引退した後過ごす施設を訪問。
前回訪問時に寝たきりだった犬が天寿を全うしていたり、ピン子に盲導犬のすごさを教えた犬が病気になったりで、ピン子が涙を流したりする。
そのVTRを見て、長谷部瞳ももらい泣き。
美人は何をしても美人だ。

うちの親も目が悪いので、盲導犬の話は別世界の話ではない。
こんなふうにどこかで誰かのお世話になっているかもしれないし。
今度、どこかで盲導犬育成の募金箱を見つけたら、少しでもお金を入れてみよう。

「市町村は人件費抑えよ」と橋下知事、4時間後には撤回

(asahi.com 2008年04月18日23時15分)
私の期待に応えて、橋下大阪府知事が言ってくれた。
「府下全域で一斉に10%下げれば相当財源が出る。
 府民サービスが切り込まれるとか、金がないだとか、ああだこうだ言う前に、自分たちの人件費に切り込めと言い続けたい」

すばらしい。
そもそも民間企業で会社が赤字なら、上から順番に給与カットは当然行われるだろう。
私も一度給料5%カット+賞与減額という経験がある。

が、この発言は府の職員が諫めたので、この発言は4時間後に撤回されたらしい。
この発言は至極まっとうなものだと思うが。

10%はとにかく、私が1年間の期限付きで食らった5%カット+賞与減額くらいはしてもいいのでないか。
もっとも、これが長期間になると別の問題が発生するが。

橋本知事、泣かされる

今朝のニュースで見た。昨日の夕刊にも出ていた。
テレビで見ていると、首長が悪者に見えなくはない。
新聞の記事には、市町村の歳入のうち、府からの補助金が大きな割合を占めている現状にも触れられている。

首長は
「まずは府が市町村に迷惑をかけないように支出を削減しろ」
みたいなことを言っている。
それはごもっともなのだが、市町村の方はどうだろう?

橋本知事は
「地方公務員の人件費は高すぎる」
と主張しているのだから、ここで反撃できればよかったのだが。
「大阪府の職員よりも給料をもらっている自治体には、補助金を出さない」
くらいに逆ギレすれば、面白かったのだが。

六万石 - 丸亀(香川県)

丸亀のお菓子屋さん寳月堂のお菓子。
商店街でも見かけたが、訪ねたときは店に人の気配がなかったので通り過ぎた。
これを買ったのは駅の売店で。
丸亀銘菓六万石

赤ちゃんが食べる薄いせんべいの間に餡を挟んだ感じ。
不思議な食感で、お茶に合うお菓子だった。
これは銘菓にふさわしい。おすすめ。
楽天では扱っていないけど。

この間が埼玉銘菓「埼玉銘菓 十万石まんじゅう」だったが、今回は4万石ダウンの六万石。
会社の人にはウケた。
ちなみに福島県を代表するお菓子「ままどおる」を販売しているのは三万石、だったりする。

丸亀の街

高松でブルーインパルスを見て、丸亀に移動。
夕食を食べるところでも探そうか、と思ったら、商店街は見事なシャッター通り状態。
アーケードで日が入らない分、余計に暗く感じる。
土曜日の夕方だったからか...そう信じたい。
まあ、地方都市の商店街にありがちな現象だが。

大きな本屋さんがあったので、中に入ってみる。
そこで、長谷部瞳が表紙の週刊アスキーを見つけたので購入。
ついでに、普段は喫茶店で読む週刊少年マガジンの最新号も買った。

夜食などを買えそうなところがないので、いったん駅に戻る。
駅にはコンビニエンスストアがあったはずだ。
と思ったら、立派なスーパーマーケットがあった。
ここで夜食のバームクーヘン一切れと、紙パックのジュースを購入。
これでホテルに行く準備ができた。

今回泊まったホテルは、瀬戸大橋がきれいに見えるところに位置している。
が、周りにコンビニエンスストアなどがないらしい。
場所も駅からだと結構遠い。
丸亀駅から車で5分、らしいが「楽天トラベル」のルート案内だと2km以上で、歩くと30分くらいかかりそう。
...あきらめてタクシーにする。
タクシーで行くと1000円弱だった。

前日の記事の通り、翌日は丸亀城へホテルからタクシーで直行した。
今度は丸亀のモーターボートレース場に行く車で渋滞していた。
タクシーの運転手さんがモーターボートレースの話をいろいろと振ってくる。
関西にも尼崎にボートレース場があるが、私には今ひとつピンと来ない。
丸亀城がコンクリート製ではないことは運転手さんに確認した。

丸亀城散策

せっかく丸亀まで来たのだから、丸亀城を見学する。
今回泊まったホテルは、丸亀駅からも丸亀城からも離れているので、贅沢して移動はタクシーにする。
行き先はもちろん丸亀城。
町歩きなら駅のコインロッカーで荷物を預けるのだが、観光施設ならコインロッカーくらいはあるだろうという計算だ。
降りる前に、タクシーの運転手さんに、丸亀城天守閣への入場が無料になる券をもらった。
実質200円のサービスだ。

遠くから見ても、急な山の上に建っている丸亀城。
坂もかなり急な傾斜になっている。
敷地内は近くで見るとかなり葉桜になっているが、サクラが残っている。
それを見ながら、のんびりと天守閣へ。
丸亀城二の丸の桜

本丸からは丸亀の市街地や、瀬戸大橋も見える。
これで空が青ければ最高だったのだが。

天守閣に入る。
タクシーでもらった無料券を見ると、しばらく考えて
「あ、これね」
と通してくれた。

丸亀城は創建当時の姿が残る木造の天守閣で、上がるには急な階段を上ることになる。
最上階に上がったときは、私も少し恐怖を感じた。
一回りして考えると、階段の近くが傾いているように感じたからだ。

天守閣に登った後、本丸をぐるりと一周する。
二の丸を見下ろすと、かなり散っているがサクラの木が並んでいて、その下で花見をしている。

満開だったらきれいだっただろうなあ。

大阪-高松 高速バス

今回は、行きはバスで高松へ行った。
ちなみに大阪から高松へは、鉄道もある。
こちらのほうが早いが、岡山駅で乗り換えの手間がかかるし料金は高い。

前回は、朝一番のバスだったが、今回は1便遅いバスにする。
バスは、「発車オ~ライネット」で予約。
運行会社の阪急バスのWebサイトを見ると、料金はあらかじめ払っておくように、のようなことが書いてある。
確か、前回は阪急三番街にある乗り場で買ったような記憶がある。
が、阪急バスのWebサイトを見ると、ここは朝八時からの営業とある。
恐らく大丈夫だろうと思ったが、念のため「発車オ~ライネット」で決済を済ませておく。

朝の目覚めはよかった。
予定通り阪急三番街のバス乗り場に着くと、乗車券を求める人で列ができていた。
少し時間に余裕があるのでロッテリアで朝食を調達。
朝食を買って戻ってくるとちょうどバスに乗り込める時間だ。

事前決済のため、チケットを持っていなかった私に、運転士は少し驚いたようだ。
説明するとちゃんと情報は登録されていたので決済に使ったクレジットカードで本人を確認して乗ることができた。
バスに乗り込んで、無料サービスの飲み物を、と思ったら、このサービスは無くなっていた。
10回乗ると1回タダで乗れるスタンプカードも廃止。
原油高でそんなサービスをする余裕はなくなったのだろう。
ちなみに、運賃も前回乗った時より上がっている。

あいにく今回も隣に人がいる席しか取れなかった。
が、前回とは反対側の進行方向向かって左側の席だった。
おかげで、ゴミ処理施設と知って驚いた大阪市環境局舞洲工場をじっくり見ることができた。
大赤字を抱えて、同じく大赤字を抱えてる大阪府と闘争している大阪市にはこんな施設があることを忘れてはいけない。

VAIO TypeUとW05Kの組み合わせで、バスの中で瀬戸大橋開通20周年記念行事をチェックする。
その間もバスは阪神高速湾岸線を進んで、高松を目指す。

明石海峡大橋を渡り、淡路島に入って、途中のパーキングエリアでトイレ休憩。
前の席が空いていたので移動したら、人数チェックの時に、元の席に戻るように言われた。
最前列は基本的に客を乗せないようだ。

四国に入ってすぐ、私の隣の人は降りた。
そこからは眠ってしまって、気がついたら高松市内に入っていた。
バスはほぼ定刻に高松着。
やっぱり乗り換えがないのは楽だなあ。

ちなみに、大阪-高松の高速バスは、私が乗った梅田(大阪駅)発の他に、なんば発のフットバスというのもある。
さらに、楽天トラベルのツアーバスもある。

楽天トラベルのツアーバスは、前回検討したが、3日前までに予約する必要があったので見送った。
こちらの方が、座席はいい。
ただ、トイレ休憩の案内がどこにもないので不安だ。
ちなみに、直接運行会社に申し込めば、楽天スーパーポイントは付かないけれどさらに安くなりそうなのは秘密だ。

瀬戸大橋開通20周年記念行事-その2

瀬戸大橋開通20周年記念行事-その2
丸亀で一泊して、朝から瀬戸大橋の上空を通過するブルーインパルスを待つ。
が、ちょっと瀬戸大橋からは距離がある。
おまけに天気も曇っている。

が、いまさら移動しても間に合わない。
通過予定時刻まで待つ。

10時ちょうどに、大橋の向こうから、ブルーインパルスがスモークを引きながら登場。
が、距離が遠すぎて思ったような絵が撮影できない。
スモークを引きながら、ゴールドタワー上空を通過。
ゴールドタワー上空通過

ここからもうしばらくスモークを引きながら飛んで、スモークOFF。
旋回して高松の方へ飛んでいった。

tag : 飛行機

瀬戸大橋開通20周年記念行事in高松

高松でブルーインパルスが展示飛行を行うというので、朝からバスで高松へ。
雨は降っていないが、空は雲が多い。
いつもの音楽が流れて、そろそろ演技開始。
「進入して参りました」
のナレーションとともに、ブルーインパルスの機体が高松上空を飛ぶ。
高松でのブルーインパルス

が、位置が悪くてきれいな絵が撮影できない。
ナレーションに注意しつつ場所を移動する。
「ハート」も「サクラ」も大きすぎて全景を撮影できず。
その後も今ひとつ、いい絵が撮影できないまま演技終了。
場所取りに失敗したのがすべてだった。

その後、高松港をぶらぶらして、帰ろうとしたとき、駅から遠いのに駅でよく聞くアナウンスが耳に入ってきた。
何だろう、と思って見に行くと、いつだったか飛行機の機内放送の落語チャンネルで聞いた芸人さんが演技をしていた。
立川真司
話芸は生で見ると迫力が違う。
これは、かなり体力と肺活量が要りそうだ。
帰ってから調べると、立川真司さんという方。
公式ページはこちら:http://homepage3.nifty.com/monomane/index.html

十万石まんじゅう-埼玉

熊谷基地さくら祭のおみやげ。
「熊谷」と言えば「五家宝(ごかぼう)」だが、今回は五家宝の隣の店で売っていたこれも買ってみた。

名前が「十万石」。
会社の名前にも「十万石」。
URLも「十万石」。
という剛速球なお菓子。
しかも、「十万石」で検索すると、トップで出てきた(私が検索したときは)

同僚に聞いてみると、埼玉の人なら誰でも知っているというくらい有名な「埼玉銘菓」らしい。
といっても、埼玉県は西武沿線とJR沿線で結構離れていて、沿線で文化も違うような気がする。

島原銘菓-がんば最中

島原では、ふぐのことを「がんば」と言うらしい。
この旅は、時間がなかったので、島原城の土産物屋で慌てて買った。
ちなみに中身もふぐの形になっている。
(食べてしまったので写真はない)
Monaka.jpg

くいだおれが閉店

大阪のシンボルの一つである「くいだおれ人形」
それを看板にしている飲食店「くいだおれ」が閉店することが決まった。

最近改装して、メニューが減ったので気になっていたのだが。
また、くいだおれ人形の前は混雑していても、店内が空いていたのも気になっていた。

私が入ったことがあるのは1階の洋食屋の部分だけ。
2階以上の部分は利用したことがない。
やはりあまり儲かっていなかったのか。

高崎線

熊谷に向かう手段も、3度目となると慣れた。
今回も大宮から高崎線に乗った。
行きも、荷物が多いのでグリーン車を考えたが、30分ほどだったのと、大宮駅の行列がさほどでもなかったのでやめた。
途中、快速列車の通過待ちがあった。
JRで快速と言えば追加料金不要で早い列車のこと。
だが、大きな荷物を持って乗り換えて、少し早く目的地に着いても利益は少ないし快速の方が混雑していそうなので乗り換えなかった。
帰りは籠原駅から。
帰りこそちょっと贅沢をしてグリーン車で、と思ったが、グリーン車の近くに自動券売機がなかったのと、始発駅で座席を余裕で確保できたので普通席で帰ることにする。
乗り換え案内では、赤羽で京浜東北線への乗り換えを推奨されたが、赤羽ー上野間は高崎線の方が駅は少ない。
乗り換えて座れないのも面白くないので、そのまま終点の上野まで乗って帰った。
上野駅で、やってきた京浜東北線に乗り換え。
赤羽で乗り換えるのと、上野で乗り換えるのと、どっちが早かったのだろう?

tag : 鉄道

郵便配達

先週、「不在なので持って帰った」郵便物があった。
昨日、旅から帰ってきたところなので今日配達してもらうように依頼した。
時間指定で一番遅い時間を選択。
それに間に合うように会社を出た。

マンションの前に帰ってくると、郵便配達さんがすでにいる。
配達さんは
「少し早いんですけど...」
と恐縮することしきり。
きっと「いればラッキー」くらいのつもりで来たのだろう。
遅くなると雨が降るという天気予報だったし。

私が少し早く帰ったおかげで、郵便配達さんを少し幸せにしたわけだ

熊谷さくら祭

朝、熊谷駅のコインロッカーに荷物を入れて、荒川の桜を撮影しようと思ったら、コインロッカーが調整中とかで使えなかった。
荒川の桜はあきらめて、熊谷基地近くの籠原駅へと向かう。
あまりあてにしてはいなかったが、こちらはコインロッカーが空いていた。
着替えやおみやげなどの、航空祭には不要な物を詰め込んだリュックを預ける。

基地までは、去年はバスだった。
今年はどうしようかと思ったが、帰りの体力を温存するためタクシーを使う。
判った運転手さんで、乗った瞬間「自衛隊かい?」ときた。
タクシーが走り出すとすぐ、自衛隊が雇っている(と思われる)無料バスがやってきた。
これだと無料だが、渋滞の中を走るので遅い。
710円は時間を買ったと思っておこう。
「初乗り710円って、高いなあ。」というと
「このあたり(埼玉県北部)はだいたい710円になった」とのこと。
関西人らしく「儲かりまっか?」と尋ねたら
「初乗り運賃が上がって儲かる分より、出迎えの費用を値下げした方が堪える」とのこと。
一見さんには厳しいが、一定需要を見込める所にはそれなりに優遇しているのか。
この運転手さんのおかげで、初乗り運賃で基地のすぐそばまで来ることができた。
礼を言ってタクシーから降りる。

会場は多くの人で賑わっている。
花見を終えて帰る人までいる。
そんな中、食料を調達してファンシードリルが行われる会場へと向かう。
飲み物は100円、弁当は500円で安かった。
私が会場に着いた頃は、ちょうど一回目のファンシードリルが始まったところだった。
これを人垣の外から見学して、2回目のファンシードリルに備えていい場所を確保する。
今回はブルーインパルスの後でファンシードリルなので、ここでの場所取りが重要だという判断だ。

次はCH-47とUH-1の展示飛行。
CH-47は派手に飛んでいたが、逆光で撮影できず。
UH-60の救難展示は、ちょうど木がじゃまして撮影できず。

昼休みを挟んでブルーインパルスの展示飛行。
フルの展示飛行ではないが、これもまた趣がある。
が、「サクラ」も「ハート」も撮り損なってしまった。
というか、大きすぎて12mmのレンズでも入らない。

続いて、二回目のファンシードリル。
このとき、中卒から航空自衛隊に入隊する航空生徒という制度が無くなることを知った。
このため、ファンシードリルも今年限りだそうだ。
高校進学率が100%近い今となっては不要な制度なのだろう。

その後は飛行機の展示飛行。
T-7、C-1ときて、最後がF-15。
だったのだが、F-15は熊谷近辺上空の混雑のため、一航過だけで終了。
こんなこともあるのか。

移動日

明日は熊谷基地でさくら祭りが開催される。
今は仕事が忙しいので、行こうかどうか迷ったが、精神の健康を維持するため、行くことにした。

が、昨日会社を出たのが午後10時前。
早めに出て、熊谷で荒川の桜を見る計画は早々にあきらめた。
結局、大阪でお昼を食べることにした。
が、今ひとつ食欲がなくて、空港のお弁当に。

飛行機は、辛うじて窓側を確保できた。
弁当では腹持ちが悪かったのと、熊谷で夕食を食べるところがあるか不安だったので、空港で夕食を食べる。
大きな荷物を持って2回も乗り換えるのが嫌だったので、大宮まではバスで移動。
空港を出ると、道路は渋滞で、止まったり動いたりを繰り返す。
途中で寝てしまい、気づいたらさいたま新都心だった。

バスを降りて、駅近くのそごうで夜食を調達。
ここからは電車だ。
去年はめちゃくちゃ混雑していて不安だったが、今年はそれほどでもない。
熊谷に着いたときは、もうあたりは暗くなっていた。

何か新しいモノを見るわけでもない、乗り物を乗り継ぐだけ。
でも、乗り物に乗っている間は、思い出すと憂鬱になる俗事を考えなくてもすむ。
...場所を移動するだけでなく、お金もかかるけど。
精神的にはよさそうだ。

神戸電鉄

そういえば、神戸電鉄に乗ったのは何年ぶりだろう。
神戸の地震で、まだ代替交通機関が整備されていなかったときに、無事だった神戸電鉄で、三田を経由して大阪に出たとき以来だろう。
昔は学校の遠足や、近所の同世代の子供と行ったぶどう狩りなんかでときどき利用していたと思う。

昔は急行や準急があったような気がするが、それらしい列車は私が乗る時間にはなかった。
新開地駅から粟生線の4両編成の列車に乗り込む。
短い編成だが、本数は多いので悪くない。
車内は時間帯のせいもあって空いている。
見慣れた風景が車窓を流れていく。
かつては、各駅停車でも
「菊水山には停まりません」
と放送されていたのだが、菊水山駅は廃止になったようだ。

鈴蘭台駅に到着。
かつては「鈴蘭台に家を買った」というと
「えらい遠くやなあ」と思ったものだが、かなり近い。

ここから先が長い。
風景も、住宅の数が減ってきて、いかにも「郊外」と言った趣になる。
さらに途中で単線になるのですれ違い待ちが発生する。
が、何らかの事情で開発が進んでいるところは、普通の町ができている。
目的地の三木も、その中の一つだ。
子供の頃は、とてつもなく遠いところだと思っていたのだが。

BigKidのお好み焼き

三木鉄道に乗りに行く途中、三宮で途中下車。
我が生まれ故郷にお金を落とすべく、昼食をとることにする。
ひさしぶりに来たセンタープラザの地下。
ガンジーのカレーもよかったが、カレーな気分ではないのでお好み焼きにする。
ここは普通のお好み焼き屋さんなので、腹一杯食べようとすると、学生時代なら躊躇する金額になってしまう。
今は社会人だし、あの頃ほど食べられないので問題ない。
あと、ここは空いている時間にショーケースを見ていると、店員さんがでてくるんだな。
今回もお昼前の時間だったので、ショーケースを眺めていると、店員さんが出てきた。
店内には「イチロー選手ご来店」の写真が飾ってある。
外国人らしい店員さんが注文を取りに来る。
そういえば「アキバ海岸」の店員さんもこんな話し方だったな。
この子は見た目も大陸系だ。
そうこうしているうちに、早めのお昼を済ませようと、客が入ってくる。
厨房はフル回転だろう。
後ろで、私の注文がさばかれているのが聞こえる。
俺が頼んだのはイカ玉なのに、大将はブタ玉だと勘違いしている。
もちろん、注文票にはちゃんと書いてあるので正しい品が出てきた。
ひさしぶりに食べたビッグキッドのお好み焼きは、ソースが少なかったように感じた。
ここのソースは辛く感じていたのでまあいいが。
私が食べ終わる頃にはほぼ満席になっていた。
食べ終わったら次の目的地へ移動だ。
会計に出てきたのは、さっきの外国人っぽい店員さん。
おっと、数字の読みが怪しい。
私の経験でも、数字は難しい。
彼女はにっこりと笑顔を見せてお辞儀をした。
神戸も、外国人が多い町だ。
そういえば、東京のウェンディーズで英語で対応していたのは、アジア系の店員さんだった。
日本人もがんばらないと。

春の別れ

今年の春は、私の行動範囲で三件のお店がつぶれた。
1,激安ラーメン店
一度食べに行った。
値段相応の味だった。
二度と食べないだろう、と思った。

2,個人経営の弁当屋
今の家に引っ越してきたときに、初めて見つけた弁当屋。
メニューはまあまあだったが、通常の弁当だと野菜が少なかった。
味はよかったのだが、近所に大手の弁当屋が参入してから経営状況がよくなかったのかな。

3,個人経営のうどん屋
味はまあまあ、値段もそこそこ。
うどんが食べたいときは、ここに来ることが多かった。
いつの間にか閉店していてびっくり。

他にも、街の風景だった店が何軒かなくなっている。
あるものは別の店に変わっているが「貸店舗」の看板だけが目立つ店も。
残念ながら、個人経営の店が減って、チェーン店が増えているような気がする。

辞令

四月一日。
エイプリルフール、ではなく、新年度の始まりの日だ。
今年は組織変更に伴い、部署名が変わるので辞令を受け取った。
旧部署の全員を集めて、旧部署長が一人一人に辞令を渡す。
今の会社に入社したときにもらったのに続いて、二度目の辞令だ。
もっとも、部署名が変わっても、私の仕事は変わらないのだけれど。

いろいろと変わるのに、社内のWebサイトはまだ公式発表がない。
いくつか気になる異動があるのだが、まだ確認できていない。

FC2カウンター
プロフィール

owl1192

Author:owl1192
楽天ブログから引っ越し中。
もうオッサンになってしまった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。