宅配便

昨日の夜の話。
祖父の介護用品が届かない、と母が言う。
宅配便で今日届くはずだったのに....

届いたのは夜の9時を過ぎてからだった。
宅配便屋さんは、年末は大忙しなのだろう。
私が通販で土産物を買えなかったのも頷ける。

今日は、ヘルパーさんと看護師さんがうちにきて、祖父の世話をしてくれている。
彼女らも今日はお仕事だ。
確かに、介護には休みがないが。

年末年始、働いているすべての人に
「お疲れ様」
という感じだ。
スポンサーサイト

帰省みやげ

年賀状も作ったので、実家に帰る。
と、いっても大阪府から兵庫県なので近いのだが。
帰る前に、地元の物販店で、お土産菓子を買う。
土産物屋はかなりの混雑。
集中レジなので、空いている和菓子を買っても、列に並ばなければならない。
この季節は混雑を予想してか、セット物はあらかじめ箱に詰めてあるのだが、それを取りに来る店員さんが、場所を把握していないのでバタバタしている。

たっぷり待たされたが、無事にお土産を買うことができた。
最初は楽天で買うつもりだったが、年内の配達は無理だったので。
去年はちゃんと準備していたのだけれど。

年賀状印刷-後編

なぜ今年はソフトを買ったかというと、うちのキヤノンのMP810には自動両面プリント機能がついているから。
この日のために、ではないが、試し刷りのために、近所の家電量販店に、はがきサイズの用紙を買いに行く。

これでプリンタとディスプレイの発色傾向の違いもわかるだろう。
(紙の違いがあるので厳密ではないけど)

いよいよ「楽々はがき」で両面印刷。
「楽々はがき」では、印刷時に「両面印刷」タブに切り替えて印刷を実行すると、両面印刷が行われる。

紙をセットして、印刷スタート。
あ、紙の方向を間違えた
...いきなり年賀はがきを使わなくてよかった。
キヤノンのインクジェットプリンタMP810は、はがきを背面トレイから給紙する場合、印刷面を見えるように給紙する。
印刷は、宛名面から始まることがわかったので、切手のマークが書いてある方を上にして印刷。

今度はうまく印刷できたが、色合いがいまいち。
その後も3回ほど色合いを調整して、まあいいか、というところまで持って行った。

自動両面プリントは、便利、というより、給紙の失敗する回数を減らしてくれるのがうれしい。
片面を印刷して、次に紙をセットし直すのに失敗したときの精神的ダメージは大きいし、インクも用紙も無駄になってしまう。

あまり当てにしていなかった機能だったが、とりあえず便利さを実感できた。

年賀状印刷-前編

この前の連休中に、気力が萎えてできなかった年賀状作成。
気合いを入れ直して仕事納めの日の夜から開始。
去年の年賀状作成の記憶は、ない。

今回は、プリンタの機能をフル活用できるよう、新しい宛名書きソフトを買った。
ジャストシステムの「楽々はがき」だ。

楽々はがき2008 デラックス DL版

世の中には、もっと有名な宛名書きソフトがあるが、今回はジャストシステムを応援、ということでこれにした。
どうせ年に一回くらいしか使わないし。

で、今まで使っていた「宛名職人2008 ダウンロード版」の住所録をインポート。
と思ったら、古すぎるのか読めなかった。

ハードディスクの中を探し回って、ようやくCSV形式の古めの住所録が見つかった。
これを元に宛名面を作成。
やれやれ。

青年実業家

今日は某社の社長と会った。
社長と言っても、従業員は一桁。
社名からすると、どこかの外資系の日本支社かと思っていた。
が、社長が考えた言葉らしい。
うちの業界に限らず、日本語の名前だと目新しさがないので、そこはやむを得ないか。

海外では、この手の、俗に言うベンチャー企業というのはそれなりの地位を占めているのだが、日本ではあまり聞かない。
海外の企業がやっているとある製品の対抗版だが、個人的には応援したい。
が、平社員の私に、決定権はない。

技術はあっても、設備をもてないところで、うちに支援を依頼したらしい。
できる限りの支援はしたいところだ。

ひさしぶり

ひさしぶりに、プログラムを組むことになった。
これまでは「ソフトウェア技術者」とは言っていたが、作るのはプログラムではなく「仕様書」
いちおう開発環境はあるのだが、インストーラができるまでのテストが主な目的で、これも、もうすぐほとんど使わなくなるだろう。
私が作るプログラムは、テスト用なのでこれがお客様の所に出ることはない。
だから、適当に書いてもいいのだが、昔ばりばりプログラムを書いていた頃とは環境がかなり異なる。
あと、使っている部品(ライブラリ)も異なるので、リファレンスを引きまくっている。
一日がかりでできたプログラムは、それなりに動いている。
が、そのプログラムが吐き出した結果が問題だ。
やれやれ、もう一度検討が必要だ。

初代新幹線0系、引退へ 「鉄道(26860)」

新聞を見ているとこんな記事が目に入った。
じわりじわりと数は減っていたが、来年(2008年)11月に完全引退するそうだ。
朝日新聞の記事によると、車両の老朽化に加えて
「N700系や、500系「のぞみ」が最高時速300キロで走るのに対し、時速220キロまでしか出せず、ダイヤ編成上のネックになっていた」
とあるが、そうなると、時速230キロ?の100系はどうなるのだろう?

もう一つ気になるのが、0系の後継に、500系を使う、と書かれていること。
500系は300系、700系、N700系と異なり、車両の定員が違うので扱いにくいとか、「のぞみ」に自由席ができたが、先頭車両の乗降口が1カ所しかないなど「のぞみ」で使うのには扱いにくい車両らしい。
今まで憧れの車両(お金を払うと誰でも乗れるけど)だった500系がいきなり「こだま」に格下げとは。
ずいぶん前に、低迷する山陽「こだま」のてこ入れのため、「こだま」専用の新型車両を作るという噂も聞いたが。

ついでにもう一つ、JR東海で引退が始まった300系。
JR西日本もいくつか所有しているが、これらはどうなるのだろう。
恐らく、100系の末期のように、東海道の線路で主に運用され、検査の時だけ西日本に戻ってくる。
この運用を引退の日まで続けるのだろう。

最近は、ずっと飛行機ばかり乗っているけど、こういう報道を見ると、もう一度500系に乗りたくなってきた。
特に東京発の500系は、早々になくなってしまいそうだ。

なんばパークスのクリスマスツリー

2007クリスマスツリーatなんばパークス

閉店

いまのところに引っ越してから愛用していたクリーニング店が、今年いっぱいで閉店する。
ここは安かったので愛用していたのだが。
原因は昨今の原油価格高騰か。
そういえば、以前住んでいたところの、愛用していたクリーニング店も、スーパーマーケットの撤退と合わせて閉店したなあ。
店員さんの話では、クリーニング店は、場所さえあれば初期投資は少なく、すぐに開店できるそうだ。
だから、もっと儲かる方法があったり、不採算だと、さっさと撤収してしまう、とのこと。
最後に来たときに、愛想のいいほうの店員さんだったのは幸運だった。

雨の連休初日

三連休の初日は、めでたく雨。
晴れていると、外へ出かけたくなるので、この方がいい。
ただ、洗濯は無理なので、これは明日、ということで。

とりあえず、溜まったPSXのHDDから、DVD-RW経由で動画を取り出す。
以前はエンコードし直してデータ量を減らしていたが、VistaのPCではデコードがうまくいかないので(デコーダを探すのが面倒なので)確実に再生できるVOBにしておく。

次が、大量に撮影した写真の整理。
ここのところいそがしくて、HDDに溜まったまま。
一応、2台のPCで相互にバックアップを取ってあるが、さらにこれをDVDに複製を取る。

さらに、PCの周りに転がっているCDやDVDを所定の位置に戻す。
...「所定の位置」が足りなくなってきた。
もう一つ入れ物を買うか、量を減らさないと。

晩酌

ここのところ、金曜日に腹が立つことが多くて、廉価中華料理店「餃子の王将」でビールを一杯飲んでいる。
今週は、何事もなく終わったが、ついつい来てしまい、ついついビールを頼んでしまった。
ビールに唐揚げ、それに名物の餃子と、体によくなさそうな取り合わせだ。
でも、ビールと餃子は合うのか、食は進む。
唐揚げは食べられるかどうか、ちょっと心配だったが、余裕で平らげることができた。

ムシキング

エアーフェスタ那覇での話。
会場の端っこの方で民間機を撮影していると、
「あ、ムシキング」
と子供の声。

ムシキングはJALで何年か前にあったけど、今はないはず。
そう思って子供の方を見る。
彼女が指さす方向には、ジャンボジェットがこっちに向かって地上滑走を開始している。
が、ムシキングジェットはB-777だったはずだ。

彼女は今度はお父さんに同じことを言っている。
そこで気がついた。
彼女が指さしているのは、遠くの飛行機ではなく、私のカメラバックだ。

Bag1.jpg

この持ち手の部分のT字型と、黒いバックなところが、カブトムシを連想させたのだろう。

お父さんは「すいません」と言ったが、私と子供の表情を見て笑っている。
もし、こういうときに子供を叱ったら、将来ロクでもない子供になるに違いない。
それにしても子供の発想というのは意外というか、たいしたものだ。

コミックまとめ買い

今日は、マガジンコミックの発売日。
私が買っている
「ゴッドハンド輝38巻」
「トッキュー!!17巻」
「もう、しませんから。6巻」
がそろって発売日だ。

ついでに、「もう、しませんから。」の作者、西本英雄の作品が2つ同時発売。
結局そっちも買ってしまった。

チラシ

家からの最寄り駅は、いろいろなチラシやティッシュを配っている。
この日も、2種類の何かを配っていた。
片方は、カラオケの割引券のようだ。
もう片方は、スーツを着た紳士がティッシュらしきものを配っている。
ティッシュならもらっておいても損はない。

そこで、ティッシュを配っていると思われる紳士の方に近づく。
彼は「お願いします」と言って、配っているものをくれた。

しかし、それはティッシュではなく、ただのチラシだった。
広げてみると、なんとキャバクラ?の宣伝だった。
おいおい、朝からこんなもん配ってどうする?

あ、この駅には工場の夜勤明けの人も来ると聞いたから、そっちを対象にしているのかも。

懐かしい曲

ここのところ、ストレスが溜まって余計な買い物をしている。
その中で、懐かしいCDがある。
お気に入りの人ならアルバムを集めるのだが、そこまでする前にベスト盤で試す。
その勢いで買ったのが、TM Network, TRF, globeの3つのベストアルバム。
それぞれ2枚組で収録時間も長い。
改めて聞いてみると、懐かしい。

globeは、メンバーの一人がクスリで捕まったので再結成はないだろう。
TRFとTM Networkは今でも活動しているらしい。
まあ、TRFとかglobeの頃の、小室人気は異常だった。
出せば売れる、時代の寵児という感じだ。
今の小室哲哉のいい感じの落ちぶれ方を見ると、寂しいような気がする。

あのときに稼いだ金を派手に使わなければ、並以上の生活を一生送れたはずだ。
一度そんな生活に慣れてしまうと、人は元には戻れないのだろう。

あ~一度そんな身分になってみたい。

洋服の青山

長年愛用の通勤用コートが、ずいぶんとくたびれてきた。
今年は新調しようと思っていたが、忙しくて放置状態。
ここのところ寒くなってきたので、コートを買うことにした。

と言うわけで、近所の「洋服の青山」に行く。
社会人になってからずいぶんと経つので、通勤用の服も一揃えはある。
それからはすっかり足が遠のくようになった。
前回この店に来たのも、改装する前だった。

中に入ると、確かに配置は変わっている。
驚いたのは、女性用のスーツを扱っていること。
松浦亜弥が宣伝しているのは知っているが、ここまで女性用のスーツを増やすとは。
この店は、前に住んでいたところの道路沿いの店と違って狭いのに。

お目当ての通勤用のコートは、私の希望に合うものは多くはなかった。
今は丈が短いのがいいらしい。
そんな中、丈の長いコートの中から、ちょっと妥協して一着買った。

...それにしても、洋服の青山。
女性用のスーツをこれだけ並べるとは。
ここの来店記念おみやげは、男物の洋服を扱っている割にはハローキティとか、女性受けするキャラクターものが多いのだが。
並んでいるのは就職活動向けの、地味なスーツしか目に付かなかったが。

NHK気象予報士カレンダー

去年は一度も見ることがなかった「NHK気象予報士カレンダー」
今年はナンバの旭屋書店で発見。
中も見ることができたので、内容を確認。
.....微妙だ。
でも、見つけたのも何かの縁だと、買って帰ることにする。

これ、去年は楽天ブックスでも扱っていた。
私が気づいたときは、すでに売り切れだったけど。

SACD

辛島美登里の新作「ブーケガルニ」アルバムは、SACDと普通のCDのハイブリット版だ。

【ポイント2倍◎17日am9:59迄】ブーケガルニ/辛島美登里[HybridCD]

だが、うちにはSACDを再生する装置がない。
PS3はSACDを再生できる機種もある。

しかし、PS3を発売日に買った同僚によると、PS3は、CDを再生するとき、無い音まで計算で作り出そうと、がんばるらしい。
その結果、ゲームをしているときよりも負荷がかかっているように感じるそうだ。

うちにはやたらと高級なAVアンプがある。
最近はPSXから出力されるテレビの音しか再生させていないので、宝の持ち腐れだ。
最近買ったCDで、CDから再生したことがないのも何枚かある。
手軽さを考えると、メモリウォークマンにはかなわないか。




お家でプリント

久しぶりに写真を印刷する。
大量に買い込んだ写真出力用の紙を使う。
少し輪郭強調を効かせて、印刷!
あ~~しまった。
紙の設定を間違えた。
「フォトクオリティペーパー」にするのを忘れていた。
おかげで、印刷面に黒い細いスジが入ってしまっている。
うちのMP810は、こういう現象が起きるんだな。

こんな間違いを何度もやると、印刷するが嫌になるだろう。
L版程度の小さいサイズだと、輪郭を少し強調するときれいに仕上がるとか、コツがあるのだが、単純に印刷したいだけなら、学習するのも面倒だろう。
あと、PCの画面で見た色と、印刷して出てきた色は異なる。
これも解決策はあるようだが、そこまで気にするようになると、手軽に印刷というお家プリントの利点がなくなってしまいそう。
ランニングコストだけでなく、初期投資を考えると、お店プリントも十分選択肢に入るだろう。

忘年会

さすがに、入社4年目ともなると、だいたい同じ部署の人は覚えたが、人の名前と顔を覚えるのが苦手だ。
でも、俗に言う「飲みニケーション」というのは苦手だ。
話の合わない連中と、酒を飲みながらうだうだと身のない話をするのは趣味ではない。

酒を飲んで饒舌になるくらいならいいが、人間が変わってしまうのは見ていて滑稽、というかみっともない。
うちの上司、酒が入っているとやたらと饒舌になるのに、酒が入っていないと肝心なことをはっきりと言えない。
酒飲んで仕事しろよ、と思っている。

通常生活に戻る

沖縄への今年最後の航空祭行脚が終わった。
通常の生活に戻る。
一日休んだだけでEメールボックスはいっぱい。

...忙しいときに休んだからなあ。
いや、年休は労働者に与えられた権利だ。
行使せねば。

それにしても、大阪は寒い。
昨日は日が照っているときに大阪に戻ったからさほどは感じなかった。
が、通勤時の、朝の寒さは身にしみた。

帰阪

ホテルでゆっくりと朝食と支度をしてから出発。
ゆいレール県庁前駅構内の、コインロッカーに大きな荷物は預ける。
で、国際通り界隈でおみやげを物色。
今年の新作?は
「沖縄みやげなのに沖縄で作ってない!?
 でもそんなの関係ねぇ!」
と書かれた物。
製造は、東京のようだ。
さすがに買わなかったけど。

途中、のどが渇いたのと、トイレに行きたくなったので、ゴーヤバーガーで有名な「JEF」で休憩。
その後、去年も行ったおみやげ屋さんを訪ねたが、まだ開いていなかった。
しかたがないので、市場通りに面している土産物屋さんで50袋800円のちんすこうを買う。

そうこうしているうちに、飛行機の時間が迫ってきた。
那覇空港に到着して、荷物を整理すると、かなりいい時間になってしまった。
手荷物を預けてから、帰りの便がアメリカのユナイテッド航空とのコードシェア便であることを知った。

ごつい外人と肘掛けの取り合いをするのは嫌だなあ。
と、思っていたら、案の定、私の隣の通路側に来たのは、ごつい外人の兄ちゃんだった

機内はがらがらで、通路側の席は空いているのに、彼は動こうとしない。
逆の立場なら、異国の乗務員に文句を言われるのも嫌なので、私も席を動かないと思うが。

飛行機は少し動いたと思ったら、離着陸機を4機ほど見送ることになった。
たっぷり待たされてからようやく離陸。
雲が多い、あいにくの天気。
機内オーディオサービスの「第9」を聞きつつ、ときおり外を眺める。
下界は白い雲の割合が多い。

関空に近づき雲を抜けて降下する際に、いったんシートベルト着用サインが点灯。
地上/海上が見えてきた。
新しい第二滑走路に降りるかと思ったが、前からある滑走路に北東に向かって着陸。
降りていく人を見ていると、半分くらいは外人のように見える。
日本発着の国際線のようだ。

それにしても、混雑しそうにない時間帯とはいえ、空いていたなあ。
関空は設備は立派だし、「意外と近」かったりする。
去年は神戸空港だったので、飛行機を降りてからが長かったが、関空から家までならバスで近いところまで行ってくれる。

といいつつ、今年は関空で飛行機を利用したのは今回だけだったなあ。

tag : 飛行機

那覇基地航空祭

今年最後の航空祭。
去年と同様、航空会社のバーゲン運賃の日と重なっていたので今年も参加する。
今年は会場内をバスで移動。
...無料だけど、歩くのとあまり変わらなかったかな。
オープニングフライトはF-4の飛行。
那覇は民間機が多いので、間が空いてしまう。
ついこの間、嘉手納のF-15に異常が見つかったので心配していたが、今日はちゃんと来ていた。
小牧で墜落事故を起こしたF-2も来ている。
今年は天気がよくて、Tシャツの上に長袖シャツでも暑いくらいだ。

民間機のパイロットの中には、こっちに手を振ってくれる人もいる。
ANA系の人ばかりだったような気がするが。
ブルーインパルスの飛行が終わって、ターミナルに近い側に移動したとき、ANAのB747がこちらに向かってきた。
そこで、手に持った白いゴミ袋(!)を高く挙げて振ったら、気づいてくれたのか、コクピットに手を振ったような白い物が見えたような気がした。
その後も、太陽の光も弱くなってきた中、ピカチュウジャンボがやってきた。
その後ろには、JALの通常塗装のジャンボが控えている。
ピカチュウジャンボは比較的早く離陸していった。
が、JALのジャンボは着陸機に待たされて、なかなか離陸しない。
そうこうしているうちに、伊丹行きと思われるB777-200も離陸のため滑走路に向かっていく。
同僚が沖縄出張のついでに、週末ぎりぎりまで遊んで帰ると行っていたから、あれに乗っていたかもしれない。
A列の窓側じゃないと見えなかったと思うけど。

それを見送った後、ようやくJALのジャンボが離陸。
これを見送って帰路に就いた。

旅支度

昨日、家に帰ってきたのが午後11時頃。
今朝は6時に起きて出かける用意。
主要な荷物を詰め込んで、朝食を、と思ったら、パンがない。
近所の喫茶店で週刊少年マガジンを読みながらの、優雅な朝食。
一通りの準備を済ませて、家事を済ませると、出発の時間。
玄関まで出てきたとき、PCのACアダプタを忘れたことに気づいた。
あわてて取りに帰ると時間はぎりぎりだ。
早足で関空行きのバス乗り場に行くと、定刻よりやや早いが、すでに乗客は乗り込んだ後だった。
以降は慌てても引き返せない。
ここまでくると落ち着くのだが。

ナベツネ

大連立構想の黒幕が、自分であることを白状したナベツネ。
誹謗中傷を受けていると言うがすばらしい勘違いだ。
新聞記者が自分が知っている真実を書かないから非難されているのではない。
政治家を監視するべき新聞記者が、政治家と一緒になって、政治に口を出したことで騒がれているのに。
さすが、若い頃から、政治家に癒着、じゃなかった、密着していただけのことはある。

新幹線ガール

旅の前に、ふと本屋で目について買った本。
買う前に中身を見て、肩の凝る内容ではないことを確認して購入。



読んだ感想は、
「一度挫折を経験した人は強い」
「前向きに生きる人は強い」
といったところ。

長い間生きていると、不平屋とか、不満屋という人に出くわすことが多々ある。
この手の人たちと長時間つきあっていると、こちらも毒されてしまいそうだ。

なか卯の海鮮かきあげ丼

「かきあげ」というと、脂っこくてあまり好きではない。
今回は、ふと思い立って食べてみた。
(キャンペーンのサービス券を使いたかったので)

食べてみると、悪くない。
さすが季節限定メニュー。
毎日は食べられないけど。

ディスプレイドライバの応答停止と回復

Vistaだと時々見るこのメッセージ。
会社のDellでも同じだ。
新しいソフトの評価用に借りた、Vista BusinessのPCだが、うちと変わらないくらい起きる。
たいていはメッセージが出るだけなので
「うっとおしいなあ」ですむ。

が、たまに
「画面が真っ暗になる」→「メッセージが出る」→「真っ暗になる」
の繰り返しになることがある。
こうなると強制リセットしかない。

週末にふと思って、ディスプレイドライバを最新のものに入れ替えた。
これで起きなくなるか、と思ったら、今日、起きてしまった。
無限ループのパターンではなかったけど。

tag : パソコン

PSX故障!?

月曜日の朝。
あ~会社に行かずに家でダラダラしていたい...
と言っても食うためには働かねば。
などと考えつつ、録画予約のためPSXの電源を入れる。
テレビの入力をビデオに切り替える。
...反応しない。

電源のランプは付いているが、画面に何も出てこない。
一度電源を切って、再投入してもダメ。
壊れてしまったか。

一時期、帯番組を録画しまくって、結局見ずに消してしまったなあ。
ある時期からは、さっさとDVDに書き込んでいるが、未見のDVDを量産する結果になっている。

今更、安くてもアナログだけのHDDレコーダは買いたくない。
そうなると、うちも意外な形で地デジに対応?
地デジをそのまま残すのなら、ブルーレイじゃないと。

などと考えつつ、もう一度試してみた。
画面には何も映らなかった。
が、PSXとテレビの間にある、AVアンプの電源が入っていないことに気づいた。
原因はこれか!

AVアンプの電源を入れると、何事もなかったかのようにPSXの画面が表示された。
やれやれ、本当に何事もなかったのだ。

休息時間

忙しいときは「あれもしないと」「これもしないと」といって、頭がフル回転している。
その反動か、土曜・日曜になると、頭が動かなくなる。
今日も家でだらだらと過ごした。

あまり脳みそを使わないのは
「本や漫画を読む」「テレビやビデオを見る」「Mahjong TitansやFreeCellで遊ぶ」
というのがある。
脳みそが休息を欲しているときは、これらの物にすぐに飛びついてしまうようだ。

FC2カウンター
プロフィール

owl1192

Author:owl1192
楽天ブログから引っ越し中。
もうオッサンになってしまった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR