散髪

実家に帰るついでに昔通っていた神戸の理髪店に行く。
私が子供の頃から営業しているので、私がトシをとった分、店の人もトシをとっている。
ここは、理髪店にあるあの椅子に座れば、あとは季節に応じて適当な長さに切りそろえてくれるから楽だ。
今日は、多めに髪をすいてもらった。

今住んでいるところでは、理髪店といえば2,000円くらいのところに行っている。
ここは流れ作業なので、いちいち注文をすることになる。
それはとにかく、短時間でこなすために、結構手を抜いている。

理髪店の店員さんの話だと、ああいうところで慣れてしまうと、コンテストなどではさみを振るう人になれない雑なはさみさばきが身についてしまう、とのこと。
これだけ手間をかけても3,000円。
理容店って、技術料を取れないと儲からないんだなあ、と思う。
スポンサーサイト

株主総会

株主総会の季節だ。
私が勤めている会社も、株主総会があって、その日は入り口に看板が掲げてあった。
株を始めたので、単位株を持っていた会社から、事前に案内が来たし、総会の結果を知らせる封書も届いた。
大手企業は、総会に出席しなくても、インターネット経由で投票できるようになっている。
もっとも、権利が決まるのは3月末が多いので、その日以降に手放した場合でも権利を行使できるし、逆にその日以降に株を手に入れても権利は行使できない。
すでに売却した2社の株では、ちょっとうれしい程度の利益は出ている。
が、今保有しているのは、今年に入ってから一番高いときに買ってしまった某社と、私が買った後に副業で問題を起こした某社の株だ。
片方は配当が投資額からするといいので、このまま持ち続けても損はない
だが、株価自体が「がくん」と落ちると、資産が減少してしまう。
実は、売却した銘柄で、売った後に暴落したのもある。
そのまま持っていれば価値が半減してしまうところだった。
これが株の怖いところだ。

暑気あたり

今週はすごくしんどい。
寝る前は暑いのだが、窓を開けて換気扇を回したまま寝ると、明け方には寒くて目が覚める。
ついでに雨がちの天気で湿度が高くて非常に不快だ。

これではいかん、と会社から帰って、探してようやく見つかった、エアコンのリモコン。
以前、あまりに暑くて本体のテスト用ボタンを使ったが、切るのを忘れて寒くて目が覚めたことがあった。
これでタイマーを仕掛けて眠ることができる。

でも、今の室温は最高で30度くらい。
真夏はもっと暑くなる。
これから真夏に向けて、暑さに慣れておかないと。

Visual Studio 2005 Standard Edition Upgrade

これもヨドバシカメラ3%アップを狙って買った品。

実は、VisualC++ .net 2003 Standardは買ったのだが、一度もインストールしないまま2005になってしまった。
今回は、TypeUの小物ツールでも作ってみようかと買ってみた。

Visual Studio 2003は5万円ほどしたと記憶しているが、Visual Studio 2005は、3万円くらい。
安くなったものだ。
このお値段で、C++, Basic, C#, J#が付いているのだから。
その分Microsoft Officeは値段が上がっているような気がするのは気のせいか。
Officeを使うのは会社だけなので、自宅用は2000で止まったままだ。

ここ数年、ソフトウェア技術者といいながら、自分でソースコードを書くことがなくなっている。
このままだとソフトを書く感覚を失ってしまいそうなので、自己啓発、ということで。

新しいカメラバック

foxfireカメラバック フォトレックトートカストル


C-3040Zの時から数えて5つめのカメラバックを買った。
これは、ことしのPIE2007で見て「欲しい」と思った品だ。

欲しいポイント1
最近の標準構成の、「本体」+「18-200」+「12-24」の3点を入れてもまだ余裕がある。
これにTypeUも入れることができる。

欲しいポイント2
見た目がカメラバックに見えない。
これなら街中で普通に持って歩いていたら、カメラバックとは気づかれないだろう。

欲しいポイント3
D200にバッテリーグリップを付けた状態でも、レンズを下向きに入れられる(少し膨らむけど)。

実際に使ってみると、前のバックよりも縦に長いので、取り回しは楽だ。
しかし、持ち手の部分が細く、これだけの荷物を積めてしまうと肩に食い込んでしまう。
肩当ては付属しているが、もう一回り大きいのにした方がよさそうだ。
あと、欲を言えば、外側にペットボトルを入れる網が欲しい。

ちょっと使ってみた感想は、こんなかんじだ。

税源委譲

先月の給料と今月の給料の明細を比較する。
言われていたことだが、住民税が約1.5倍上がっている。
先月は連休などで残業が少なかったが、今月は普通の月で残業が多かったため、この減少分が手取りには現れていないが。
地方への税源委譲は間違いではないと思うが、やっぱり手取りが減るといい気分ではない。
人口の8割?の貧乏人がバカを見る世の中だ。

この間自殺した政治家は、自分の力で汚いこともやってあの地位を得たのだろう。
今の首相や前の首相のように、親の代から政治家だと、そんな苦労も判るまい。
じーさんが大政治家だったとかいう輩が大手を振るのはいいことではないと思う。

メモリースティックDuo

ヨドバシカメラマルチメディア梅田、全品3%ポイントアップキャンペーンで買った品まず目に付いたのが、メモリースティックDuo。
TypeUにはメモリースティックDuoのポートが付いている。
使わなければ穴が開いたままだ。
穴があったら入れたくなるのが人情と言うものだ。
まだ空きはあるけど元からあるHDDは30GBと多くはないので、一時保存用にはいいだろう。

そこでなるべく容量の大きい物を探す。
この間、日本橋のAVICで、2GBが6千円台で売っていたのを基準に、展示棚を眺める。
1GB, 2GB, 4GB,と見ていくと、2GBまでならいろいろあるが、それ以上だとソニー製しかない。
最近のソニー製のメモリースティックは、Duoアダプタが別売なのも気に入らない。
VAIO ZはたしかDuoじゃなかったので、TypeUと併用するにはアダプタは必要だ。

と思いつつ、8GBが2万円を大きく割っていたので、GB単価を考えてもこちらにした。
Duoアダプタを買わない限りTypeU専用になるが、どうせPC同士はLANでつながっているし、と自分を納得させた。

早速電車の中で、買ったばかりのメモリースティックを差してみる。
ドライバのアップグレードが必要なのだが、VAIO Updateをすましてあるので、あっさりと認識した。
これでTypeUのストレージは40GBになった。
何を入れるかはまだ決めていないけど。

tag : パソコン

ソニースタイルストア

ビッグイッシューを買いに梅田に出かける。
ヨドバシカメラマルチメディア梅田では、全品3%ポイントアップキャンペーンを開催していた。
何かあると開催しているので、今年もそろそろだと思っていたが、今日だったとは。
ヨドバシカメラは人でごった返していた。
今週末限定なので、明日もう一度来るとして、買う物を探しておく。

JR大阪駅西側では、いつものおじさんが最新号を高々と掲げていた。
一冊買ってふと見ると、買いそびれた号があったので、そちらも買う。
5つほど前の号だったのに、よくあったものだ。

ヨドバシで見ることができなかった、新しいVAIO Type Tを見るために、ふと思い立って、Sony Style Storeに行く。


ハービスENTの4Fで、男一人で行くのにはちょっと敷居が高い。
ここはヨドバシカメラと違って人は少ない。
カスタマイズモデルなら、ヨドバシで買ってもポイントが付かないので、こっちで買っても同じか。
機能的にはTypeSの方がいいけど、こうやってみると、結構大きいな。
これなら今のVAIO Zと変わらないかも、などとじっくり見ることができた。
TypeTは小さいし、かっこいいし、スペック的にも十分だが、TypeUを買ったところだし、今のVAIOノートZを凌駕する点も見いだせなかったのでしばらくは様子見だ。

今年の3月頃、WindowsXPモデルの処分品をねらって日本橋を探したとき、富士通のB5ノートが売られていた。
仕様は悪くはないが、見た目が今ひとつで所有欲をかき立てられない。
同じように並んでいたNECのノートは所有欲はかき立てられたが値段がちょっと高かったのと、数量限定で買う決心がつかなかったので、あのときは買わなかった。
その点、ソニーのノートPCはどれもカッコいい。
個人的にはでっかい「VAIO」のロゴは、自分がソニーの宣伝に使われているような気がして複雑な気分なのだが、それを超える魅力があるのは否定できない。

ついでにその他の展示も見て回る。
ウォークマンは、私が買ったメモリタイプのAシリーズから、さらに進化していた。
ロスレスが使えるのがくやしいが、これは我慢できる。

さすが専門店なので、テレビサイドPC TP1の画面も、FullHDで表示されていた。


だいたいオーバースキャンを考慮した一回り小さい画面なので、この解像度で見たのは初めてだ。

あと面白かったのが、地上波とHDで同じ放送を放映していた展示。
HD(地デジか衛星かは不明)と地上波では、地上波の方が5秒ほど早く放送されている。
こんな展示は量販店では不可能だろう。

久しぶりに来た、迷惑トラックバック

パソコンど素人の主婦が月収273万円をらくらく稼いだ方法-「パソコンど素人の主婦」さん
トラックバックURLが、
ttp://www.info-affiliate.net/affi.php?affi=41&no=24&trad=14388
だったので、フィルターをくぐり抜けたようだ。
とりあえず、「affili」をNGなURLに追加。

丸きんまんじゅう-佐賀

バスを降りてターミナルビルに入ったところで
「こんにちは、佐賀のおみやげ、いかがですか」
とおばさんがおみやげを売っている。
荷物を詰め替えて、まだおみやげの一つくらいは入ることを確認してからおばさんのところへ行く。

おばさんのおすすめが、安くて数の多いこの「丸きんまんじゅう」だった。
薦められるままに試食して、おいしかったので購入。
2種類あるが、食べなかった方ももらった上、麦茶まで出してもらった。

「丸きんまんじゅう」の箱は細長くて、荷物を入れ替える羽目に。
そうこうしているうちに、おばちゃんは他のお客さんと美術品の話をしはじめた。
麦茶を飲んで立ち去ろうとしたとき、おばちゃんは戻ってきてぺこりと頭を下げた。

大阪に戻って、一番賞味期限の短いこれから開封されることになった。
じっくりみると、蜜の練り込まれた渋い色をしている。
同僚が
「こんなにびっちり詰まったお菓子も最近見かけないねぇ」
と言ったが、改めて見てみると、10個×2種類のまんじゅうがびっちりと詰められている。

まんじゅうは、蜜が染み込んだ独特で濃厚な味がする生地の部分と、餡の部分の味が絶妙でうまい。
値段も20個入って1,000円しなかったので、大勢で分けるのに好適。
白あんと小豆餡の二種類あるので、両方食べるのなら10人分か。

丸きんまんじゅう:http://www.marukin-m.co.jp/

タダ酒

お客様といっしょだったので、会社のお金で夕食。
タダなのと、週の真ん中で店を追い出されないので深酒。
う~頭痛て~

佐世保のタクシー

今回の旅は前日に飛行機と宿を予約したので、かなりいい加減なスケジュールだ。
前はサンルート佐世保だったが、ここは商店街から行くと雨に濡れる時間が長そうだったので、チサングランド佐世保にした。

前回訪問時に、時間切れですべて回りきれなかったセイルタワーを再訪問。
今回は、前回見たところをとばした。しかし、映像コーナーを一通り見たので2時間近く滞在していた。
おかげで昼食の時間がなくなってしまった。
帰りは佐世保バーガーを食べると決めていたので、商店街の端にあるお店でテイクアウトを頼んだ。
が、注文を受けてから作る佐世保バーガーは、出てくるのに時間がかかる。
バーガーが出てきた頃には、雨上がりのかんかん照りの中、早足で歩く気力が失せてしまったので、あらかじめ客待ちをしているのを確認していたタクシーが待っているところまで行ってタクシーで駅まで移動する。

運転手が
「前の道路は右折禁止なので回りますよ」
と言ったので、
「それでさっきのタクシーはここで回っていたのか」
と感想を言うと、運転手さんは勘違いしたのか、右折禁止の道路を右折してしまった。
その後、勤務記録を見せられて
「いや~今日はお客さんで二人目で」
と身の上話を聞くことに。
朝は雨が降っていたので、流しても全く客が見つからず、あきらめて客待ちをしていたそうだ。

駅まではワンメーターの距離なので、あっというまに到着。
ワンメーター560円だったが、交通違反をさせてしまい、悪いことをしたので600円を払ってタクシーを後にした。
もっともたった40円では大した足しにはならないだろうけど。

街に山が迫っていて、坂が多いからだろうか、佐世保は街中でよくタクシーを見かける。
流しているタクシーも多い。
これではかなりしんどいのではないか。

私が生まれ育った神戸は、かつて人口あたりのタクシーの台数が最も多い街と言われた。
景気がよかったころは、タクシーを捕まえるのが大変だったらしい。
私が社会人になった頃は、すでにそんな時代は終わっていて、最終列車や最終バスが出た後以外は、比較的簡単にタクシーに乗れるようになっていた。
ムカついた経験は無いわけではないが、競争のおかげか、タクシーの運転手さんもだいぶ親切になったような気がする。
これでがんばっている運転手さんに、まともな生活ができるくらいの収入が入るようになればいいのだが。

松浦鉄道全線走破の旅-おまけ

途中下車した田平平戸口駅での出来事。
雨は降っていなかったので、外に出てみる。
周りには日本通運の事務所がある。
タクシーがやってきて、駅前で停車。
こっちの様子をうかがっている。
私は乗るつもりはないので気の毒だが無視。

目線を外して違う方向を見たところ、何かが動いたのでそちらを見る。
それは三毛猫だった。
カメラを向けると「にゃぁ~」と鳴いて近づいてくる。
人に慣れているのか、恐れる様子はない。
が、あいにく猫に与えるような物は持っていない。

一旦駅に戻ってスルメイカでもないかと売店の品物を眺める。
スルメイカはなかったが、1本20円のチーズかまぼこがあったのでこれを買って猫のところへ。
さっと見渡したところ、向こうが先に見つけて一鳴きして近づいてくる。

が、私が何も持っていないと思ったのか、近くを通過して少し離れたところで様子をうかがっていたトラ猫のところへ。
私がしゃがんで、チーズかまぼこを口で切り、猫がこっちを向いたときに投げてやると、走って食べていた。
トラ猫も
「こいつは食べ物を持っているな」と言うことを察知したのか、鳴きながらこっちを見ている。
ミケ猫が食べている間にこいつにもあげる。
トラ猫は警戒しているが、ミケ猫は人間慣れしているのか、頭をこすりつけこそしないが、近くに寄ってきて餌をねだる。
もう一切れやると、トラ猫の方も「こっちにもくれ」とばかりこちらを見るのでもう一切れくれてやる。
ミケに一切れやって、次はトラに、と思ったが、次の一切れはミケが奪い取ってしまった。
ミケが食べている間に大きめの最後の一切れをトラに与える。

チーズかまぼこがなくなったので、その場を立ち去るが、ミケが追いかけてくる。
もうないので振り返らずに駅舎に入る。
ミケは駅舎には入ってこず、タクシーの近くでもう一鳴きした。
荷物を片付けてもう一度外を見ると、あきらめたのか姿は見えなかった。

でも、なぜここの売店に「チーズかまぼこ」が偶然置いてあるのだろう。
しかもばら売りで、いかにも「猫にあげてくれ」と言わんばかりに。
ここの売店と、この地域の猫が結託しているのだろうか。
いい時間つぶしになってよかったけれど。

tag : 鉄道

松浦鉄道全線走破の旅-後編

かなり待ってから交替の運転手が登場。
汽車は再び動き出す。

松浦発電所を過ぎ、また同じような風景が広がる。
このあたりでも乗客の乗り降りがあるが、だんだん乗客は減ってきたように思う。
駅間も長くなってきた。
私の意識もだんだん遠のいてきたところで、日本最西端の駅、田平平戸口駅に到着。

ここで一旦下車する。上下線のすれ違い駅なので、上下線の列車がほぼ同時刻に到着する。
さらにここは有人駅で、列車到着時に駅員さんが出迎えてくれる。
鉄道ファンとおぼしき男性が写真を撮っている。
駅の中には売店が営業していた。

外はときおり雨がぱらついている。
まずは日本最西端の駅の看板を撮影。
さらに周りに点在している鉄道関係の車両を激写。
ここには鉄道博物館があって、数々の品が展示してある。
ここには閉塞区間にはいるための道具が展示されていた。
くりはら田園鉄道は、廃止されるまでこれを使っていたが、松浦鉄道は、比較的最近全面的に自動制御に切り替えたらしい。
だから赤信号のところで運転席に警報が鳴るわけだ。

1時間が過ぎた。
佐世保方面行きのホームでは何人かの乗客が汽車を待っている。
待合室には子供を抱いた女性がいる。
まず伊万里方面行きの汽車がやってきた。
駅員が乗客と乗員を出迎える。

汽車が止まったのを見て、私は向かい側のホームへ移動。
小雨が降っているが、県北の産品を消費しましょうの特別塗装車を撮る。
さきほどの親子の子供が、汽車に手を振っている。続いて佐世保行きの私が乗る汽車が現れる。
雨が強くなってきたのでさっさと車内に入る。

雨の中を汽車は駅を後にする。次の見所は車両基地だ。
が、乗客が多くて撮影できず。
車両基地を過ぎたあたりから、乗客の出入りが多くなってきた。
たしかこのあたりは一時間に2~3本運行しているはずだ。
駅の周りも田んぼや畑から住宅が多くなってくる。

次の見所は、日本一短い駅間の中佐世保-佐世保中央だ。
中佐世保駅を出て、扉を閉めると同時に
「まもなく、佐世保中央」と放送される。
中佐世保駅からは、駅は確認できないが、前回来たときに見覚えのあるビルが見える。
汽車はそちらに走っていって、緩いカーブにはいったところで減速して停車。
あっという間だ。

佐世保中央で降りるとホテルに近いのだが、全線走覇をしたかったのと、一日乗車券なので何度でも乗れるので、そのまま終点佐世保駅へ。
佐世保駅ではJR九州の特急「みどり」が停車していた。
ここで一旦駅の外に出る。
といっても松浦鉄道には改札口があるわけではなく、運賃の支払いはバスとおなじ車両の中で行う。

買い物などで30分ほど佐世保駅近辺で過ごし、佐世保中央へ向けてふたたび汽車に乗る。
今度はぴかぴかの最新の車両だ。
何度かすれ違ったと思うが、これまで乗ったのはすべて普通の?汽車だった。
制服を着ていないが、職員か元職員らしき人が運転士と話しながら、新しい車両を眺めている。

新型車両で一駅乗って佐世保中央で下車。
これでこの日の旅は終了だ。
天気が悪いことが予想されたので、ひたすら汽車に乗る旅にしたが、余裕があれば、もう少し途中下車してもよかっただろう。

tag : 鉄道

松浦鉄道全線走破の旅-前編

今回は有明佐賀空港のボーナスマイルキャンペーンに参加するのが目的。
佐賀の近くを探したところ、佐世保に行ったときに気になった松浦鉄道の全線走覇を試みる。

大阪から佐賀まで、飛行機で移動して、佐賀から有田まではJRの特急で移動する。
有田ではちゃんと松浦鉄道に乗り継げるが、一本見送って一休み。

目に付いた有田焼カレー弁当を購入。
知性が
「買うと明日大阪に帰るまで有田焼の器を持ち運ぶことになるぞ」
とささやいたが、気にしないことにした。

Webサイトに出ていた一日乗車券は、駅に案内はないし、自動販売機でも買えない。
念のためもう一度Webサイトを確認したら、ちゃんとあったので係の人に言うと、すぐに出てきた。
これを持って伊万里行きの列車に乗る。一日乗車券なので、整理券は取らなかった。

出発時間が近づいてくる。
高校生くらいの学生さんがどやどやと乗ってくる。
ホームを挟んで反対側に、JR九州の列車が到着。
その列車の客がこちらに移動してきてからこちらも出発。
一両の気動車は単線の線路をコトコトと走る。途中で行き違いを交えながら、退屈する前に伊万里駅に到着。

伊万里駅はJRとは別の駅になっている。
ここで食事とトイレ休憩。
(汽車にはトイレはない)
食事は伊万里牛100%ハンバーグ定食。
独特の脂っこさがあるハンバーグだった。
ここから線路を挟んだ反対側のホームにある佐世保行きの汽車に乗る。

こちらも一両編成。
スーパーの買い物袋を持ったおばちゃんや、学生さんが乗っている。
ほとんどの駅で乗客の乗降がある。
列車は間に草の生えた線路を走っていく。
外は田植えが始まった田んぼが広がっている。
線路脇の草木がトンネルのようになっているのも珍しく感じなくなった頃に、松浦駅に到着。
ここで運転手交替&しばらく停車。

tag : 鉄道

探り

となりのプロジェクトの同僚が、こちらのプロジェクトの状況を探ろうとする。
となりのプロジェクトとこちらのプロジェクトは一蓮托生なので、気になるようだ。
となりのプロジェクトをベースにこちらのプロジェクトが動いているので、となりのプロジェクトがコケたら、こちらも共倒れになる。

そんな危険な選択をしたのは、こちらのプロジェクトの利害関係者だ。
部長は「本当に大丈夫か?」と尋ねたらしいが、課長が胸を張って「大丈夫です」と答えたらしい。
う~ん。その自信は一体どこからきているんだ?

銀行振込手数料

「フォトのつばさ」の購入は銀行振り込みのみだ。
私が使っていない銀行なので、振り込み手数料が高そうだ。
銀行に行って振り込むか、ネットバンキングで振り込むか。

銀行に行くと、振り込み手数料は同行の本支店間なので105円。
ネットバンキングで他行に振り込むと210円。
そうか、じゃあ窓口に。

いや、ちょっと待て。
会社に近いこの銀行に行くのなら、電車代が往復で300円ほどかかる。
それに、平日の貴重な時間を使うことになる。
というわけでネットバンキングで振り込んだ。

早朝に振り込み、会社から帰ってメールを確認する。
すでにライセンスキーが送られてきていた。
試用期間から起動回数か起動後の日数のどちらか短い期間の間は全機能が使えるので、大して変化はない。
が、これで正式ユーザだ。
TypeUの超高解像度の液晶で見るデジカメの写真はなかなかのものだ。
これでTypeUフォトストレージ化計画は、ひとまず完了だ。

tag : パソコン

フォトのつばさ

以前、探そうと思っていた、軽くて早いカメラRawデータの現像ソフト。
ぴったりなのが見つかった。
デジカメWatchにバージョンアップ案内が出ていた「フォトのつばさ」がそれだ。
http://www.cimage.co.jp/photowing/Introduct.html

軽くて早くて小さいのは、TypeUフォトストレージ化計画にぴったりなのでさっそく試してみる。
Rawの現像は、純正のNikon Captureでも、CaptureNXでも、専門メーカーのPhotoshopElementsでも遅い
が、これは本当に早い。
値段はそれなりにする(\5,800/1PC。2台目以降は半額)が、TypeUフォトストレージ化計画には必須のソフトなので購入決定。

TypeU退院

TypeUの修理が終わったとのことで、早めに仕事を切り上げて取りに行く。
保証期間内だったが有償修理で、一万円出してお札が戻ってこない程度の金額だった。
えらい出費だ。今後は大事にしないと。

帰ってきたので早速リストア。
リストアが終わったと思ったら液晶画面に何も表示されない。
リストアに失敗したのか?
あっ、そうだ。
外部ディスプレイを接続すると、画面にログオン画面が表示されていた。よかった。

TypeU入院中、VAIO Zを代わりに使っていた。
3年前のハイスペックノートだが、それと比べてもTypeUは非力だ。
目指すところが違うので仕方がないが。

鍵と携帯電話

これまで、鍵は小銭入れのキーホルダーに付けていた。
ところが、小銭入れが痛んできた。
口の部分が緩くなって、カバンやポケットの中で小銭をばらまくようになった。
さすがに100円ショップで買っただけある。

ついにキーホルダー部分がちぎれてしまったので、携帯電話のストラップに家の鍵を付けることにした。
これがなかなかいい感じだ。

携帯電話がないと鍵がないので、外出に携帯電話を忘れることが無くなった。
携帯電話がないと困ることは少ないのだけれど。

しかし、この方法だと鍵で携帯電話に傷を付けてしまいそうだ。
すでに携帯電話は傷を付けないように丁寧に扱う習慣は消えている。
電池がなくなるのも早くなってきているし。
そろそろ変えようかな。
次は「おさいふケータイ」対応機種が欲しいところだ。
ああ、また物欲が。
しかも、携帯電話を使い倒す予定はない。
通信以外はどこでもTypeUのほうがうまくこなしてくれるから。

片付け

ネットカフェよりも居心地が悪い我が家を改善しようと、部屋を片付ける。
もう一息でかなり片付きそうなのだが、行き場のない小物類が散乱している。

ふと見ると、TypeUのワンセグアンテナが転がっていた。
てっきり航空祭で落としたと思っていたのに。
このあたりは修理に出す前に探したのだが。

...もう少し早く見つかってくれれば、修理に出さずに済んだのに。
修理代、いくらかかるんだろう?
一万円以下なら、無条件で修理するように頼んだが。

ネットカフェ

天気が悪いので、ふと思い立ってメガテリヤキを買ってネットカフェへ。
メガテリヤキを割引券で、単品のみ買うと
「ポテトはいかがですか?」
ではなかったが、他の注文はないか尋ねられた。
たぶん、ドリンク類は原価が安そうなので利益には影響するだろう。
マクドナルドの売り上げを減らしてしまった。
ネットカフェの前で看板を持って立っている兄ちゃんに百円引き券をもらって店内へ。
メガテリヤキを飲み放題の飲み物と一緒に食べる。

ネットカフェは3時間コースを選択したが、全巻読破に挑戦中の「はじめの一歩」がいいところで終わってしまったので、延長して区切りのいい巻まで読んでしまった。
空調完備だし、甘い飲み物は取りに行けばいくらでも出てくる。
ここに入り浸りになると、体を悪くしそうだ。

突然の雨

会社からの帰り、駅の近くでパラパラと雨が降ってきた。
自宅の最寄り駅に着いた時もパラパラと降っていた。
何となく、最短のコースではなく、屋根のあるところが多いコースを選ぶ。

駅ビルを出ると

「ザーーーー」

という音とともに、強く降り出してきた。
天気予報に従って、大きめの傘を持ってきてよかった。
途中の商店街のアーケードでは、隣を歩く人の声も聞こえないくらいものすごい勢いの雨。
ときおり雷も光っている。

何となくアーケードの道を選んだ野生の勘に感謝。

老衰

実家から、飼っていた猫が死んだ、との連絡があった。
推定年齢13歳。
(拾ってきた猫なので)
正月は痩せていたけど元気だった。
が、連休中に見たときは、毛はがさがさで食欲もなく、もう長くないな、と思わせていた。

前に食事を食べなくなった時に、医者からは「もうダメだろう」と言われたが、それでもここまで生きたのは、太っていたかららしい。
正月にはすでにやせていて、一番太っていた時期を思うとやつれた感があった。

猫にも老齢による認知症や老衰があるんだな、と妙に感心してしまったが。
もっとも、野良猫なら老衰になるまで生きていけないのだろうけど。
ありがとう。



松屋の豚テキ

夏メニューなのか、豚テキが復活していた。
ちょうど腹も減っていたところなので食べてみる。
前は一枚の皿に盛られて出てきたような気がするが、今回は肉と野菜は別々に出てきた。
味の方は、前と同じだと思う。
最近食欲不振だったので、こういうものを欲するようになったと言うことは回復してきたのだろうか。

Edyが使えるヨドバシカメラ

最近、ヨドバシカメラでEdyが使えるようになった。
Edyは現金と同様の扱いなので、ポイント還元率も10%が基本というのがうれしい。

Edyを使うとANAのマイルが200円で1マイル付与される。
ヨドバシカメラだと、コンビニエンスストアと違って、使う金額が大きいので、その分をマイルにできるのは私にとってはありがたい。
もっとも、Edyでチャージできるのは五万円までなので、大型商品は無理だ。

ヨドバシカメラの店内でチャージはできないので、あらかじめどこかでチャージして残高を増やしておく必要がある。
この点は、TypeUを買ったことで、クレジットカードからオンラインでチャージできるようになり、解消された。
あと、Edyが使えるレジが少ないのも難点だ。
いつも、Edyで払いたいんですけど、と尋ねている。

マイルの積算もすぐには反映されないようだ。
記録を見ていると、十日に一度くらいか。
と思って眺めていると、ちゃんと名前が出ているのはサークルKくらいだ。
他は、Edyの使用分、ということで合算されているようだ。

これでますます普段の出費でマイルを稼ぐことができるようになった。

健康診断

年に一度の健康診断。
去年は血液検査で引っかかったが、今年は血液検査はない。
が、いつもの癖で、栄養剤を飲んでしまった。
黄色い尿で検査を受けると、引っかかりそうだ。
検査は午後からなので、水分を摂って体の外に出すように努める。
今年は、最初のX線検査で行列ができていた。
後は順調に進んだ。
心配していた検尿も異状なしだった。
体重は、ここのところ食欲不振だったのに変化なしだ。
午前中なら昼食のぶんだけ軽かったかも。
他の検査も異状はなかったが、問診で去年の結果の話をされた。
生活指導を受けて、再検査待ちであることを説明する。
こんな説明が必要になるとは、私もいいトシになったものだ。

電動シュレッダー

以前購入した手動シュレッダーが壊れた。
ハンドル部分の根本にある、ハンドルを差し込む穴に、ハンドルが引っかからなくなってしまったのだ。
分厚い紙を入れたときに、回らなかったのでちょっと力を入れただけだ、と思うのだが。
カッターにつながっている本体側は金属なのに、ハンドル側がプラスチックだと、起きてもおかしくない現象だ。

いちいち手で破くのも面倒なので新調することにした。
結構な金額を出して買ったのに、壊れたというのは精神的によろしくない。
手回し式で痛い目にあったので、今回は電動式から選ぶ。
CD-ROMやプラスチックカードの裁断は、機能はあっても使わなかったのでなくてもよい。
裁断能力は、3枚くらいは一度にやってほしい。
普段は1枚だが、A4以上のサイズを折って裁断するとなると2枚、さらに余裕を持たせて3枚とした。
これらの基準を元に選んだのがこれ。

安さと薄さが決め手だ。
電源は、この手の機械は電力を喰うのかAC電源だ。
言い換えると、コンセントが一口必要。
使ってみると、裁断するときの音が大きい。
あと紙の取り出しがやりにくいのが難点だ。
紙を裁断するだけなので、気にしなければ問題はないが。

ブルックナーの交響曲全集

秋田銘菓「もろこし」を買いに心斎橋へと向かう。
東急ハンズの近くにある「じぇんご」に行くと、秋田県の業者さんが催し物を開催していて、ついつい昆布巻きやホタテの煮物を買ってしまった。

とりあえず日本橋でんでんタウンまで歩いて、MemoryStickProDUOの特価品を買うのを何とか思いとどまったときに、ふと思い出した。
せっかくここまで来たのだから、ブルックナーの交響曲第6番のCDを買って帰ろう。

ブルックナーの交響曲の中では、6番は地味な方だと思う。
クラシックのCDも充実している某店に立ち寄ったが、あいにくこれはというものは無かった。
エリアフ・インバルの全集もあったが、輸入盤のようだったのでやめた。

だめで元々で、ふと目に付いた中古CD店に立ち寄ってみた。
ここには第6番単独のCDはなかったが、オイゲン・ヨッフムの全集があった。
「見本(非売品)」と書かれた怪しい品だが、状態は良好。
これも何かの巡り合わせだと思い、買って帰る。

帰って早速聴いてみる。
そうそう、この第1楽章と第4楽章が聴きたかったのだ。
この曲は、朝比奈隆指揮のリンツ・ブルックナー祭の演奏をエアチェックしたものしか持っていなかった。

全集を買ったので、いままでCDを持っていなかった1,2,5番も合わせて入手できた。
これぞ、大人買いだろう。

特急「やくも」の中で

美保基地航空祭の、帰りの境港線の混雑もひどかったが、次の「やくも」も私が乗った指定席車両はほぼ満席だった。
といっても4両の短い編成で、1号車の次が4号車だったが。
なぜ6両にしない、と言いたいところだが、指定席が3倍になっても、それだけ人が予約して乗る列車ではないのだろう。

「やくも」では、小学校低学年くらいの子供を連れたお母さんが子供と隣同士になれなかったので、いろいろと注意を与えている。
小学校低学年くらいだと、乗り慣れない列車で母親の顔が見えないのは不安だろう。
お母さんの席から通路を隔てた席が私の席だ。
リュックを背負ったまま緊張した面持ちの子供が辛そうだったので席の交換を申し出る。
お母さんは私と席を替わっただけだと思ったようだったので、私が子供に声をかけて列を替わる。
これで親子は隣同士になった。

空いていたら極力VAIO Zを使って、バッテリが切れたらTypeUに切り替える魂胆だったが、当てが外れた。
通路を挟んだとなりの男性に
「いい絵が撮れましたか?」
ときかれたが、現像ソフトをインストールしていないTypeUでは確認する術はない。
非力なTypeUに、ヘビー級のCaptureNXやPhotoshopElementをインストールして使う気にはならない。
うちにある現像ソフトで、軽いのは現在お蔵入り中のPaintShopXかNikonCaptureだ。
前者はノイズだらけで現像する現象を回避する方法を知らないので確認にも使えないかも。
後者はインストールディスクが行方不明。
軽い現像ソフトを探さないと。

かなりの時間、TypeUで文章を入力していたが、今度は酔わなかった。
やはりキーボードと画面で目線が移動するのがよくないようだ。
小さいキーボードでは入力の速度は落ちるが、画面の解像度が高いので編集は問題なくできる。
いろいろと使ってみたが、出先での入力は今のところこれが一番だ。

tag : 鉄道

FC2カウンター
プロフィール

owl1192

Author:owl1192
楽天ブログから引っ越し中。
もうオッサンになってしまった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
QRコード
QR