スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SO903i

うちの父親がGPSが欲しいと言って選んだ携帯。近くの小さな文字が読みにくく
なってきたうちの父親が、大きな画面でそのとき在庫があった機種を選んだら
これだったらしい。
助言をしようにも、私はauなのでDoCoMoの携帯はよくわからない。
が、auのGPS携帯に標準装備のNAVITIMEの使い方を教えてもらったようだ。

月額350円?かかるのに、母親は難色を示していたが、かつての父親のタバコの量を考えると気にしなくてもいい、と思う。
いつの頃からかタバコも軽い物に変えて、本数もぐっと減っている。
父親もトシをとったなあ、とふと思う。

SO903iには、表面にウォークマン携帯らしく、ボタンがいっぱい付いている。
車移動が大半で、ヘッドフォンで音楽を聴く習慣のない父親は使いそうにないボタンだ。
カメラの写りは、悪くないレベルと見た。
(と、いうか私のW31Tのカメラ、写りが悪すぎ)

前に使っていたのよりも、一回り以上大きいが、画面が広いのは気に入っている様子。
買ったときに
「字ぃ大きくしといて」
と頼んでいたが、解像度が上がっているので、文字もきれいだ。
スポンサーサイト

不平屋

一つ年下の同僚と仕事をした。
彼は頭は切れる人だが口も切れる人。
何でも批判的、否定的に言うので、
「オマエ何様だ」
と口に出かかることが数回。

あなたには「ムダ」なことでも、他の人には必要なことはあるのだよ。
それに、あなたがやりたいことだけをするために、会社はあなたに給料を払っているわけでもない。
気に入らないなら、転職すれば?

生活指導

健康診断の血液検査に引っかかり、再検査でも正常値に収まらなかったため、ついに生活指導に呼ばれた。
(前の会社なら入院しても個人的な同情しか得られなかったのに、いい会社だ)
問診票に「食生活」「運動・睡眠」「ストレス」の3つの大項目について質問があり、その回答に基づいて助言をうけた。

私の場合は
「脂っこいモノは控える」
「運動をする」
の2つを助言された。

食事については注意しているのだが、それで直らないとなると運動になる。
ストレスは...会社に行かなくても今の収入を得られるのなら霧散してしまうだろうけど。
あと、
「睡眠前の2時間に、食事をしない」とか
「脂っこい物を食べるときは、先にサラダなどの繊維質の物を食べてからにする」
とか言われた。

牛丼なんかの単品物の時に、サラダを追加するのはいいらしい。
これから3ヶ月、この指導を守って再度血液検査をするらしい。
3ヶ月もまともな生活ができるかな。

ちなみに、前回BMI値で「肥満です」になる一歩手前だった体重は3キロ減で
「このままの体重を維持しましょう」になっていた。
ここのところ忙しくて、疲れて夕食をしっかり食べられないからなあ。

頭に来る人

取引先のある人には腹を立てている。

まず
「人への物の頼み方を知らない」
我が社はお金を払う方で、彼はサービスをする方なのだが、どちらが頼んでいるのかわからないくらい態度がデカい。
「あの書類、いつもらえんですかね」
とかいう調子。
これが
「○月○日にいただく予定でしたあの書類ですが、どうなりましたでしょうか」
と言う風に、穏やかに言われればこちらも腹が立たないのだが。
なんにしろ、万事がこの調子でどちらが依頼主かわからない。
おかげで、私が仕事を頼むときには彼のいる会社は避けるようになった。

次に、
「声がデカい」
むやみにデカい声でしゃべる。
地声なのだろうけど、ここはアンタの会社じゃない。

さらに、
「礼儀を知らない」
いくらグループ会社とはいえ、うちのリーダーに「くん」付けはないだろう。
アンタよりも年下かもしれないけど、会社も違うのだから「様」か「さん」を付けろよな。
同じことを我が社の若手がやっていたら間違いなく注意するところだ。

彼はかつて有能な技術者だったらしい。
しかし、管理者としては、お客である私を怒らせている点で向いていないのだろう。
一度、追加料金を請求する、とか言い出したことがあった。
とはいえ、検収条件も満たしていないのに、こちらの落ち度をついてそんなことを言われてもこちらにも予算というモノがあって、無い袖は振れない。
契約は請負だし、当初見積をオーバーするときは「双方相談」になっているので、相談なしに請求されても困る。
あのときは即こっちの課長に報告して、先方の上司と相談した結果、追加費用は払わずに済んだが。

そのときに、他の部署でも彼の態度が悪いため、彼の会社には仕事を極力出さないようにしているという話を聞いた。
グループ会社じゃなければ絶対に仕事を出さないのに。

そういえば、前の会社でもグループ会社の人に
「御社とつきあうよりも他の会社とつきあった方がビジネスになる」
と言った奴もいた。
(言われたのは私と当時の上司)
あの会社はその後、儲けの柱だったとある会社の案件が消えてしまい、私のいた会社で部長まで務めて転籍した社長が、かつての部下に頭を下げて仕事を取りに来ていたっけ。
そのあと、グループの再編で会社自体が消滅。
出向者は原籍に、転籍者はそれなりの閑職に。
どちらにも当てはまらない人は退職か契約社員にされていた。

「サラリーマンは、気楽な稼業」
でもないな、と思った若き日の私だった。


マイクロソフト帝国の反逆者たち

古本屋で100円で購入。
かなり古い本で、内容も 昔話だが、中身は面白かった。
マイクロソフトもこんなやんちゃな時期もあったのだなあ、と思う。

WinG -> DirectXに移行したあたりまでは熱心にPCに関わっていたし、ゲームも楽しんでいた。
しかし以降はOffice97の惨状もあって、マイクロソフトとそのソフトウェアに関する感心が急速に薄らいだ時期だ。
というか、この頃はハードウェアPentium2だ3だ、Super7だと騒いでいた時期でソフトにあまり感心が向いていなかったのかも。

長く続いたWindowsXPは、急速な常時・高速インターネット接続の普及でいろいろと 問題を引き起こしたが、長い間OSが大きく変わらなかったことで、安定した時代だったと思う。
久しぶりのOSの大改革だが、正直なところ、必要性を感じない。
今のPCの性能が2倍になったら、Vistaに乗り換えようかな。

年度末恒例行事

年度末と始めには、年末年始以上に忙しい。
管理職の方々が走り回っている。
そのうちの一つが、私に回ってきた。
1件特許になりそうなのを書け、というのだ。

とりあえず開発中のテーマの中から一つ選んで書いた。
アイデアは私が考えたものではないが、ネタ元の人も
「好きにやって」
と、ネタの借用を快諾してくれた。

今の段階では概略だけでいいが、採用となるといろいろと文書を考えたり、弁理士さんと面談があったりで、通常業務が妨げられる。
これを嫌ってか、特許を出すのはその開発の鍵となる技術以外では出したがらない傾向がある。
どれも必要なのは判るけどなあ。
会社は特許を出させようと賞金を出したりしているが、現場では「ノルマがあるから無理矢理」だ。
いいのか、これで。

東京モノレール事故

せっかく関東まで来たが、あいにくのお天気。
チェックアウトの時、ホテルの方に賞賛とお礼を言うと、外出する宿泊客用の傘を一本くれた。
その傘(コンビニで500円くらい?)をもってしばらくうろうろしていたが、交差点で少し傘を広げて信号が変わるのを待っていると、突風に傘の雨を防ぐビニールの部分が吹き飛ばされてしまった。

そんな天候だったので、昭和館の「手塚治虫の漫画の原点」を見て、少し早めに羽田空港へと向かう。
昭和館のある九段からだと、「Ezナビウォーク」の第2候補に出てきた東京メトロ東西線から日本橋で都営浅草線に乗り換える、乗り換え回数の少ないプランを選択。
都営浅草線と京急空港線は直通運転なので楽だ。

座席を確保できたので、うとうとしていると品川に到着。
ドアが開くと通勤ラッシュ並みの混雑になった。
京急も儲かっているなぁ、と感心していると、少し離れたところにいるスーツを着たオッサンがいらいらした口調で携帯電話を使っている。
オッサンの品のない話で東京モノレールで事故があって、そのために京急の空港線が大混雑していることを知った。

チケットから見るとANAのどこかに電話して、事故のせいで遅れたのだからナントカしろ、と言っている。
こういうときは、事故が起きた交通機関の証明書をもらえば、無条件で便を振り替えてくれる。
ANAのWebサイトより)
携帯電話で文句を言うよりも、間に合うかどうかを調べて、対処法を先に問い合わせればよかったのに。
彼の携帯電話には乗り換え案内機能は付いていなかったのかな。

今はWebチェックインなどで、空港に着く前に飛行機に乗る意思を示せるようになっている。
チェックイン済みで保安ゲートを通っていない乗客を調べるのは大変だ。
天気も悪かったので、今日はあちこちで遅延便が発生しただろうなあ。

tag : 鉄道

フォトイメージングエキスポ2007

去年は関東在住の友人と参加だった。
今年は会社の同僚と行く予定だったが、土壇場で行けなくなって、一人での参加になってしまった。
そんなせいか、頭がおかしくなっていて、直前まで会場が幕張だと思っていた。
羽田空港のバス乗り場で、招待券を確認したら「東京ビッグサイト」になっていて目が点になった。

ニコンのブースで、CaptureNXの使い方のプレゼンテーションを開催していたのは参考になった。
私の知らない機能がいっぱいだ。
メモリが(1GB-ビデオメモリ)では、D200のデータを読むとスワップが発生して使う気がなくなったが、今はメモリも3GBもあるので、うまく撮れた写真を魅せる写真にする気になってきた。

絶対に見たかったのは、シグマのブースの巨大レンズ。
確かにデカい。
これは航空祭に持って行くとしたら、専用のカートが必要だろう。
私が持っている50-500mmなんてかわいいものだ。
これでも結構重いのに。

シグマのライバル、タムロンは、今回は派手な展示をしてくれた。
とはいえ、タムロンとシグマはいつも同スペックのレンズを出していて、シグマの方が安いことが多いため、タムロンのレンズは一本も持っていない。
レンズの清掃を見学させてもらった。
アルコールなら会社にはいっぱいあるけどなあ。

トキナーのブースでは、新発売のATX-165ProDXをさわることができた。
デジカメで夜景を撮影するときは、50mm F1.4を使っているが、それの代わりになってくれれば、と気になるレンズだ。
35mm換算で、24~75mmという画角も魅力だが、今のメインレンズとかなり焦点距離が重なってしまうのが難点だ。

去年はモニタキャリブレーションシステムをあちこちで見かけたが、今年はあまり見かけなかった。
帰りがけにもらった、微妙に怪しい日本語の書かれたDPEショップ向けのチラシは笑えた。

昔は、東京ビッグサイトから帰るのに「ゆりかもめ」かバスしかなかったような気がするが、今はりんかい線なる列車がある。
「ゆりかもめ」に詰め込まれずに済むのは大変ありがたい。

ホテルがとれない

明日は東京に行くのだが、先週から楽天トラベルで検索しても、都合の良い宿が取れない。
23区は全然ダメだった。
カプセルホテルしかでてこない....

昔は、東京駅に着くとすぐに観光案内所に飛び込んで宿を取った。
一度それでハズレを引いてからは事前予約するようになったのだが。
今回は23区内はあきらめた。
予定が決まっているときは、早めに宿を取らないと、下手すればカプセルホテルか漫画喫茶になってしまうなあ。

松屋のカレー

今日は仕事でトラブルがあって、会社を出るのが遅くなった。
食欲もあまりないし、夜9時を過ぎると開いている飲食店も少なくなる。
こういう時の強い味方が「吉野家」と「松屋」だ。
「マクドナルド」もあるが、あれを夜に食べると胃にもたれるので、基本的に選択しない。

カレーが新しくなったようなので試してみた。
...悪くない。
もともと「松屋」のカレーは「吉野家」や「なか卯」のカレーよりも上だと思っているので、その路線がさらに延長されたものと言える。

でも、一気に60円も値上げするとは。
リニューアルは利益率向上のため、と見た。

豚鮭定食

牛丼がほぼ復活した吉野家。
今日は昼も肉だったので、夜は魚を食べようと豚鮭定食を注文した。
牛丼がある時間帯で豚鮭定食があるかどうか少し心配だったが、杞憂だった。
店員がちょっと変な顔をしたように感じたが、気のせいだろう。

出てきたのは、確かに「豚肉」だった。
(当たり前だが)
かなり煮詰まっていて、味が濃いように感じた。
一口目はうまいが、丼をつゆ抜きにする私には、ちょっと重い。
最後の方はご飯と一緒に流し込んだ。

店にいた間、注文を見ていたが、豚丼を注文した人はいなかった。
夜も牛丼が復活した直後の混雑は解消されたように見えたが、豚丼だけの時よりも客は増えたように思う。
牛丼の人気はたいした物だ。
吉ブーとのお別れの日も、遠くないかもしれない。

ドライバのバグ

バージョンアップしたら動きが変だ、との報告で見に行った。
確かに変だ。
このソフトは動作させるためにいろいろなランタイムが必要で、いつも泣かされている。
前も同じような現象が起きたのだが、なんとか回避策を見つけて切り抜けてもらった。

おかしくなるのは画面表示。
いきなり画面が真っ白になったり、図が表示されるところが全く表示されなかったりする。
バージョンをあげてからますます状況が悪くなったようだ。

再インストールしたり、ランタイムのバージョンを変えたりしてもだめ。
でも、画面表示がおかしい、ということは。
そうだ、ビデオカードのドライバだ。

ビデオカードメーカーのWebを見ると、最近アップデートされた最新版がある。
ドライバをアップデートすると...やっぱりダメだった。
しかし、同僚が「これはどう?」と試したのが、画面描画を行うランタイムの再インストール。
これをすると、それまでの不具合が嘘のように解消された。

でも、新しいドライバを入れると描画にもたつくことがあるのだが。
まあ、動かないよりましだろう。

圏外

信号待ちの間に、携帯電話を見ると、なぜか「圏外」になっていた。
あれ、こんな見通しのいい場所で「圏外」はあり得ない。
さっきまでちゃんと動いていたはずだが。
信号が変わっても「圏外」のまま。
まずい、壊れてしまったか?

携帯電話の機種変更だと、一万円くらいかかりそうだ。
最近、目に見えて電池が切れるまでの時間が短くなったとはいえ、少々使っても丸一日は余裕で持つので、まだ買い換えの時期ではない。
確かにLISMOに対応した端末が欲しいところだが、それだけのために一万円の出費をするつもりもない。

などと考えている間に、ふと別の考えが浮かんだ。
そうだ、一度電源を切ってみよう。

いったん電源を切って、再投入。
すると、ちゃんとアンテナが立った。
よかった。

山形-仙台高速バス

昨日のうちに、鶴岡からバスで山形まで移動。
日中は山形市内を散策して、仙台空港から大阪に戻る。
山形からなら仙台空港に直行するバスもあるが、今日は仙台駅-仙台空港の列車の開業日なのであえて仙台行きのバスに乗る。
このバスは、15分~20分に一本の本数が出ていて、片道900円。
交通機関に困ることが多い東北では破格の本数だ。

前に来たときは山形駅前から出ていたような気がするが、現在は山交バスターミナルが始発になっている。
出発10分前には人が集まってきて、バスが到着すると同時にぞろぞろと乗り込む。
山交バスターミナルを出る頃にはすでに窓側はいっぱいだ。

山形市内のいくつかの停留所で乗客を乗せて、山形市内を出る頃にはほぼ満席。
そのままバスは高速道路へと入っていく。
このあたりで朝からの疲れで眠ってしまった。

気がつくと高速道路を降りるところだった。
それから長いトンネルを抜けると、そこは仙台の市街地。
仙台の市街地は広いから、と思っていたら、少し走るともう仙台駅だった。
仙台と山形って、こんなに近かったのか。

仙台駅から空港までは、開業したばかりの電車で移動。
今までは15分おきに一本だったのが30分に一本になっている。
本数は減るが、輸送力は鉄道の方が大きいから、こんなものなのだろうか。
この日に乗った車両は、仙台空港鉄道の車両だった。
この路線は、既存のJRの路線を一部使って、途中から仙台空港に行く路線に分岐しているようだ。
この日は、すでに夕方だったがカメラを構えた人の姿もちらほらと見かけた。

片道普通で24分だそうだが、ずいぶんと長く感じた。
降りるとそこは屋外なので寒い。
もう少し囲いを大きくして、暖めてくれるとうれしいのだが。
宮城県の真冬の寒さを防ぐのは不可能か。

鶴岡

一月にマイルを使い切れなくて予約した今回の旅は、わざわざ寒くなった日を選んで山形に行ったようなものだった。
庄内空港には一度来たことがあるが、大阪からの便は初めてだ。
庄内空港からは、東京便には路線バスがあるが、50人乗りの大阪便には路線バスが接続していない。
乗り合いタクシーは予約が必要だが、今回は空きがあったので、鶴岡市街地まで乗せてもらった。

市内は雪が積もっている。まずは致道館に入る。
順番は適当だったが、ここは無料で、しかも他の施設に入るときの優待券をもらった。
中には藩校時代からの資料が並んでいるが、暖房がないので寒い。
じっくり資料を見る間に体がすっかり冷え切ってしまった。

次に訪れたのが荘内神社
ここでは昔のひな飾りの展示があった。
なかなか古い物がよく保存されている。
ここは暖かく、甘酒をふるまってもらった。

次は致道博物館
鶴岡駅をゴールにするならここが一番遠い。
ここは、近隣の古い建物をあちこちから移築した物が集めてある。
ここが一番の見所だろう。
それはいいのだが、ここも暖房がなく、途中からは見学に力が入らなかった。
特に、旧渋谷家住宅と収蔵庫は、暖かいときにもう少しじっくり見たいところだ。
ここで遅めの昼食を食べる。

そこから元来た道を引き返して、鶴岡カトリック教会天主堂(音楽が流れます)を眺めながら旧風間家住宅 「丙申堂」へ。
ここは明治期の建物で、最盛期には80人ほどの人が住んでいたらしい。
ここの人は親切で、もう少しじっくり見たかったのだが、あれこれと説明してくれたりお茶とお菓子をもらったりで忙しかった。
北前船の話などをしたが、庄内のことばを聞き取るのに苦労した。
ここで閉館時間まで過ごして、鶴岡での観光を終了。
前回雨だった酒田ともう一度来てみたいところだ。

電球が

朝、出勤のため、部屋中の明かりを消す。
玄関の明かりをつけて、台所の蛍光灯を消すと、玄関が暗い。
あ、玄関の電球が切れている。
最悪のタイミングだ。
会社の帰りに買って帰ろう。
ということは、この電球が売っている店が開いている時間に会社を出ないと。

相性の悪いコンビニエンスストア

会社に行く前に、宅配便を出そうと通勤経路にあるコンビニエンスストアに立ち寄る。
通勤時間帯なので、レジに人が並んでいる。
混雑すると思われる時間帯なのに、店にはちょっと怪しい雰囲気のおじさん(店長?)しかいない。
しかも最前列の人は物を買っているのではなく、メール便の申し込みだ。

私の気配に気づいて、こっちを向く。
宅配便の伝票をくれるよう頼むと、しばらく探して。
「あいにく切らしてます」
って、こっちがキレそうになったが、ここで怪しい雰囲気のおじさんを怒鳴りつけたところで事態が変わるものではない。
じゃ、いいです、とコンビニエンスストアを後にした。

どうもこのコンビニエンスストア(七/十一)とは相性が悪い。
食べ物を買うために入ったら弁当は売り切れていたり、パンを買おうと思ったらパンがなかったり。
しばらく立ち寄らないことにしよう。

ちなみに、荷物は駅ビルの中のコンビニエンスストアから出した。

Nikon View Pro 発売中止

ニコンのプレスリリース

デジカメWatchの記事を見て、
「そういえば、そういう製品も開発していたなあ」
と思い出した。

今、PhotoShopElementの写真整理機能にすっかり満足している私は
「ニコンのカメラに特化した機能が付くかな」
と発表当時は楽しみにしていたのだが。

最近のソフト会社の写真整理ソフトはよくできていて、思いつく大抵の機能はある。
PhotoShopElementは、起動はうんざりするほど遅いが、それ以降は悪くない反応を見せる。
前に使っていたPaintShopProと同じ会社の画像管理ソフトは、間違えてHDDにあるすべての画像ファイルを登録してしまった後、遅くて使い物にならなくなってしまったが。

Nikon View Pro用に開発したソフトの一部?は無償提供されるらしい。
そちらに期待する。

杓子定規

退屈なミーティングがある。
ほかの部署の人は文書の細かい点を指摘してくれるが、本質とは関係のない部分まで指摘する。
そんなものは書かなくてもいいのにと思う。
とくに「リスクがあるのなら対策を」って、対策や回避策があるならたいしたリスクじゃない。
対策を書くことを強要するから、対策の書けないリスクを隠してしまうことにつながると思う。

ネットマイル

私は「ネットマイル」というサービスに加入している。
いろいろと宣伝が送られてきて、サービスを利用すると「マイル」がたまって、それを様々な商品に交換する、というやつだ。
が、このサービスがなかなかくせ者で、最近は楽天の「Infoseekメールdeポイント」と同じ広告主、というのがよくある。
これで本当に効果があるのだろうか?
配信数に比べれば効果はたいしたことないんじゃないの?と思う。
しかも、定期的に同じ広告主からの、あまり変わり映えのしない広告が送られてきて、見るのもイヤになる。

おまけに、マイルを獲得するためにURLをクリックして広告を見て、そこからさらにゲームに挑戦するとようやくマイルが得られる仕組みも、もう飽きた。
これなら「メールdeポイント」の方が手っ取り早い気がする。

そろそろやめようかな、ネットマイル。

封筒の宛名印刷

封書で送る物があって、宛名を書くことに。
手書きは面倒だな、と考えたときに
「そうだ、うちには去年買ったMP810があった」

ただ、封筒は紙が二枚重ねになっているし、封の部分もあるので紙詰まりを起こさないか心配だ。
とりあえす、年賀状印刷にしか使っていない宛名書きソフトを起動する。
さすがにA4を3つ折で入れられる定型サイズで最大の封筒は登録されている。
とりあえず宛名だけ設定して印刷する。

プリンタは動いている気配はあるが、封筒を給紙しない。
あれ、やっぱりダメか、とPCの画面を見ると、
「封筒の下の部分から用紙トレイにセットしてください」
とガイドメッセージが出ていた。

OKボタンを押すと、あっと言う間に印刷終了。
すげぇ~、感心した。
ただ、100均の安物の封筒なので、宛名の部分がてかてかしている。
まあ、インクジェットだから、この程度は仕方がない。
しばらく乾燥させてから使えばいいのだから。

tag : パソコン

今年度最後のスーパーシート

ANAのアップグレード券が残っているので、これを使いきるため飛行機に乗る。
どこで使うか迷ったが、幸い出張で九州に来ているので、その帰りに使うことができた。
病み上がりだったがなんとか出張をこなした帰り、ついでに九州国立博物館に行ってきた。
が、帰りは雨で屋外での撮影は断念して早々に引き上げてきた。

久しぶりに福岡のSignetに入ったら、前に来たときと様変わりしていた。
搭乗時間になって、Signetから遠い搭乗口から乗り込む。
スーパーシートプレミアムの座席もほぼ埋まっていた。

離陸まではスムーズだったが、あいにくの悪天候で、上昇中はぐらぐらと揺れる。
そろそろベルト着用サインが消灯しても、という時間になっても機は揺れている。
B777-200の巨体がこれだけ揺れているのだから、かなりの悪天候のようだ。
外は真っ暗で何も見えない。

ようやくベルト着用サインが消灯してサービスが始まる。
さすがにスーパーシートプレミアムのサービスは最優先だ。
ただでさえ短いフライト時間なのに、弁当まで配られる。

飲み物を勧められたが、容器の中で揺れているお茶を見ていると、熱い飲み物を頼む気がしない。
冷たいお茶を頼む。
あいかわらず機はずっと揺れている。
スーパーシートの乗客にややこしい物を頼まれたのか、いつもは優雅にサービスをするCAさんがバタバタと戻っていく。
揺れといっても下に落ちる嫌な揺れではないのが幸いだった。
デザートまで来たときに、飲み物のおかわりを勧められたが、こんども冷たい飲み物を頼む。
たぶん、エコノミー席の後ろの方までサービスはできないだろう。

飛行機は降下を開始した。
私が食べ終わった頃に、シートベルト着用サイン点灯。
さっと弁当を片付けられる。
サービスが行き届かなかったことを詫びるアナウンスが流れる。

いつもなら大阪の夜景が窓いっぱいに見えるのだが、雲があるのかあまり見えない。
かなり低い高度のはずだが、あちこちに雲があるようで、地上の灯りがかなり空港に近づいているはずだがときどき途切れている。

とはいえこのくらいで飛べなくなる飛行機でもなく、定刻よりも少し早く伊丹空港に到着。
せっかくのスーパーシートプレミアムだったのに、今一つ落ち着かなかったのが残念。
今度はアップグレード券を大事に持っておかずに、使えそうなときに使ってしまおう、

tag : 飛行機

ちょっとはましになったかな

いつものように、一つ記事を投稿して、30分後にアクセス記録を見たら、
ここ数日間ずーっと張り付いていた*.yournet.ne.jpがない。
ある時期に気づいて、yournet.ne.jpをGoogleで調べてみたら、
「脇の甘いサービス会社」
としてあちこちに出ていた。

スタッフブログには「対策を行いました」の記事が投稿されていた。
それでもまだ2つついていたけど。
たまにはいいこともするじゃないか、楽天。

この記事を書くに当たって他の人の投稿を見ていたら、迷惑トラックバックを防ぐ素晴らしい方法を見つけた。
完璧ではないにしろ、これは効果がありそうだ。

この手の対策は業者とサービス会社のいたちごっこが続く。
楽天さんのさらなる努力に期待したい。

あ、そうそう。
新機能の「おすすめリンク」。名前を変えて欲しいなあ。
ある時、うちのページに付いているのを見ると「ホテル」「写真」はとにかく、
「Erectile Dysfunction情報サイト」なんて言うのがあった。
これはやめて欲しいなあ。

こんな新機能を付けるよりも、掲示板のNGワード設定とか、トラックバックも含めた承認制とかいろいろと欲しい機能はあるのだけれど。
まあ、儲からない新機能よりも、楽天にも利益のある「おすすめリンク」に力が入るのも仕方がないか。

なんといってもタダだから。

やっと届いたWindows Vista

今日、帰ってきたら、佐川急便の「ご不在連絡票」が入っていた。
「マイクロソフト様からのお荷物」だ。
申し込んだのが1/30で、確かこの2日後に必要書類をFAXしたから一ヶ月以上かかっている。
まあ、世界中から申し込みが殺到していることを考えると、ある程度は仕方がない。
でも、世界一儲けている会社のやることにしてはセコいなあ。
世界一儲けているけど、顧客を満足させることができれば、ここまで叩かれることはないのに。

ちなみに、私は
「COA有効」
書類をFAXしてから数日後、
「POP/COAが確認されました」
長い間ずっとこのままで
「ご注文内容を受理しました」
ここから一週間程度で
「ご注文いただいた製品を発送いたしました」
になった。

ほんと、世界一儲けている会社なら、もっとまともな翻訳をしてほしい。
COAって何?、POPって何?
DSP版ユーザへのいやがらせか? と勘ぐってしまうのだが。

tag : パソコン

風邪-後編

朝、いつもの時間に目が覚めた。
薬が効いているのか気分は悪くない。
この調子だと、大丈夫かもしれない。

と思ったが、トイレに行くときに頭が重く感じた。
起き上がっていつものようにPCの電源を入れてしばらくすると気分が悪くなってきた。
これはダメだ。
とりあえず今日は会社は休むとしよう。

次に目が覚めると、ちょうど会社の始業時間だった。
会社に電話をして、今日は休む旨を告げる。
とりあえず何か食べて風邪薬を飲まなくては。
と思っている間にまた眠ってしまった。

次に目が覚めると、もうお昼前だ。
薬を飲んでいないので、風邪の症状がそのまま出ている。
柔らかくなって食べ頃を少し過ぎたバナナ一本と、まだ食べられると思って開封したコーンフロスティを3口ほど食べて、風邪薬を飲む。
そのままふと手にした本を数ページ読んでいる間にまた眠ってしまった。

次に目が覚めると夕方だ。
前に比べるとずいぶん気分はよくなったが、何もする気力が起きない。
そのまま半分眠ったような状態でぼーっとする。

窓の外が暗くなってきた頃に、腹が減ったので近所のうどん屋で他人丼を食べる。
いつもならちょっと足りない位なのに、今日は全部食べるのに苦労をした。
やはり体調は通常の状態にはほど遠いようだ。
せっかく外に出たので、薬局でもう1セット、風邪の時の栄養ドリンクを買う。

家に帰って風邪薬を飲んでふたたび眠りにつく。
一日のかなりの時間眠っていた割には、目が冴える、ということはない。
明日には会社に行ける程度までには回復するかな。

風邪-前編

その日の朝、いつものように家を出ようとしたところ、腰に微妙な違和感を覚えた。
年度末で空いている電車の座席に座って一眠り。
起きて会社まで歩いている途中から悪寒が始まった。
会社で仕事をしていると、少しずつ頭が痛くなってくる。

お昼になっても今ひとつ食欲がわかない。
が、何も食べなければ、食べられなくなってからつらくなると思い、いつもの定食ではなくご飯と味噌汁、それにほうれん草のおひたしを流し込む。
すでに醤油の味も正確に味わえないほど味覚が変わっている。
風邪薬でも、と思ったが、携帯していた風邪薬もこの間飲んでしまって、手元にない。

昼からは、出るつもりのなかった会議の議事録をとるよう頼まれた。
人の話を聞くのに、いつもの倍の体力を使ったような気がする。
会議が終わる頃には、いすに座っているのもしんどい程に腰をはじめとした体の節々が痛い。
最後の気力を振り絞って、さっさと議事録を書き上げて提出する。
他にもやるべきことは多いが、この体調では無理だ。
議事録さえ提出すれば、明日休んでも他の人の仕事を止めることはないだろう。

会社からの帰り道が、これほど遠く感じたのは初めてだ。
電車は自宅まで乗り換えなしで最短で行ける列車で、幸いにも乗ってすぐに座って帰ることができた。
近所の薬屋が開いている時間なので、風邪の時の栄養ドリンクを買う。
家には風邪薬があるので、これだけで十分だ。

夕食は吉野家の牛丼+野菜サラダを持ち帰りにする。
栄養ドリンクをお湯割りにして、食前に飲む。
並の牛丼一杯をなんとか食べきって、風邪薬を飲んで床につく。

食事を食べると、体が熱くなってきた。
このまま一晩で直ってくれればいいが。
この調子だと、明日もダメだろうなあ。

予感-悪い知らせ

週末に停電ということで、サーバの電源を切ってもらって帰った。
サーバの電源を切る前に
「週明けにはちゃんと起動するんだよ」
と声をかけるよう頼んだ。

朝、PCの電源を入れると、エラーで起動しないとの報告が。
サーバに声をかけるのを忘れていたらしい。

停電後には、普段は電源入れっぱなしのサーバのトラブルがしばしば発生する。
う~ん、壊れてしまったものは仕方がない。
サーバ、と言ってもサーバ専用機じゃなくて、普通のDell PCだしなあ。
とりあえず修理を呼ぶか。

輪島の朝市

輪島の朝市はすごいらしい、と知ったのは、輪島に宿泊することを決めてからだった。
といっても海産物を売られても一人暮らしで料理をほとんどしなくなった私にとっては、扱いに困るだけである。

とはいえ名物といえば見物せずに入られない。
ホテルで朝食をとった後、少し歩くとそこが朝市の会場だった。
朝早くから観光バスを連ねて大勢の人が来ている。
「××の方~」と言われて反応した人は、デジカメで写真を撮られている。
きっとツアーに含まれているのだろう。

朝市の会場は、昨日食べた寿司屋のある通りだった。
ゆっくり目に歩きながらきょろきょろしていると、確かにいろいろなものを売っている。
カニをはじめとする海産物や干物類、「私が作りました」という看板の前に並べられている民芸品。
売り込みも熱心で
「おに~さん、おに~さん、かに買ってって」って、このカニをオレに加工して喰え、というのか。
とりあえず実家の猫に、またたびでも買って帰ってやろうか。
いや、彼ももうトシだしなあ。と思っているうちに会場を抜けた。

あとは、昨日のタクシーの運転手さんが言っていた輪島の町並み散策をする。
町並みを保存しているのか、偶然残っているのかは不明だが、20年くらい前にはこんなかんじ、という感じの町並みが、映画のセットのように残っている。
そんな町並みを通り過ぎて、輪島塗美術館へと向かう。
途中には輪島塗の学校もある。
館内はすばらしい輪島塗の作品が並んでいる。
ガラス越しが多いが、中にはガラスを通さずに見ることができるものもある。
また、輪島塗の製作工程の説明があり、これは手で触れて感触を確かめることができる。作品を仕上げるには大変な労力がかかっていることがよくわかった。
そういえば、昨日のタクシーの運転手さんは、かつては輪島塗の職人だったって言っていたなあ。

お昼過ぎに輪島塗美術館を後にして、元来た道を戻る。
朝市の会場は、嘘のように静かになっている。
露店だけではなく、普通の店も皆閉まっているのには驚いた。
みんな朝と夕方しか仕事をしないのかな。
結局朝市では何も買わずじまいだった。あ~あ。

輪島

今回は一度も行っていない空港、とのことで能登を選択した。
飛行機を予約したときからやばいと思っていたが、観光地間の交通の便が悪く、予定が立てられない。

えい、とばかり何も考えずに行ったら、空港から輪島まで出てきてから次の行き先に困った。
空港でもらった観光ガイドを見て、一度見ておきたいと思った時国家に行くために、タクシーを頼む。
値引きに応じてくれたので交渉成立。
人数が多いとタクシーでもまあ許せる金額になるが、一人旅だとタクシー代は財布にきびしい。
高い金を払ったが、運転手さんおすすめのスポットからの風景には満足した。
予定時間をオーバーしてしまったが、何も言わずにホテルまで送ってもらった。

ホテルに荷物を置いて夕食を、と思ったが、ホテルに併設されている居酒屋が開いていない。
仕方がないので外へ出る。あたりはすっかり暗くなっている。
ネオンサインがきらめいているわけでもなく、とりあえず、といった感じで外に出ると、こぎれいな商店街のようなところがあった。
その中に、小さい看板が立っている寿司屋がある。
輪島は海産物の街のようなので、名物を食べると言うことで悪い選択肢ではない。
しかし費用が、と考えているうちに寒くなってきたので、この店に入ってみる。
私が一人で入ったので、板さんも気を遣っていろいろと話しかけてきてくれる。
さすがに止まっている寿司なので、ネタは新鮮だ。
回る寿司の倍ほどかかったが、満足のいくものだった。

高松空港にて

どこにでもある案内表示。
でも、よく見ると。
Takamatsu.jpg
「うどん」と書いてある。
これって高松空港にしかないだろうなぁ。
FC2カウンター
プロフィール

owl1192

Author:owl1192
楽天ブログから引っ越し中。
もうオッサンになってしまった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。