道頓堀ダイブも自己責任で

阪神タイガースがセリーグ優勝したと思ったら、やっぱりあの壁を乗り越えて飛び込んだ人がいたらしい。
警察もこの日のために一時戎橋を通行禁止にして対処したが、それが解除された後、わざわざ高い壁によじ登って飛び込んだらしい。

以前よりずいぶんきれいになったとはいえ、あの汚い道頓堀に飛び込むとはいい度胸だ。
あんなの、飛び込むのを制止するのはやめて、飛び込んだ後、岸に上がるのを制止してやればいい。
自らの意志で飛び込んだのだから道頓堀川でたっぷり水泳させてやればいいのに。

こういうときに騒ぐ連中は別に阪神タイガースが優勝しなくても何かお祭り騒ぎがあると、バカなことをするのだろう。
こんな連中がどうなろうと知ったこっちゃない。
浮かれた連中が飛び込んで怪我をしたり溺れるのを心配してやるのは止めて、暴徒と化した連中が周りの物を壊さないように警備するのが先だろう。
こういうことが起きないように税金を使ってわざわざ壁を作るなど愚作であり税金の無駄遣いだ。

スポンサーサイト

うれしい手紙

家に帰って、いつものように夕刊をポストから取り出す。
夕刊の後ろに絵はがきが入っていた。

この絵はがきは見たことがある。
つい最近だ。
そう、この間水戸に行ったときに泊まったホテルからだ。

裏返してみる。
そこには、宿泊のお礼と、ホテルの方と立ち話をした内容に関することが手書きで綴られていた。

水戸は道に迷ったり天気が悪かったり、ダイエーが閉店セールを開催していたり、茨城県庁の周りが何にもなかったりで今ひとつだったが、この絵はがきで印象が変わった。
今度は偕楽園に梅の花が咲く時期を選んで行こう、と思う。


テーマ : 国内ホテル情報
ジャンル : 旅行

のまタコ

某巨大掲示板で自分たちの公共財産と考えていたキャラクターを、某音楽事務所?の楽曲の宣伝に使い、別の名前でグッズを作り、版権を主張し始めた動きに、巨大掲示板側が応えてできたのが、このキャラクタ。
初めて見たときは笑ってしまった。
いいところをついている。

最近は時間がないことと、欲しい情報を探すのに掲示板よりブログの方が確度が高いのですっかりご無沙汰しているが、久しぶりに"らしい"ニュースだ。

こうなると音楽事務所側の次の反応が楽しみ、と思っていたら音楽事務所が謝罪した。
が、「のまタコ」についてのコメントは発見できず。
「のまタコ」について著作権なり名誉毀損(うちの看板歌手のロゴをお笑いのネタにしやがって)で訴えでもしてくれると面白くなるのだが、音楽事務所もそこまでバカではないだろう。

あと数ヶ月もすれば忘れられるのだろうな、このニュース。

男がバカなのか俺がバカなのか

MALCOと言う人(3人組?)の曲。
何となくケーブルテレビのMUSIC ON TV!を見ていたら、この曲のプロモーションビデオが放送されていた。
バカバカしい?内容で思わず笑ってしまった。

せっかくこれだけ気合いを入れて作っているのに、音楽番組でしか見ることができないのが残念だ。
しかも、たいていの場合ほんの一部しか放映されないだろう。
CDシングルの代わりにプロモーションビデオのDVDを1000円で売ってくれた方がいいのだが。
これならコピーするのに(少しだけだけど)敷居が高くなるので、著作権者にも利益がある。
と、言ってもCDの売り上げが減っているのはCDが簡単にコピーできるから、ではないが。


内蔵ストロボ修理

内蔵ストロボ修理のため、久しぶりにニコン梅田サービスセンターに訪れる。
前回のシャッターが切れなくなるのは確実に再現するわけではなく、工場で確認された、とのことだったが(専用の治具があるのだろう)今回のは見た目で分かる故障なので確認は楽だ。

持って行く前に、レンズを変えて状態をチェック。
やっぱり内蔵ストロボは発光しない。
次に外部ストロボで試す。
今度はちゃんと発光した。
おい、金沢では動かなかったのに。
と、言うことは外部ストロボは壊れていなかったのか。
金沢で発光しなかったのは取り付けミスか?

とはいえ念のため外部ストロボも持って行く。
カウンタでは、D1XとD2Xを持った初老の紳士が不具合の内容を熱く語っている。
もう一人、従業員相手に、自分の哲学?を語っているカメラバッグを持ったおっさんもいる。
私の前には手話で会話している男女がいる。

手話で会話していた男性の次が私の順番だった。
・内蔵ストロボが全く出ない
・外部ストロボは一度は出なかったが、今朝試したら発光した。
この2点を説明すると、D70の方から現象確認。
プログラムオートにして内蔵ストロボを出すが、当然発光しない。
この時点でカメラは技術者の方へと転送された。

続いて外部ストロボ。
通常、動作確認は一時間かかると始めに説明を受けている。
別のカメラを取り出して、ばんばんシャッターを切るが、こっちはちゃんと動作している。

発光しなかったのはCPU(=カメラ本体)が、内蔵ストロボの故障のせいで動作しなかったことも考えられます。
この調子なら一時間待ってもらっても問題なしで戻ってくると思いますがどうされます?

と尋ねられたので、こちらのほうは故障なしということで引き取る。
あとは手続きだが「保証書はありますか?」と尋ねられた。
持ってきていない旨を伝えると、保証期間過ぎてからそれほど経っていないので無償で修理してもよい、とのこと。
もう一度カメラ本体を持ってカウンタから見えない所に下がる。

最初にカメラを調べたのと同じくらい、結構長い時間待ってようやく確認が取れたようだ。
水濡れなどの明らかな取り扱いのミスもないので無償で修理してもらえることになった。

その後、事務手続きと修理完了日を確認して、ついでに併設のギャラリーを見て帰った。
故障したのは残念だが、次の週末には引き取ることができる。
保証期間切れだったので出費を覚悟していたが、無料で済んで助かった。

雨の偕楽園

今回は台風が来ない方に賭けて水戸まで来たが、目が覚めて外を見るとかなり雨が降っている様子。
朝食をゆっくり摂って、小雨になったところで出かけた。
JR水戸駅から「偕楽園入口」というバス停で降りたが、道を間違えてかなり歩き回った。

ようやく偕楽園に着いたときには雨は止んでいたが、いつ降り出してもおかしくない雲行き。
コンクリートで固められていないので、ぬかるんだ地面の上を歩く。
紅葉の季節にはもみじ狩りができそうだが、まだ葉は青かった。

せっかく来たので、有料の好文亭に入る。
各部屋には襖絵が描かれていて華やかだ。
が、室内の照明は最小限で、かなり暗いのが残念。
晴れた日ならもっときれいだっただろう。

好文亭の三階からは偕楽園を見渡すことができる。
雨に濡れた木々は、桜や紅葉とはまた別の趣がある。
今は偕楽園周辺は公園として整備され、近くには常磐線も走っている。
水戸の殿様はどんな景色を見たのだろう?

好文亭を出た後、水戸駅に戻るべくバス停へと向かう。
途中、梅の木が植わっているところを通ったが、時期が違うとただの林だ。
始めに降りたバス停は、入り口から多少離れた所だった。
というより、偕楽園の入り口が判りにくいところにある。
始めに降りたバス停から、少し引き返せば案内もあったのだが。

決済を忘れて大あわて

朝一番の飛行機で羽田まで予約していた。
うちからだと、2便目ならスムーズに乗り換えて伊丹空港へ行けるのだが、1便目だと途中の待ち時間が長い。
目覚まし時計に起こされて、そんなことを考えつつ、
「そうだ、Webチェックインを...」
と思ったときに気がついた。
「あ、特便割引の決済を忘れてた」

ガーン!

もう搭乗日なので、割引といえばWeb割くらいしかない。
別に今回の旅はキャンセルしても今のところ金銭的な損害はない。
ホテルは無条件でキャンセルできるし、帰りの便も特便割引で未決済なので、放っておけば自動キャンセルだ。
ついでに関東は台風接近で天気も悪そうだし。

どうしようかと迷うこと数秒。
やっぱり予定通り出発することに決めた。

飛行機の正規運賃は\19,200と新幹線のグリーン車と同じくらい。
シャトル往復だと\14,400で新幹線の正規運賃と同じくらい。
でも、帰りの便はもっと安く予約してあるしなぁ。

と、言うわけで(どういうわけか)行きの片道は回数券にすることにした。
少なくともあと2回は乗る予定がある。
あと一回分をどこかで使えればいい。
まあ、東京ならまた行くことがあるだろう。

そうこうしているうちに、朝一便は手荷物を預ける時間を考えると間に合いそうになくなってきたので、2便目で行くことにした。

が、空港に行くと、手荷物預かり所が大行列。
いつもバーゲンフェアの土曜日の朝は混雑するが、今日はバーゲンフェアでもないのに。
カバンの中にはハサミとアーミーナイフがあるので検査場でひっかかることまちがいなしだ。

回数券ではWebチェックインもできないので、発券機に並ぶのだが、その時にクラスJにアップグレードすることにした。
クラスJだと、JMBクリスタルカードを提示することでJALグローバルクラブカウンターで手荷物を預けることができる。
クラスJも窓側、通路側とも満席で、真ん中しか空いていなかったが、あきらめて1000円払ってアップグレードした。

JALグローバルクラブカウンターでは、航空券とJMBクリスタルカードを見せると待ち時間ゼロで荷物を預けることができた。
クリスタルカードを使うことはないと思っていたが、思わぬところで役に立った。

一階がこの有様なら、二階の手荷物検査場はさぞ混雑しているだろう、と思ったら、こっちはそんなに混雑していなかった。
これなら、ハサミとアーミーナイフを申告して預かってもらってもよかったかも。

安心して腹が減ってきたので、おにぎりを買って、トイレに行って戻ってきたあたりで搭乗開始。
クラスJはほぼ満席だった。
離陸直後におにぎりを広げて食べようとすると、CAさんが気づいて紙おしぼりと早めの飲み物を持ってきてくれた。
スーパーシートほどの差はないけれど、クラスJだと少しサービスがいいような気がする。
中央列で、短期間のクラスJだったけど、まあ1000円の元は取ったかな。

tag : 飛行機

海上保安庁密着24時

この時期、警察物の番組はどこかで放送しているが、海上保安庁のを見るのは始めてだ。

ちなみに、北朝鮮の不審船との銃撃戦の映像は、呉の海上保安資料館で見たのと同じだ。

番組中では海の警察として、密漁者と戦う海上保安官の姿を捕らえている。
この番組を見ていると韓国の密漁船などは何とかならないものか、と思う。
海上保安庁も予算がないので大変だろうけど。
あと、対馬に続々と流れ着くゴミも。
日本のゴミもどこかに流れ着いているのだろうか?

衝撃的な映像を集めているとはいえ、この番組を見ていると、海上保安官はいかに危険な仕事か、と思えてくる。

公務員や国家予算を削減するのはいいが、こういうところは減らさないようにしてもらいたい。


おはよう朝日です

今朝の「おはよう朝日です」には、先々代のアシスタント江崎友基子さんが出ていた。
さすがに全盛期のキレはなかったが、イジられたときの返し方は健在だった。

先代のアシスタントは今ひとつ宮根さんのペースについて行けていなかったので、それと比べれば立派な物だ。

夏休み中の今のアシスタントは局アナで、一つ前のおはようコールに出ていたときはやり過ぎだろう、と思ってみていたが、さらに濃い宮根さんが仕切っている「おは朝」ではうまく機能していると思う。

さて、明日は誰が出るかな。

ふくのしあわせたまご - 山口

おみやげを買いそびれて新山口駅のキオスクで買った。
「ふぐまんじゅう」とこれが並んでいて、どちらもいかにもなおみやげだが、名前の付け方でこっちにした。

岩手県の県菓?「かもめの玉子」あたりが起源と思われる、全国に散らばる「たまご」シリーズの一品。
確か豊岡で「コウノトリのたまご」があった。
北海道には「ねこのたまご」があったような。
「雷鳥のたまご」はもらって食べたことがある。
他にもいろいろとあるはずだが思い出せない。

「ふくの幸せたまご」は鳥のたまごみたいな外観。
味は、ふつうにおいしかったです。

宮崎のおみやげ ちりめんパイ

静岡県にうなぎパイがあり、岐阜県には長良川の鮎パイ、滋賀県には琵琶湖の鮎パイ、秋田にはハタハタパイなど、日本全国にある○○パイの一つ。
(うなぎパイと長良川のあゆパイは、食べたことがある)

うなぎパイにはウナギエキス、鮎パイには鮎エキスが入っているので、他の商品もこれに準じてエキスのみが入っているものと推測される。

しかし、宮崎の「ちりめんパイ」は本当にちりめんが乗っている。
これは日本のおみやげパイ業界?で画期的なことだ。
もっとも、うなぎパイにうなぎの切り身が乗っていたら怖いかも?

tag : おみやげ

航空祭の写真

小松基地航空祭で撮影した画像をチェック。
うっ。かなり早い時期から撮像素子にゴミが付いている。
あと、中央重点測光で撮影したら、2機で飛んでいる真ん中の空で測光したおかげで非常に暗いのもあった。
こういう動作をするのか、とちょっと感心。

去年はD70の連写機能をフル活用してかなりの枚数を撮影したが、今回は少なめ。
なるべくRAWで撮影するようにしたのと、ファインダーで見て小さくしか見えない飛行機を撮影しても仕方がないことが分かったから。

今回は初めて動き回る飛行機を50-500mmで追ったが、まだ手が瞬時に動かない。
航空祭では、同じレンズをD70やkissデジに付けた人を多く見かけた。
みんな、いい写真が撮れたのだろうか。

話は戻るが、撮像素子にゴミが付いているのは失態だ。
晴れた日に空を撮影すると、非常に目立つ。
ブロアは持ってきていたからせめて前日の日がある間にチェックしておくべきだった。

今のところ、オリンパス以外ではこの問題に積極的な対処をしているメーカーはないようだ。
この問題が解決すれば遠慮なくレンズ交換ができるのだが。

2013年1月現在、撮像素子のゴミ対策は、ほぼすべてのカメラでされています。

エアガン乱射-少年二人を逮捕(10/3追記)

大阪府で、登校中の高校生がエアガンで撃たれた事件、無職の少年(18)と板金作業員の少年(19)が逮捕された。
二人は
「面白半分でやった」
と容疑を認めている、という。
逮捕に至った件の他にも同様の事件があり、これらについても
「自分たちがやった」
と認めているという。

面白半分でエアガンを人に向けて撃つとは、こんな奴ら、同情の余地はない。
被害者一人につきエアガンの弾100発を至近距離からぶち込んでやればいい。

最近のニュースで窃盗罪に対して罰金刑を科すようになる、というのがあった。
「窃盗する奴は金がないから罰金刑を科しても払えないので無駄」
という考えだったが、今は金があっても盗むので意味がある、という。

面白半分、とか、ストレス解消、とかで暴力や窃盗をされては真面目に生きている人間はたまらない。
身勝手な犯罪者には、二度とそんな気を起こさないよう厳罰であたるべきだ。
とこんな事件を耳にする度に思う。

---10/2追記---

「至近距離じゃあまい。」
至近距離なら何時撃たれるかわかっちゃうでしょ?
実際に撃たれた人たちはなんの前触れもなく被害にあったんだから・・

とのコメントをいただきました。
なるほど、ごもっともです。さすがは愛好家。
トラックバックさせていただきます。
http://shootinglog.gintaro.net/?eid=282098

金沢片町

今年は駅の近くでいい宿が予約できなかったので、片町という所のホテルを予約した。
去年は自転車ですっとばしたので気づかなかったが、この辺りが金沢の中心地らしい。

夕食を食べようとホテルを出た
のだが、どこにでもあるチェーン店ばかりが目についた。
が、最後に「金沢郷土料理」の店にありついた。

写真で見るとすき焼きに似た「じぶ煮」と呼ばれる料理だった。
私が知っているすき焼きは砂糖醤油で煮込むが、じぶ煮の汁はとろりとしていた。
味は薄味だが悪くはない。
強烈に個性的な味ではなく、使っている食材も牛肉と野菜だったので、はずれは少なそうだ。
(後で調べたところ、鴨を使うのが本式らしい)

ホテルの近くは歓楽街で、スーツを着込んだそれらしき男性がうろうろしている。
その後、本を探していると「ビレッジバンガード」という本屋を発見。
ここは本屋なのに、本以外のものも売っている。
強烈だったのが「ルートビア」「ドクターペッパー」「メッコール」の3つの個性的な飲料を売っていたこと。
「メッコール」の実物を見たのは初めてだ。
今度、大阪のビレッジバンガードにも行ってみよう。

tag : 中部・北陸

特急サンダーバード

石川県に行くのに今年も乗った。
去年は土曜日の朝、指定席が予約できず、かといって荷物も多いのでグリーン車にした。
今年は前日から宿泊することにして普通車の指定席を予約した。
仕事を定時で切り上げて、さっさと駅に向かう。
休前日のためか、指定席は京都を出た時点でほぼ満席。
私は窓側を予約したが、通路側にはギターをかついだ兄ちゃんが座っている。

サンダーバードは京都を過ぎると琵琶湖の西側をひた走る。
福井で多くのお客さんが降りた。
隣のギターの兄ちゃんも福井で降りた。
荷物が出しにくそうだったので、リクライニングを元に戻す。
「もう倒してもらっていいです。ありがとうございました。」と声をかけられる。
礼儀正しい青年だ。
福井からも数人が乗ってきた。

その後、サンダーバードはあちこちに停車するようになる。
途中の駅でももぱらぱらと人の出入りがある。
辺りは駅以外は真っ暗に見えるが、乗ってくる人もいる。

列車は富山行きだったが、私が乗った車両は金沢までの増結車両。
みんなどやどやと降りていく。
私もゆっくりと車両を降りた。

金沢駅には寝台特急北陸と、クリーム色に赤いラインの古い特急車両が並んでいた。
これは、と思い写真を撮ろうとするが、シャッターが故障しているカメラでは手持ち撮影はきつい。
外部ストロボもなぜか動作しなかった。
これは重傷かも。

tag : 鉄道 中部・北陸

せと貝最中 - 呉のおみやげ

「大和ミュージアム」のミュージアムショップで買ったおみやげ。
「大和ミュージアム」で買うと、包装紙と個包装が戦艦大和の絵になるが、ミュージアムの外では大和の絵ではないのも販売している。

個包装を開けると、貝の形をした最中が出てくる。
これが「せと貝」なのか?

結構大きめで、食べ応えがある。
味の方は、普通です。あんまり凝っていない素朴な味だった。

疑問に思ったのが、最中に書かれているカタカナの「セイヨ」の文字。
これはいったい何を意味しているのだろうか?

あと、「せと貝」ってどんな貝なのだろう?

tag : おみやげ

中国に民主主義が根付いてきた証し

9/14付の朝日新聞「ラジオアングル」に「違い楽しめる留学生座談会」に、中国の男子留学生が以下のような事を言ったと書いてあった。

「(政府の指示に反した日本国歌へのブーイングは)やっと中国に民主主義が根付いてきた証しでもあるんです」

だそうだ........

人民解放軍に対抗した天安門事件の時の運動のような物なら「中国に民主主義が根付いた証」だ。
あのときは世界中から中国政府に非難が起きたと記憶している。

でも、政府の指示に反して他の国へブーイングした、というのは
「校則を破ってワルぶっているガキ」
と変わらない精神だと思う。

首相の悪口を大声で言える国で生まれ育った私には、反政府活動が即弾圧される国の事情は分からない。
でも、政府の方針に反して他の国を蔑むことが民主主義が根付いた証とは全く思わない。

ましてや、「他の国」が日本だから、日本で生まれ育った一人として
「そうだねえ」
とは肯定できない。

と言うわけで今日も、国産の麦を使った、と謳っている麦茶を飲む。
もちろん外国産より高価だが、ささやかな愛国運動だ(笑)。




うちにも来た - 風俗トラックバック

管理ページの新着トラックバックを見ると、見るからにそれと分かる風俗トラックバックが....
もちろん、速攻で削除しました。

物議を醸すような内容を書いていないせいか、不愉快なコメントやトラックバックよりもこの手の奴の方が経験数が多い。
宣伝トラックバックのうち、一件は「まあいいか」と放置してあるが、今回のは記事の内容と全く関係がない。

こんなことをして客が来ると思っているのだろうか?
迷惑メールや掲示板荒らしと同じで、下手な鉄砲なんとやら、なのだろうか。

内蔵ストロボ故障

山口で、室内を撮影するために内蔵ストロボを出した。
が、シャッターは切れているのにストロボが光っていないようだ。
念のため、もう一度シャッターを切るが、やっぱりダメ。

プログラムオートを止めてフルオートにして試してみる。
D70は確かにストロボが必要だと、自動で飛び出てくるが、やっぱり発光しない。
今日は外付けのストロボを持ってきていないのに。

来週はストロボなしで撮影できる被写体を撮りに行くので、そのあとで修理だ。

ちなみに、これはD70の話(2013.01追記)

至高のハンバーグ

朝の飛行機で東京から山口へ。
空港を少し見て回りたかったが、今回は時間があまりないのでバスで新山口駅へ移動する。
新山口駅は最近まで小郡駅と言われていたところで、かなり殺風景。

そこからさらにバスで山口県庁に移動する。
ここは旧県庁と旧県議会議事堂が残っていた。
ここは入場無料で山口県の歴史が学べる。
なかなか渋い建物で、写真撮影には適している。
なんか、旅に行くと建物ばかり撮っているような。

その後、山口駅へと向かう。商店街の端の方に洋食屋さんがあったので、そこで食事にする。
店内は狭い目の、個人経営の洋食屋さんだ。
ハンバーグが得意だというのでハンバーグの定食を注文する。

多少待ってから出てきたのが、ふつうのハンバーグ。
といっても店で食べるものではなく、家でお母さんが作ってくれた、という感じの素朴な見た目だ。
形は自家製よりはきれいだが、普段見かけるような完全な楕円形ではない。

料理は見た目ではないので食べてみる。
すると、我が家のハンバーグに近い味がする。
ソースがいかにも手作りな味だ。

食べていると子供の頃に我が家で食べたハンバーグを思い出した。
某外食チェーン店は手ごねのハンバーグを売りにしているが、この味とは全然違う。
これぞ町の洋食屋さん、という感じだ。
ちなみに、私の実家の近くには、今でも洋食屋さんがある。

こういうお店がうちの近所にも一件欲しいところだ。


tag : 中国・四国

冷や汁

台風の爪痕の残る宮崎に来た。
福岡からの飛行機で見ると、大淀川の濁った水が海に流れ出ているのがよくわかる。
こんな時にカメラのフィルムがないのが残念だ。

宮崎空港は、以前沖縄からの乗り継ぎで来たことがある。
が、あのときは時間もなかったので、一階で皿うどんを食べただけだ。

到着がちょうどお昼ご飯の時間だったので、とりあえず空港で腹ごしらえ。
そこで冷や汁というものを食べてみることにした。

「汁」だから大分のだんご汁のようなものを想像していたが、こちらはご飯にかけて食べるものらしい。
親切なことに案内書がついていた。さすが空港の食事処だ。
味の方は濃い味ではなかった。
こってりしたものを食べたくないときにささっと食べるのにいいかもしれない。
それよりも定食についていた煮物がおいしかった。
これは単品でも食べたい逸品だ。

今回の宮崎は、空港のトイレに「台風で浄水場が壊れて水不足です」と張り紙がしてあったり、空港から市街地へ移動する高い椰子の木が中央分離帯に立っている道に「災害復旧」と幕が張られた車が行き交っていたり、なかなか大変な様子だった。

私の旅も途中で雨が降り出して、早めに空港に戻った。
そこで、インスタントの冷や汁を発見。
後で買おうと思って、忘れて飛行機に乗ってしまった。

お昼ご飯を食べた空港の「魚山亭」は県庁の近くにもあった。
あちらが本店なのだろうか?
有名店のようだったけど。

tag : 九州・沖縄

「めざましテレビ」のヤラセ事件

9/8の10時のNHKニュースで大々的に?報じられていた。
が、そのNHKがついこの間台風報道の際、あたかも台風で落ちたように地面にばらまいたナシを撮影して放送しようとしたと報じられていた。
もし、この件が放送されていれば、毒にも薬にもならぬバラエティ番組のヤラセ以上に罪は重いと思う。

報道されたフジテレビも謝罪するとはだらしない。
しょせんバラエティ番組の中だから、全面的に謝罪する必要はなかったのではないか。

フジテレビらしく
「おもしろくなければテレビではないのでちょっと演出しましたが、何か問題ありますか?」
くらい言えば
「よく言った」
と評価する人も現れた、と思う、たぶん(笑)

松屋の新作牛めし

このクソ暑い中、なぜか豚汁が食べたくなったので松屋へ。
すると「新作牛めし」の文字が躍っている。

豚汁を忘れることにして、牛めしセット490円を注文。
味は...
やっぱり「なか卯」の牛丼には及ばない、と私は思った。
というか、あまり変わっていないように思う。

中国産の牛肉を現地で加工して「牛めし」を復活させたとき、その企業努力はたいした物だ、と思った。
が、やっぱり口に合わない物はダメだ。
値段が違うので、単純になか卯と比べるのも気の毒な気もするが。

といいつつ今度は「新作豚めし」を試したいと思う。
時間帯による味の差を考慮に入れても、松屋の豚めしは、だんだんと質が落ちているような気がする。
松屋の近所に吉野家がある場所を行動圏とする私は豚めし(丼)なら吉野家を選んでしまう。

それにしても、どうしたんだ松屋。
豚生姜焼きの味も値段も吉野家に追い抜かれているぞ(私の判定)。




サッカー日本代表

台風が迫る今日、日本代表の試合が行われるかどうかの発表をWebサイトで行うことにしていたそうだ。
ところが、発表の時間になるとアクセスが集中したためか、ページが表示されなくなっていたらしい。

サッカー好きで日本代表にはやや批判的な同僚が
「あのページは重いからみんなリロードしまくってる。
 みんなが知りたいのは判っているのだから、テキストの軽いページでも用意すればよかったのに。」
とぼやいていた。

そういえば、JR各社のWebサイトは、台風などがあったときはテキストの簡素なページが出ている。
運行情報を見ることができるサイバーステーションは極端に反応が遅くなるけど。

とりあえず今日は勝ってよかった。
素人目には点が入った方が面白いので。

海猿

今週は台風のおかげで早めに帰宅。
録画でないやつを見ることができた。

週刊少年マガジンに連載中の「トッキュー」は単行本を買っているし、呉の海上保安大学校まで行ってきたくらいにはまっている。
私が生まれ育った神戸が港町だからか。
ちなみに海上保安資料館には、伊藤英明が出ている海上保安庁のポスターがどどーんと貼ってあった。

このドラマは予告編でいいところを見せすぎで、物語の先が読めてしまうのが難点。
とはいいながらも、楽しませてもらっている。

映画は続編ができるらしいけど、ドラマの続きになるのだろうか。


【送料無料】海猿 [ 伊藤英明 ]

【送料無料】海猿 [ 伊藤英明 ]
価格:1,890円(税込、送料別)

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

○○○モンは3度負ける?

選挙の話題で盛り上がっていたときに同僚が言った言葉だ。
・プロ野球参入で楽天に負け
・フジテレビとのバトルで結局支配権を握ることができず
そして今回の選挙で負ければ3度目の敗北だ。

「2度あることは3度ある」と言うし。
いや「3度目の正直」と言うのもあるな。

「3度目の正直」で勝ったらそれはそれで面白いかもしれない。
でも、この人「改革」とか言っているけど、何を改革するのだろう?
金を持っていれば企業を支配できるような国に改革するのだろうか。


不在者投票、テレビでうるうるetc

朝7時前に起きた。
「交響詩編エウレカセブン」を見た。
今回は最後の「つづく!」も予告編もなしで、来週の展開が読めない。

次に「魔法戦隊マジレンジャー」を見た。
最後の方の4人でお兄ちゃんに乗り移った冥獣人をやっつけるシーンにうるうるしてしまった。

そうそう、期日前投票にも行った。
幸いにも期日前投票所は本番の投票所と同じくらいの距離にあるので歩いて行くことができる。
期日前投票の場合は「当日にいない」旨の宣誓書を書くことになるが、それ以外は普通の投票と同じだ。
混雑と言うほどではないが、記入台の空いているところを探すくらいの人がいた。

公示から投票日までの期間が短いので、私の手元にはまだ選挙公報は届いていない。
あれがあれば選択の指針になるのだが、今回は小選挙区の方も政党で選んだようなものだ。

比例代表の方の政党も非常に少ない。
自民、民主、公明、共産、社民、国民新党、新党日本、とこれだけだった。
昔は見ていると面白いミニ政党がいっぱいあったのだが。

さて、もう寝ようかと思ったら、明日の会議の資料に全く目を通していないことに気づいた。
資料に目を通しているとすぐに眠れそうだが。

土井たか子さんの演説

京都の繁華街で、社民党の土井たか子さんが演説をしていた。
さすがに多くの人が足を止めていた。
主題は「憲法改悪反対」と私はとった。
政治家として、憲法学者としての意地を見せた。

現在の社民党の立場と、土井さんの主張に賛同する国会議員の少なさを思うと、悲壮感が漂っていたように感じたが。

おそらく土井さんは今回は当選することはないだろう。
それを覚悟、というより自覚していると思う。

政治家としての「土井たか子」の遺言のように感じた。

タクシー取締

週末の夜、交差点のところで客待ちをしているタクシーの列に警察官が集まって、客待ちをしているタクシーに一斉に切符を切り出した。
この場所、電車の駅(地下)とバス停が近接していて、人の移動が多いため、それを狙ったタクシーが行列しているところだ。
確か近くにタクシー乗り場があり、タクシーに乗る場合はそちらに行け、との案内があるが、歩きたくない客と、客が欲しいタクシーとの利害関係が一致して、守られていない。

ときどき、タクシー協会?の指導員が来て、この角に集まるタクシーを追い払っているが、指導員がいないと客待ちのタクシーがバス停に近づくバスの邪魔をすることになる。
ちなみに電車の駅への階段がある向かい側にもバス停があり、こちらにもタクシーが列をなして待っている。

私は旅先ではタクシーを利用するが、地元ではめったに使わない。
そもそも共有の道路を使って商売しているのに、その道路を一車線占有する図々しさが気にくわない。
景気が悪いせいか、基本的にタクシーの運転手さんは親切だ。以前は終電に乗り遅れたときにしばしば世話になったが、不快な目に遭わずにすんだ。
(割増料金込みで2000円以上だったというのもあるが)
とはいえ、交差点の中で客待ちのため停車など、立派な道路交通法違反だろう。
こういうのはビシバシ取り締まるべきだ。


エッジウェア卿の死

アガサ・クリスティの名探偵ポアロの長編。
呉に行ったときに、帰りの電車でぼーっとするのも時間がもったいないと思い、呉の本屋さんで買った。
読み始めてみると面白い。
呉から広島までの電車と、広島から新大阪までの新幹線、さらに新大阪から自宅近くまでの電車とずっと読み続けた。

シャーロック・ホームズは、新潮文庫で全作品を読んでいるはずだが、こちらも負けず劣らず面白い。
長編なので、多数出てくる登場人物を覚えるのが大変だった。
この事件は、ポアロ的には失敗だそうだ。私も最後まで犯人が判らなかった。これはハマりそうだ。


FC2カウンター
プロフィール

owl1192

Author:owl1192
楽天ブログから引っ越し中。
もうオッサンになってしまった。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR